三重県鈴鹿市、白子にあるエステサロン ビューティエアーユキ。ベッド1台の完全なるプライベート空間。手の温もりを大切した1回で結果を出す小顔や美脚トリートメントが人気

ブログ
Blog

  • 2020年5月7日

    こんにちは。Beauty air Yukiの川端由起です

     

     

    ゴールデンウィークが明けた今日、

    いかがお過ごしでしょうか?

     

     

    緊急事態措置の一部緩和の決定を受け

    本日5月7日より、サロンの営業を再開いたしました

     

     

    休業期間中は、ご迷惑をおかけしまして

    本当に申し訳ありませんでした

     

     

     

    安心して、日頃の疲れやストレスなどを癒しにお越しいただけますよう

    引き続き、新型コロナウイルス感染防止策を徹底するよう努めます。

     

     

    そのため、消毒や換気等が十分に行き届くよう

    1日にお受けするご予約人数を減らし、営業時間を短縮するなどしながら

    慎重に進めていきたいと思います。

     

     

    大変申し訳ありませんが、県外からのお客さまには

    もうしばらくの間、ご予約を遠慮させてください

     

     

    ご自宅にこもる日々が続き

    『肩や首がコリコリ』『お肌の調子がイマイチ』という方も、

    『最近、人としゃべっていないから、気分転換したい!』とおっしゃられる方も

    ぜひぜひ、いらしてください

     

     

    お会いできますこと、心より楽しみにしております

     

     

    今後とも、何卒よろしくお願いいたします。

     

     

    本当にありがとうございます

  • 2020年5月6日

    こんにちは。Beauty air Yukiの川端由起です

     

     

    在宅勤務という働き方をされている方が増え

    それによって、お客さまからも

    あるお悩みを多く打ち明けられるようになりました。

     

     

     

    それは、

    『在宅勤務が決まった当初は、自宅でお仕事ができると通勤にかかる時間が省かれて

    身体的に楽になるのかなと思っていました』と。

     

     

    とにかく『朝は戦争!』といった方が多いです

     

     

    朝ごはんの用意やお洗濯・ご自身の身支度も整えて

    家族にお弁当を持たせて送り出す

     

     

    そんな風にバタバタと時間に追われていたのが、

    『ちょっと座ってコーヒーを飲む余裕もできた』と喜んでいたのも束の間・・・

     

     

    在宅勤務を続けている中で

    お仕事とプライベートのオンオフがうまく切り替えられず

    家事の時間が今まで以上にかかっているが故に

    夕食後、遅くまでお仕事をするようになってしまったとか

     

     

     

    私も先日、スーパーにお買い物に行って

    バターや粉類が売り切れていて、棚がガランッとなっていることに驚きました

     

     

    『お菓子やパンなどを家で手作りして、

    子供を退屈させないようにしているお母さん方が増えています』と。

     

     

     

    私がアメリカでホームステイをしたのは、もう30年前。

    だから、今はだいぶ変わっているかもしれませんが、

    その時に思ったのが、

    『日本の食事に手をかける基準はものすごく高い』ということでした。

     

     

    私がお世話になったお家の朝食は

    コーンフレークやオートミール。

     

     

    学校へ持っていくランチボックスも

    ピーナッツバターやジャムをぬったサンドイッチ

    リンゴ1個

    ポテトチップスの小袋1つといった具合。

     

     

    でも、日本では、朝食だけでも

    お米を研いで炊いて、お味噌汁を作って、塩鮭や卵を焼いて。

     

    お弁当も細々と何種類か作って、彩りを気にしながらキレイに詰めて。

     

     

    好きでされている方もいらっしゃるでしょうが

    この後、お仕事や用事に出かけていくお母さんにとっては

    ものすごく負担となっていると思います

     

     

    普段、会社へと出かけている時ですら

    これほどまでに手をかけていたというのに、

    今は、お子さんに手作りのおやつまで作っているだなんて

     

     

    それに、『家にいるから、目につく』といった感じで

    いつも以上に、家のことで動いていたり

    『家族に頼むより、自分でやった方が早いから』と全部一人背負い込んで

     

     

    自宅にいるから、アレもコレも出来るし、『やらなきゃいけない』と

    在宅勤務によって、どんどん疲れてしまうような状態になっていませんか?

