三重県鈴鹿市、白子にあるエステサロン ビューティエアーユキ。ベッド1台の完全なるプライベート空間。手の温もりを大切した1回で結果を出す小顔や美脚トリートメントが人気

ブログ
Blog

  • 2019年10月31日

    今日はハロウィン

     

    お友達のお誕生日、バレンタイン、ホワイトデーと

    何かあると、お菓子を作って学校へ持っていく高校生の娘

     

    他の子が作った大量のお菓子を持って帰ってくるところをみると

    みんなで手作りのお菓子を持ち寄ることが楽しくてしかたないみたい

     

     

    『ハロウィンは私の中では手を抜いていいイベント』といいながら

    たしかに、バレンタインほどの大がかりな手間と時間はかけていなかった様子だけど

     

    昨夜も家中に、オーブンから漂うバターのいい香りがたまんなかった~

     

     

    今日も家に帰れば、テーブルの上に たっくさんのお菓子が並べてありそう・・・

     

     

    もともと食べるのが大好きな上

    見ると我慢できない私

     

    食べちゃうよね~

     

     

    ダイエットをしようとしても、それを邪魔してくるのは家族。

     

    まっ!

    その誘惑に勝てない自分の意志の弱さが、一番の原因なんだけど(笑)

     

     

    でも、せっかくだからイベントの時は罪悪感なしに

    食べることを存分に楽しむ。

     

    食べることも、食べている場の雰囲気も とっても幸せを感じるから

     

     

     

    でもね、食べちゃうことに、かなり後悔や罪悪感を抱く方もいて・・・。

     

     

    お客さまからも

    『一度、食後にお菓子を食べると、翌日も、また翌日も・・・って

    お菓子を食べるのが習慣なってしまう』と聞いて。

     

     

     

    でね、どのくらい食べちゃうのか聞いてみたら

    ホントちょっと驚くくらいの量だった

     

     

    なんでそれだけ食べちゃうのか・・・

     

     

    聞いていて思った。

     

    『食べすぎる』一番の原因は、

    お菓子の味を変えているから

     

     

    例えばね、『ホールケーキを丸ごと1つ食べてもいいよ』って

    夢のようなことを言われたとする

     

     

    でも、実際、そんなに食べられないと思うんだ。

    だって、甘い味に飽きてくるもん

     

     

    私がスイーツバイキングに行かない理由。

    それは、絶対に甘さに疲れて、そんなに食べられず、

    お値段の元を取るほどに食べられないと思うから

     

     

    『元を取ろう』とする考えが、なんとも卑しいですが・・・

     

     

     

    でも、スイーツバイキングって、スイーツばかりじゃないんだってね

     

    カレーやピザもあって、

    それを食べると、またスイーツが食べられるとか。

     

     

     

    それ

     

    先ほどの『食べ過ぎちゃう』お客さまも、

    甘いものだけじゃなく、塩味を途中にはさんでる。

     

    甘味と塩味の組み合わせは、食欲を暴走させるよ~

     

     

     

    ホールケーキみたいに

    同じ味を食べ続けていると、その味に飽きてきて、

    『満腹です』ってサインが脳から出る

     

     

    この間もある方が

    『子供の頃から朝食がずっとアップルパイだったから

    今では温かいリンゴを見るだけで食欲がなくなる』って言ってたの。

     

    同じものを毎日毎日食べ続けていたら、食べる気持ちも失せて、

    『もうやめて~』って発狂したくなるよね

     

     

    いくら美味しいと思って食べ始めたものであっても

    続くと、その『美味しさ』すら感じなくなってくる。

     

     

    でもね、甘いものと塩気のあるものを交互に食べちゃったりすると

    刺激があって、『もっと!もっと!』って、食欲がなかなか止まらなくなるの

     

     

     

    それに、そういった味覚のものを食べ続けていると

    だんだん薄味じゃ満足しなくなってくる

     

     

    すると、普段の食事の味付けまでも濃くなっていくというパターンに・・・

     

     

    そういった濃い味付けは食欲を増進させてしまうの。

     

    だって、タレがしっかり絡んだ焼肉って、白いごはんが欲しくなるでしょ

     

     

     

    食べる時は『食べる時!』と決めて、存分に楽しむ。

     

    でも、その後は、味覚をリセット

     

     

    市販のお弁当やお惣菜、外食やお菓子などの塩分や糖分が多いものは控えて

    簡単なお料理でいいから、やっぱり自炊

     