     

     

    『かなりしんどくなってきて、イライラします』と言われるお客さま

     

     

     

    まずは、完璧になろうとすることをやめてみてください。

     

     

    今まで

    『きちんとしなければならない』が植え付けられてきた方にとっては、

    頑張ればできることを加減するとか、手をうまく抜くといったことは

    簡単ではないのは、重々わかります。

     

     

    でも

    『いいお母さんになろう』と頑張りすぎてヘトヘトに疲れてしまえば、

    ちょっとしたことで苛立ったり、体調を崩しかねません

     

     

    出来ない自分や手を抜く自分を許すことができたら

    家族の完全でない部分も許せるようになって、心に余裕も生まれます

     

     

    大事なことは、お母さんが元気で、

    ひとつ屋根の下で暮らす家族が心地よく仲良くいられること

     

     

    だからこそ、一番意識してもらいたいのは

    家事で心身を消耗させすぎないこと。

     

     

    『いつまで』と期限が決まっていると、力の配分も調整しやすいですが

    今は、その期限が見えない時。

    この状況がいつまで続くか分からないのに、全力で向かっていると

    どうしても無理がかかってきます

     

     

    在宅勤務だからこそのメリット

    たとえば、先日の私のように、

    のどかな景色を眺められる場所に行き、車の中でパソコンを打ったり

    好きな音楽をかけ、机の上で癒される香りを焚いたり

    窓をあけて風に当たりながらお仕事をするなど

    そんな風に気分を変えて、お仕事の仕方を楽しむのも

    ストレスを軽減してくれる方法のひとつ。

     

     

    とにかく心が疲れないように、自分に優しくすること。

    ちょっと、ご自身を緩めることを最優先にしてみてください

     

     

     

    明日7日から、

    新型コロナウイルス感染防止対策を徹底しながら

    サロンの営業を再開することに決めました

     

     

     

    ぜひ、疲れた心身を癒しにいらしてください

     

     

    お会いできますこと、心から楽しみにしております。

     

     

    最後までお読みくださいまして、本当にありがとうございます

     

     

     

     

     

     

     

  • 2020年5月5日

    こんにちは。Beauty air Yukiの川端由起です

     

    男性より女性の方がかかりやすいと言われる膀胱炎。

     

    その辛い症状に悩まされている方は、意外と多いように感じます

     

     

    コロナ感染の怖さから、病院へ行くことをためらっている方も

    いらっしゃるのではないでしょうか?

     

     

    膀胱炎を放っておくと、症状が重くなったりすることもあるので

    お医者さまに診ていただくことは大事ですが

    何度も悩まされるという方は、

    かかりにくい身体にしておくことが、とても重要です。

     

     

    膀胱炎の原因となっているのは、大腸菌などの腸内細菌で、

    これらは特別な菌ではなく

    常に私たちの身体にいる常在菌になります

     

     

    常在菌ですから、それにいつも感染していたら大変

     

     

    でも、

    誰もが感染するわけではなく過ごせているのは

    私たちの身体に免疫力があるおかげです

     

     

    つまり、

    免疫力が弱って、菌から身を守ることが出来なくなった時に

    かかってしまうんです。

     

     

    いろんな理由で免疫力が弱まると、

    私たちの身体は、いつも存在している常在菌にまで

    負けでしまうんですね

     

     

    何度か膀胱炎を繰り返している方などは、

    免疫力が落ちてしまうほどに

    とても疲れているのかもしれません

     

     

    このコロナ禍の今、

    生活スタイルが変わってしまったり、先の見えない不安などで

    心身にストレスが過剰に溜まっていることも考えられます。

     

     

    緊張するとトイレに行きたくなるように

    ストレスと腎臓の関係は深いんですね

     

     

     

    とはいっても、ストレスが身体に悪いことは分かっていても

    なかなか取り除くことって、難しいところがあります

     

     

    そういった時は、

    ゆず・みかん・グレープフルーツといった柑橘系に頼るのもいいですよ。

     

     

    これらには気のめぐりを良くし、

    ストレス緩和に役立つ効果があると言われています

     

     

    私もオレンジの味、そして特に香りが大好きなので、よく食べています。

     

    今の時期は、お店にもたくさんのオレンジが並んでいますから

     

     

    食べ終わった後も、

    皮を干したり、ちょっとオイルを垂らして火をつけたりして

    香りを存分に楽しんでいます

     

     

    東洋医学の考え方でも、『不安は腎臓を痛める』とありますから

    心を落ち着かせるために

    香りで癒される時間を持ってみてはいかかでしょう

     

     

     

    飛び交う情報がコロコロ変わったり

    当たり前だと思ってきたことが、急にゴロッと覆されたり

    気持ちが揺さぶられ、不安が煽られている方も多いと思います

     

     

    今までのやり方を変えざるを得ない状況になっているんだけど

    そこに気持ちが追い付いていない・・・

    今までの慣れた方法を手放せない・・・

     

    そういった葛藤がストレスとなっているかもしれません

     

     

     

    『新しい方法や他の方法も受け入れてみようかな』といった

    柔軟性のある考え方ができたら、

    ストレスの原因も違った角度から見ることができて

    少し、楽になれるのではないでしょうか?