    そして、小腹が空いたらドライフルーツやナッツ、果物などを食べるようにして

    素材の味に舌をならしていこう

     

     

    薄味にしていくと、刺激が少なくて、食欲を増すことはないから。

     

     

    濃い味付けは、太りやすいだけでなく、やっぱり美容や健康にもよくない

     

     

    でもね、ここで注意してほしいのが

    あまりに薄味ばかりだと、『コッテリしたものが食べた~い!!!』というストレスで

    ドカ食いしちゃうってこともあり得るから

     

    そこは、ストレスをかけすぎないように

    食感や香りなどで工夫するなりして、食事を楽しんでくださいね

     

     

     

     

    ただ、お腹が空いてもいないのに、食欲の衝動が抑えられないって時、

    ストレスや孤独感などの心理的なものも関わっていたりするよ。

     

     

    そんな時はひとりで苦しんでないで

    ゆっくり休みに来てください

     

     

    また、よくね、短期集中でダイエットに取り組む方とかいるんだけど。

     

     

    知り合いにも一人、来月に同窓会があるからといって

    それに向けてダイエットを頑張ってる。

     

    『同窓会が終わったら、思う存分食べてやる~!!!』って。

     

     

    『いやいや頑張ったご褒美として、エステって選択もアリっちゃう?』と

    思わず言ってしまいました(笑)

     

     

    ダイエットを成功させたときのご褒美が

    『食べること』になってる方をちょいちょいお見かけします

     

     

    ダイエットは、その時だけのものじゃなくて

    一生付き合っていくもの。

     

     

    だって、『ダイエット』の本来の意味は、『健康になるための食生活』だから

    痩せることだけが目的ではなくて、『いかに健康に過ごしていくか』が目的

     

     

    そのためにも、ストレスをあまりかけないダイエットを選び

    また、エステなどを利用して、そういったストレスを上手く解消していく。

    そして、さらに美しく健康になっていく。

     

     

    そういった感じで、

    生活の中にエステを取り入れてもらえたら嬉しいなって思います

     

     

    もしご興味がありましたら

    お気軽にお問い合わせくださいね

    Beauty air Yuki

     

     

    最後までお読みくださいまして、本当にありがとうございます

     

     

    素敵なハロウィンの夜をお過ごしください

     

     

  • 2019年10月30日

    夏は『紫外線が強い』というのが体感で分かりやすいから

    日焼け対策に一生懸命になるんだけど、

    秋になると、『まっ、大丈夫か』って気持ちになりやすい

     

     

    でもね、秋こそ、美白のケアをしっかりしてほしいんだ

     

    紫外線を浴びたからって、シミってすぐに出来るわけではなくて

    夏に いっぱい浴びた紫外線の影響は、肌内部に蓄積していって

    徐々にお肌の表面に現れてくるもの

     

     

    そう。シミとなって現れるまでには、時間差があるの

     

     

    だから、美白ケアは夏が終わってからも必須

     

     

    そのケア方法は夏とは違って、

    保湿もしっかりした上での美白がポイントになってくるよ

     

     

     

    今の季節って、お肌も乾きやすくなるでしょ?

     

    この『乾燥』が刺激となって、

    メラニンを作り出す『メラノサイト』が活発になるんだ

     

     

    それに、お肌が乾燥すると、新陳代謝も妨げられる。

     

    『新陳代謝』というのは、お肌の中で生まれた細胞が上へ上へと押し上げられ

    肌表面に角質となって現れて、最後にパラリと剥がれていくサイクルのことなんだけど、

    お肌の機能が正常だと、メラニンも上へ上へと押し上げられて垢と一緒にパラリと出ていってくれる。

     

    でも、その新陳代謝がうまく出来ていないと、メラニンもお肌の中に留まっちゃう

     

     

    シミの原因となるメラニンが、『乾燥』という刺激によって どんどんと作られ

    さらに『乾燥』によって、メラニンが外に出ていってくれない状況になったら・・・

     

     

    そりゃ、シミが濃くなって当然だよね

     

     

     

    でもね、落ち込むことはないよ

    紫外線が弱まってくる今からの美白ケアは、効果が出やすいから

     

     

    だから まずは、お肌の乾燥を食い止めることが先決

     

     

    夏のダメージを受けたお肌は、ザラザラごわごわと硬くなりがち

     

     

    それは先ほど言ったように、新陳代謝が乱れて

    剥がれ落ちるべき角質が、うまく剥がれてくれていないから。

     

     

    そんな硬いお肌に、いくら有効だと謳われている美白成分を塗ったとしても、

    しっかり浸透してくれないの

     

     

    たとえば、カピカピに乾いた鉢植えの土を思い出してみて

     

    そこにザバーッとお水をかけたとする。

    でも、しみ込んでいくには、時間がかかるんだよね~

     

     

    それと同じで、乾いたお肌には浸透しにくい!!