     

     

     

    柔軟性ある考え方を持つためには、

    人だけでなく、他の生き物だったり、自然に対して感謝できると

    ものすごく心が大きくなれるので、おすすめです

     

     

     

    『人間は、自然なしではやっていけないが、

    自然は、人間なしでやっていける』という言葉があります。

     

     

    自然は人間ナシでやっていけるところ、

    そこに人間は住まわせてもらって、

    さらに自然の力をいただきながら、生かしてもらっている。

     

     

    自然の寛大さに、畏敬の念に打たれずにはいられません

     

     

    『今、あるのは、周りのおかげ』

     

    そんなことを思うと、謙虚な気持ちも湧いてきて

    素直に今を受け入れやすくなり、考え方に柔軟性が生まれると思います。

     

     

    『ありがとう』という感謝の気持ちをもつと

    自分自身、優しく温かく穏やかな気持ちになれますから

     

     

    今の状況を、『これからの糧』となるよう考え方に余裕を持たせて

    とにかく身体にも心にも免疫力をつけて

    健康に軽やかに、乗り切っていきましょう!!!

     

     

    最後までお読みくださいまして、本当にありがとうございます

  • 2020年5月3日

    こんにちは。Beauty air Yukiの川端由起です

     

     

    人の温かさが、しみじみと心に沁みわたる今日この頃。

     

     

    遠くに住むお友達から手作りパンが届いたり

    『どうしてる?』と、思いがけない人から連絡をもらったり

    人との繋がりのありがたさを、今まで以上に感じます

     

     

    私には、姉が一人いますが、車で20分くらいの距離にいるにもかかわらず

    『いつでも会えるから』という気持ちと

    『お互い忙しいから』というのを言い訳に、

    あんまり連絡を取っていませんでした。

     

     

    でも、今日、ものすごく手間暇かけて作られたパンを受け取った時に、あまりに感動して、

    今こそ、大切に思う気持ちや『会えなくても心の距離は近いんだ』ということを伝える機会なのではと、

    肉じゃがを作って、姉の家に届けに行ってきました

     

     

    いつも私が作る肉じゃがは、豪快そのもの!!

     

    ポンポンポンっとジャガイモやニンジンを適当に乱切りにして

    大きなお鍋で、ドーンと煮るだけ。

     

     

    でも、今日は、ちょっと丁寧に

    じゃがいもやにんじんの面取りをしてみました

     

     

    娘に味見をしてもらうと、

    『この角が取れている感じが、口の中で優しい』って。

     

    まぁるい形は、気持ちも丸くしてくれるのかも

     

     

    やっぱり、ひと手間かけるっていいなぁって

    改めて思いました。

     

     

     

     

    私はアトピーが酷かった経験から、食事に気をつけるようになって

    娘が幼い時に、かなりストイックに食事制限をしていたことがあります。

     

     

    『アレを食べたらダメ!』『コレを食べたらダメ!』と神経質になりすぎていたと

    今、振り返ると申し訳なく思うくらいに・・・

     

     

     

    でも、ある時、

    『私たちは栄養のみを摂るためだけに食べているわけではなく

    そこに乗ってくる感情やシチュエーションによって満たされる』ということを言われ

    食事を楽しむ方向へと切り替えました

     

     

    いろんなものが並ぶ食卓が、目を喜ばせてくれるだけでなく、

    『美味しい』という声が家族から聞こえるのは、

    気持ちが明るくなるし、やっぱり元気になる

     

     

    愛情がこもった料理の力を感じます。

     

     

     

    人との接触を自粛せざるを得ない今、

    不安や心配に襲われて、落ち着きがなくなったり、孤独になったりしがちです。

     

     

    だからこそ、『家族だから』という甘えから、今まで後回しにしていたり

    『いつか』『いつか』と連絡するのを先延ばしにしていた大切な人に

    気持ちを伝えてみませんか?

     

     

     

    誰にとっても大切な『時間』。

     

    だからこそ、料理を作ったり、お手紙を書いたり、届けたりと

    その人のために、自分の大切な時間をかけることが、

    感謝の気持ちを伝える素敵な表現方法なのかな・・・なんて。

     

     

    そんなことを思った一日でした

     

     

    最後までお読みくださいまして、本当にありがとうございます

  • 2020年5月1日

    こんばんは。Beauty air Yukiの川端由起です

     

     

    『骨盤のゆがみ』という言葉、とても浸透していると感じます。

     

    私もお客さまから、『骨盤のゆがみを直したいんです』とご相談を受けますが

    その部分のゆがみを気にされるって、素晴らしいなって思います

     

     

    女性の場合、妊娠・出産という機能を身体に備えているために

    骨盤に柔軟性があるんですよね

     

     

    その分、男性よりも、やっぱり、ゆがみやすい

     

     

    骨盤がゆがむと、血管が圧迫されたりして血流が悪くなり

    冷えや便秘・肩こり・腰痛といった不調の原因ともなっています。

     

     

    生理痛や子宮内膜症といったものに悩まされている方は

    骨盤のゆがみによって、骨盤内に収まっている卵巣や子宮といった

    臓器の機能がにぶくなっていることも考えられます

     

     

     

    だから、骨盤のゆがみを取ることは

    とっても大事!!!

     

     

    骨盤がゆがむ原因として、よくあるのが

    脚を組んだり、片側ばかりでカバンを持ったりといったことが挙げられますが、

    ぜひ、身体の末端部分も気にしてもらいたいなって思います。

     

     

    手の疲れが、骨盤をゆがませていることもあるんですよ

     

     

    全身ピタッとしたウエットスーツを着ているところを想像してみてください

     

     

    ・・・といっても、ウエットスーツを着たことがないので

    全身タイツみたいなものをスッポリ着たと想像してもらってもいいですか(笑)?

     

     

     

    たとえば、足首のところがよじれると、そのよじれって

    太ももや腰のあたりまでシワが寄っていくの、分かりますか?

     

     

    手首も一緒。

     

    手首のところがよじれると、

    そのままヒジ・二の腕・肩の方までグザグザと着心地が悪い感じ

     

     

    筋肉は、形を保ち、伸び縮みするのを助ける

    『筋膜』といった薄い膜に包まれています。

     

     

    その筋膜は、全身の筋肉だけでなく、内臓などのあらゆる器官をも包み込んで

    隣の筋肉から、その隣の筋肉へと連続して繋がりながら

    先ほどの全身タイツのように、全身くまなく覆っています。

     

    そのため、

    どこか一か所、よじれがあると、離れた場所にも影響を及ぼすんですね

     

     

    だから、骨盤を矯正しようと、腰ばかりを触っていても

    たとえば、手足などの末端によじれがあって、

    そこから骨盤のゆがみがきているとしたら

    なかなか骨盤のゆがみは解消されないんです

     

     

    たいていの方は、手がよじれているなと

    触っていて、感じます。

     

    よく考えたら、手って、ものすごく働いてくれていますもんね

     

    身体の中で一番酷使されているといってもいいところ。

     

     

    よく、『首と手には年齢が表れる』といいますが

    それだけ酷使されているってことなんですよね。

     

     

    今日は、手をゆっくりじっくりほぐしてみませんか

     

     

     

    お客さまが

    『もう寒くないのに、いつまでも指先がカサカサで、

    子供の顔に触ったりすると「お母さんの手、痛い」と嫌がられるんです』

    と、おっしゃっていました。

     

     

    カサカサの手にはハンドクリームを塗るのではなく

    ぜひ、ローションも一緒に使ってみてください

     

     

    お顔と一緒で、手にもたっぷりの水分での保湿が必要です

     

     

    ハンドクリームばかり塗っていても、表面だけに

    しっとりとした感触を与えるだけで、

    お肌内部に水分が足りていないと、なかなか乾燥肌は改善しませんから。

     

     

    そして、カサカサが気になる指先だけでなく、

    手全体の血行を良くすることがポイントなので、

    指の付け根や手のひらなど、しっかりと塗り込んでくださいね。

     

     

     

    そして、もうひとつ、ポイントは

    『手に表れるという年齢』とは、手の甲に表れます。

     

     

    手の甲がくすんでシワっぽく見えることが、老けた印象を与えてしまうので、

    手の甲を特に意識してケアしてみてください

     

    甲の部分に隠れた骨1本1本を、掘り起こしていくようにマッサージすれば

    血行が良くなって、シミやシワにも効果的なんです

     

     

     

    手をキレイにしながら、よじれも取っていけるなんて

    これは、ぜひ習慣にしてみてください

     

     

    そして、手にかかっている過剰な負担は

    手放した方がいいことを、今もギュッと握りしめているといったことからも

    考えられます。

     

     

    一度、そういったことはないか

    思いを巡らせてみるのも、おすすめです

     

     

     

    最後までお読みくださいまして、本当にありがとうございます

     

     

     

     

  • 2020年4月30日

    こんばんは。Beauty air Yukiの川端由起です

     

     

    ゴールデンウィークでお休みという方も

    在宅ワークに切り替わったために、お家にいるという方も

    この機会に身体を変えようと、

    運動を始めた方もいらっしゃるのではないでしょうか

     

     

    お客さまからも

    『運動不足でお腹がポッコリしてきたのが気になります』と

    ちょうど今朝、メールをいただいたところです

     

     

    その方は万歩計をつけていて

    電車通勤のおかげもあって、約9000歩ほど毎日、歩かれていたようです。

     

    それが今では、

    ご自宅でお仕事をされるようになったために、活動量が激減

     

     

    でも・・・

     

    運動量が減ったことも、『お腹ポッコリ』の原因のひとつかもしれませんが

    メールでお話を伺っている限り、それだけでなく

    同居されているお義母さんへの気疲れが、とっても気になりました。

     

     

    今までは、お仕事に出かけていたので、離れている時間が長かったのが

    今は一日中、一つ屋根の下

     

     

    とてもキチッとされているお義母さんだそうで、

    良い人なんだけれど、いらっしゃるだけで緊張感が漂うんだそう。

     

     

    今までは一緒に暮らしていても

    お義母さんがどう思っているのかを気にする暇がないほどに

    時間に追われた生活をしていたし、

    その忙しさが『キチッと出来ていなくても仕方ない』という自分への言い訳となっていたのが

    今は、その言い訳ができない状況のために、

    『キチッと出来ているかな?』と、ものすごく気になるんだとか

     

     

     

    また、職場での人間関係がとても良いらしく、

    休憩時間にはお菓子を食べながら、気楽におしゃべりを楽しめていたのが、

    今は、そのお義母さんが午前10時と午後3時にキチッキチッとお茶を淹れてくれるので

    それを向き合って飲む時間も、緊張するらしく・・・

     

     

    聞いていて、その張り詰めた空気感が伝わってきました

     

     

     

    体型や姿勢を見ると、普段の姿勢や心の癖を教えてくれたりします。

     

     

    『食べ過ぎたから、お腹が出てしまった』

    『パソコンばかりしているから、猫背になってしまった』

     

    ・・・といった単純な理由だけでなく、

    その奥に潜んだ心の状態が身体に表れるのです

     

     

     

    たとえば、男性の方が優遇されていると感じる会社で働かれている方は、

    『女性だから』と軽んじられないように、胸を張り肩をいからせていたりします。

     

    すると、その姿勢を長時間保ちやすいように

    お腹にクッションをつけるようにお肉がついてくるんですね。

     

     

    また、誰にも頼らず、『しっかり自立しなきゃ!』『全部、自分でしなきゃ!』と

    必要以上に力を入れて踏ん張っていると、脚がO脚になったり。

     

     

    心の状態が、体型にそのまま映し出されるのです。

     

     

    そのため、先ほどのお客さまのように

    『お腹ポッコリの原因は運動不足』と、ただただ一生懸命運動を続けたとしても、

    お義母さんの前で萎縮して、背中を丸くして縮こまっている限り

    体型は変えられなかったりします。

     

     

    それは、前に倒れていかないように、また、不安を和らげるように、

    お腹にクッションを抱える状態は変わらないからです

     

     

     

    たしかに、身体と心は繋がっているので、

    姿勢を変えれば、自然と心も変わり、

    お腹のお肉はなくなっていくとも言えます。

     

     

    でも、

    人って、無意識でいる時間が長いんですよね

     

     

    意識している時には、姿勢を変えることが出来ても、

    心が変わっていなければ、無意識の時には、

    元の姿勢に戻ってしまうんです。

     

    すると、なかなか体型を変えるまでにはいきません

     

     

     

    今すぐに、お義母さんとの関係を心地よく感じるようにするのは

    難しいと思います。

     

     

    でも、

    『自分は、そう思っているんだな』と気づくだけで、

    『じゃあ、どうすれば、この状況を少しは楽にできるかな?』とか

    『そんなに身体を縮こませるほどに、お義母さんを怖がる必要、あるかな?』とか

    いろいろ考えるキッカケとなり

    自分を労われる心が生まれると思うのです

     

     

     

    ぜひ、体型を整えるために、がむしゃらに運動をするのではなく

    ちょっと、ご自身の身体を観察し、

    身体が発している声を受け止めてみませんか?

     

     

    思いもしなかったようなことを

    教えてくれるかもしれませんよ

     

     

    最後までお読みくださいまして、本当にありがとうございます

     

     

  • 2020年4月29日

    こんにちは。Beauty air Yukiの川端由起です

     

     

    今日からゴールデンウィーク

     

     

    ・・・といっても、

    帰省ラッシュやお出かけなどでの交通渋滞や人で溢れる空港、

    『新幹線の乗車率150%!!』といったニュースで持ちきりだった

    いつものゴールデンウィークとは全然違う今年・・・。

     

     

     

    私の家の近くにある河川敷では

    ゴールデンウィーク中は、バーベキューをする人たちでにぎわっていたけれど

    今年は駐車場を閉鎖して、公用車が巡回して見回るらしく

     

     

    こんな連休は、今年が最初で最後であるようにと、願うばかりです。

     

     

    でも、今の私は、お仕事をしている時よりも

    断然、食事や寝る時間が規則正しくなっています

     

     

    そして、キムチやニンニクといったものが大好きだけど

    ニオイを気にして、休日前夜にしか食べないようにしていたのが・・・

     

    今は、納豆キムチが食べ放題

     

     

     

    そのおかげか、腸の調子もすこぶる良いのを感じます

     

     

     

    とにかく今は、コロナに負けない体調管理が一番です!!

     

     

    そういった身体でいるためにも

    免疫系との関わりが深い腸内環境を

    ぜひ、しっかり整えてほしいなって思います

     

     

    日本人の大腸の長さは、平均で約1.6mあって、

    その腸内には500兆~1000兆の腸内細菌がいます。

    その総重量はナント1.5㎏!!!

     

     

    善玉菌・悪玉菌・日和見菌に分かれ、常に腸内で勢力争いをしていて

    善玉菌より悪玉菌の数が優位に立つと、

    便秘になったり、体調が崩れて病気にかかりやすくなったり・・・

    といったことが起こります。

     

     

    腸内の悪玉菌を増やさないようにする食生活によって、はじめて

    消化・吸収・排泄がスムーズに行われるんですね

     

     

    そして、取り込んだ食べ物や栄養素は、すべて吸収されるわけではなく、

    腸内で、人の身体に有益に作用する『発酵』と

    人の身体に悪影響を与える『腐敗』とに分かれます。

     

     

    その腸内の腐敗を防ぎ、整えるには発酵食品がとってもおすすめ

     

    キムチ納豆、最強です(笑)

     

     

    そして、我が家で炊くごはんは、白米ではなく、胚芽を残すよう精米しています。

    そこに雑穀を混ぜたり、または精米せずに玄米のまま食べたり

     

     

    いろんな栄養素を、いろんなものから摂ろうと思うと大変なので

    私は主食のお米から摂るようにしています

     

     

    玄米には、多量のビタミンや食物繊維が含まれるので

    『これを食べておけば、大丈夫!』といった安心感もあって。

     

    玄米が苦手な方もいらっしゃいますが、

    発芽させてから炊くと、柔らかくて本当に食べやすくなりますよ。

     

     

    今までは、お仕事から帰ってきて食事を作ろうと思うと

    いろんなお野菜をあれこれ切って・・・という手間がかけられず

    パッとお肉を焼いて、ドーンと食卓に出すといったこともしていた私ですが、

    今は、お野菜の彩りが目を楽しませてくれる食卓になっています

     

     

    やっぱりお料理って、見た目での満足感、

    とっても大きいですね

     

     

    ゴールデンウィークには、

    自然の中でバーベキューを楽しんでいたご家庭も多いのではないでしょうか?

     

     

    今日は、お家の中で、ホットプレートの上にカラフルなお野菜

    カボチャやピーマン・ニンジン・しいたけ・キャベツ・玉ねぎなど

    何でもたくさん並べて、焼肉なんていかがですか

     

    もちろん、キムチを添えて

     

     

    身体も心も満足な、楽しい連休となりますように・・・

     

     

    最後までお読みくださいまして、本当にありがとうございます

  • 2020年4月28日

    こんにちは。Beauty air Yukiの川端由起です

     

     

    今、知り合いが所有する空き地の隅っこに車を停めさせてもらって、

    そこで、このブログを書いています。

     

     

    目の前には雄大な鈴鹿山脈がどーんと迫っていて

    茶畑が広がるこの景色に、心も広々する感じ

     

    外の風はひんやりと冷たいけれど、

    車の中だから、サンルームみたいにポカポカで気持ちいい。

     

     

    今は、なかなかお出かけできなくて、家の中に閉じこもっている時間が多いけれど、

    こんな風に近場でも車で移動して、景色を変え、気分を変えて、

    パソコンに向かうのも、かなりいい

     

     

    新型コロナウイルスの影響が長引いて、

    『だいぶ、しんどくなってきたなぁ~』という方も多いのではないでしょうか

     

     

    でも

    『神さまは決して、乗り越えられない試練は与えない』とよく言います。

     

     

    『危機』という漢字も、『危』は、あぶない・あやういといった意味ですが、

    もうひとつの『機』は、機会やチャンスといった意味があります。

     

     

    きっと、皆さんにとって都合のいいように

    何かが好転するチャンスでもあるんです!!

     

    その要素が、今の状況に含まれていると信じて、

    そのためにも、ぜひ、ご自身を緩めてほしいなって思います

     

     

    そう。ぜひ、緩めてほしいんです

     

     

     

    今は世の中が、とっても張り詰めた状態

    ものすごく緊張していて、ギューーーッと力が入って硬くなっています。

     

     

    その状態では、流れが悪くなってしまうんですね

     

     

    流れというのは、エネルギーの流れです。

     

     

    筋肉で例えると、

    身体にギュッと力を入れると、筋肉が硬くなって血管が縮こまります

    すると、血液が流れるスペースが狭まって、血流が悪くなるんです。

    そうすると、身体の隅々にまで血液が行きわたらなくなって、不調を招く原因となってしまう。

     

     

    それと同じで、

    世の中もギュッと硬くなって縮こまると、エネルギーの流れは悪くなるんですね

     

     

    私たちの人生に、浮き沈みの波があるように、

    この地球も、『良い時もあれば、悪い時もある』といったエネルギーの波があります。

     

    高い波・低い波・幅が広い波・狭い波・角度が鋭い波・緩やかな波・・・

     

     

    そして今は、下がったところから

    上に向かって上がってきているところだと思うんです。

     

     

    でも、世界がギュッと硬くなって流れが悪くなり、その波の動きがゆっくりになれば、

    上がってくるスピードも遅くなって

    苦しい時期が過ぎ去るにも、時間がかかるようになってしまうんです

     

     

    血管が太ければ、血液がサーッと流れて通過時間は短いけれど、

    血管が細くなっていたら、通過するのに時間がかかるのと同じで、

    今のこの状況を早く抜け出すには、緩んで流れをよくすることが必要なんです

     

     

    この地球上に住む人々が緊張しガチガチに固まっている、その波の動き(波動)が

    地球の波の動きとなりますから・・・

     

     

    『やったーーーっ!!! もう自由に出歩ける~~~っ!!!』と

    嬉しい悲鳴を上げられる日が一日でも早く迎えられるように

    みんなで、ゆるゆる緩みましょう

     

     

     

    自分を緩める方法といっても、いろいろあります。

     

    深呼吸をしたり、温かいお風呂に浸かったり、マッサージをしたり・・・

     

     

    そこで、もうひとつ

    面白い緩め方として、『ビックリする』という方法があるんです

     

     

    施術の際、ベッドに横になっているのに、

    肩がギュッと硬く縮こまっている方がいらっしゃいます。

     

    そのような方には、『力を抜いてください』と言っても

    抜き方が分からなかったりするんですよね。

     

     

    そんな時は、一旦、握りこぶしを作って、全身にグッと力を入れてもらうんです

    そして、その後、フッと力を抜く。

     

    すると、不思議とダランと緩む。

     

     

    力の抜き方が分からない方は、こんな風に一回、

    グッと力を入れてみると、抜きやすいですよ

     

     

    だから、ビックリすると、一瞬『ビクッ!』と力が入りますよね?

    その後、『なんだーっ』って笑いがこぼれるとともに、ホッとする感じ。

     

    それが、とってもいい感じに力が抜けている状態です

     

     

    外に出かけたり、人と会うことが減っている今、

    ちょっと生活に変化がなくて、つまらない思いをしていませんか?

     

     

    だからこそ、ちょっと家族を驚かせるような楽しいことを考えて、

    家族みんなで『ワッ!』っと、笑ってみるのも楽しいかもしれません

     

     

    あっ!! でも

    くれぐれも

    心臓に負担のかかるようなビックリのさせ方だけは、避けてくださいね

     

     

    どんな嬉しい驚かせ方があるかなぁ~・・・

     

     

    想像するだけでも、ワクワクしてきますね(笑)

     

     

    最後までお読みくださいまして、本当にありがとうございます

  • 2020年4月27日

    こんにちは。Beauty air Yukiの川端由起です

     

     

    今日は、娘が『もう着ない』といった服の山から

    引っ張り出してきたものを着ています(笑)

     

     

    私はいつも選ぶ服の色が、地味

     

    黒やベージュ・ブラウン・グレーが、ほとんどで

    これでもマシになったというか

    ちょっと前までは、クローゼットや引き出しを開ければ

    『すべて黒!!』といった状態で

    服を取り出し、一旦広げてみないと、どの服か分からない状態でした

     

     

    もちろん、パジャマも黒。

     

     

    そのくらい『黒が好き』というのもあったけれど、

    それよりも『無難』といった意味で選んでいたと思います

     

     

    そもそも、何を着ていいのか、何が似合うのかが分かっていなくて

    洋服を買いに行くことが苦手というか、ものすごいストレスなんです

     

     

    でも、2年ほど前から

    急に、黒を着ていることがしんどく感じ始めました。

     

     

    気が滅入るというか、

    ちょっと、色が恋しいなって思ったんですよね

     

     

     

    よく『歳をとると明るい色が着たくなる』といいますが、

    確かに肌の色によっては、黒を着ると、顔色も暗く見えたり

    シワが深く見えたりといったこともあるかもしれません。

     

     

     

    ある時、目を引くほどの鮮やかな色のスカートをはかれたお客さまが

    サロンに入ってこられた時に、

    思わず『わぁ~っ キレイ』って飛び跳ねたくらいに

    私までパッと明るい気持ちになったことがあります

     

     

    心の状態って、色でものすごく影響されるんですよね。

     

     

     

    今は、どうしても情勢的に気分が下がりやすいという人、

    多いのではないでしょうか?

     

     

    ネットでしたら、お店に行かずに買えますし

    服の色を変えるのは、お手軽な気分転換になるなと思います

     

     

     

    私も娘からもらったこの服、何色使ってあるんだろう?

    カラフルで見ているだけでホント楽しい

     

     

     

    暗い色は元気な時には、周りに

    カッコよさや意志の強さ・気品といった印象を与えますが

    気分が落ちている時に着ると、

    頑固さや不安・消極的・やつれた感を醸し出してしまう要素も含んでいます。

     

     

    自分だけでなく、周りの人にも明るい気持ちにさせてくれる明るい色で

    家庭や周りをハッピーな気持ちに変えてしまいましょう

     

     

     

    私も娘の服を着て、テンション上がるのを感じ、

    同じ色ばかりでは、気持ちも停滞するなと、つくづく実感中です!!

     

     

    普段は着ない色にチャレンジして

    新たな自分を発見してみませんか?

     

     

    最後までお読みくださいまして、本当にありがとうございます

  • 2020年4月25日

    こんにちは。Beauty air Yukiの川端由起です

     

     

    昨日のブログで『お掃除するには良い期間ですよ』ということを書きました

     

     

    私も朝から窓を開け、お掃除をし、思い切って無駄なものを片付けたので

    部屋に大の字になって寝転がれるスペースができました

     

     

    サイドテーブルや棚などが置いてあると、

    ついついその上に物を置くようになってしまって・・・

     

    それらをなくしたら、部屋が広々スッキリ

     

     

    すると、ヨガマットを広げたくなりまして

    ストレッチをして身体を伸ばしたら、本当に気持ちいい!!!

     

     

    『やりたい』と思った時に、スッと行動に移せるような環境にしておくことって

    大事だなって、改めて思いましたし、

    空間があると、『ストレッチをしてみようかな』といった気持ちも出てくるんですよね

     

     

    『ちょっと勉強をしようかな』と思っても、机の上がゴチャゴチャだと

    まずは、それらを片付けることから始まり

    そうしているうちに

    勉強をする気持ちが萎えているってこともありますから

     

     

    今は何も置いていないダイニングテーブルの上でパソコンを打っているので、

    視界をザワつかせるものがなくて、目が楽というか

    とっても心が落ち着きます

     

     

    やっぱり、お部屋をキレイにしておくって、いいことだらけ

     

     

    それで、お片づけをして床にスペースが出来たなら、

    ぜひ、ほぐしてほしい場所があるんです!

     

     

    いきなりですが、それはお尻です

     

     

    お客さまにも普段から

    『お尻をほぐしてくださいね』と、お伝えしているのですが、

    骨盤を支えている大きなお尻の筋肉が凝ってくると

    血流が悪くなって、骨盤内に収まっている臓器が冷え、働きが鈍くなってしまうんです

     

     

    つまり、お尻が凝ると、

    心身の健康を大きく左右する女性ホルモンの分泌にも影響してくるのです。

     

     

    そのため、常にお尻のコリをほぐす習慣をつけてもらいたかったので

    座ってテレビを見ながらでも出来る方法を、いつもお伝えしていました

     

    でももし、お部屋が片付いて、寝転がれるスペースができたなら

    ぜひ、お尻の下にテニスボールが当たるように置いて、寝転がってみてください。

     

     

    深部の筋肉にまでグッと入り込むので

    テニスボールはお勧めです

     

     

    でも、テニスボールがなかったら、

    寝転がったお尻の下に、グーにした手を入れるのでもOKです。

     

     

     

    今は、あちこちで出歩いたりすることが減ったために、運動量が不足したり

    長時間座りっぱなしでいるという方も多いのではないでしょうか?

     

     

    ソファにダランとした姿勢で座っていたり

    うつ伏せになって、スマホや本を見ていたりということはありませんか?

     

     

    こういった姿勢は、お尻の血行を悪くして、筋肉を硬くしてしまうのです

     

     

    お尻の筋肉が硬くなると、先ほども言ったように、内臓が冷えるだけでなく

    脚への血流も悪くなるために、下半身が冷え、脚がむくむといった症状も出てきます。

     

     

    お尻の筋肉が硬くなることで、身体のあちこちに影響を及ぼし

    疲れやすい身体になってしまうんですね

     

     

     

    このほぐし方は、リラクゼーションといった優しい圧ではないので

    筋肉が硬く凝っている人には、ちょっと痛いかも(結構、痛いかも)しれません

     

     

    でも、硬くなった筋肉を柔らかくしていくことは、

    コリが溜まりにくい身体にしてくれて、

    腰が楽になったり、歩行がスムーズになったりと

    下半身の軽やかさを感じられると思います。

     

     

    さらに筋肉が緩むと、弾力性を取り戻し、

    お尻に丸みが戻ってくるのも嬉しいオマケ

     

     

    意外とコリが溜まっていることに気づきにくいお尻ですが、

    ぜひ、ほぐす習慣、つけてみてくださいね!

     

     

    最後までお読みくださいまして、本当にありがとうございます