     

     

    でも、一旦お水が土にしみ込んでしまうと、次からはスーッと入ってく

     

    だからお肌も、しっかり潤した上で、有効な美白成分を入れ込んでいくの

     

     

    美白を目指してる方の多くは、

    お肌が乾燥していようが、ポツポツと荒れていようが、

    『美白化粧品を使っています!』とおっしゃいます

     

     

    でもね、せっかく良いものを使っていても

    それを受け入れるお肌の状態が出来ていなければ、ほぼ無意味

     

     

    乾燥は、シミだけでなく、

    シワやたるみといったトラブルの原因にもなるくらい

    お肌の老化を加速させちゃう

     

     

    美肌になるには、まずは、しっかりとお肌を潤わせることから

     

     

    その方が、結局は美白への近道になるんです

     

     

    来月、秋の特別キャンペーンを予定しております

     

     

    それは、『潤い』と『美白』

    贅沢にどちらも手にしていくメニューになってますよ~

     

     

    ぜひご期待くださいね!

     

     

    最後までお読みくださいまして、本当にありがとうございます

     

     

  • 2019年10月29日

    私はサロンに いくつもの観葉植物を並べてる

     

    サロンは南向きで、大きな窓があるから

    とても日当たりがいい。

     

    そのおかげもあって、植物たちがよく育つ

     

     

    目を楽しませてもらってるだけでなく、サロン内の空気の浄化、

    そして、なんといっても力をもらっている気がするんだ

     

     

    今朝も葉っぱを拭きながら、会話してた。

     

    ・・・というと、何だか怪しい人みたいですが(笑)

     

     

    私は一人でサロンをしているから、お客さまがいない間は ひとりきり。

    今日みたいな雨の日は特に静かに感じる。

     

     

    そんな時、植物にも意識があると思うと、

    誰かがそばにいてくれているようで、とても心強く感じるんだ

     

     

     

    皆さんは植物に感情があるとかって、思ってるのかな

     

     

    私は、そう思ってて、

    だから、サロンには常に癒しの音楽が流れていることもあって

    植物が『喜んでるなー』なんて、思ったりもしてる。

     

     

     

    置く向きをたまに変えないと、窓の方へと傾いていくのは、

    やっぱり『光が好き』って思ってるからだと思うし

     

    (まぁ、『光屈性』があるから・・・といわれればそうですが

     

     

    葉っぱを拭いてあげると、元気を取り戻して嬉しそうに見えるし

     

    (ホコリがはらわれて、緑が濃く見えるから・・・といわれればそうですが

     

     

     

    でも、私一人の力より、植物さんに『今日もよろしくね』なんて声をかけた方が

    応援してもらえて、素敵な一日になるような気がする

     

     

     

    森林浴って、人を癒すっていわれてるよね

     

    それは植物が放出している『フィトンチッド』という物質に

    人を癒す効果があるからなんだけど、

    でも、その『フィトンチッド』って、もともと虫をよけるためのもの

     

     

    植物って、その場を動けないでしょ。

    だから、嫌なものが近づいてきた時に、相手が嫌がる物質を出すの。

    それが殺菌効果のある『フィトンチッド』

     

    他にも自分と相性の悪い植物を枯らしてしまう物質もあったりね。

     

     

    誰かを嫌いだなって思ったり、近寄せないようにしよってしたり・・・

    何だか人間みたい

     

     

     

    さっきも、『サロンでかけてる音楽を植物が喜んでる』って言ったけど

    好きな音楽が鳴ると、そのスピーカーにツタを絡ませたりするんだって

     

    でも、やっぱり曲にも好きなものと苦手なものがあるようで、

    ロックだと、スピーカーから遠ざかってくとか(笑)

     

     

    めっちゃ面白い

     

     

     

    他にも胸がキューッとなるような実験なんだけど

     

    サボテンを引っこ抜いて床に投げ捨てた後、

    そのサボテンをもう一度拾って、植木鉢に植えてみたんだって。

    するとね、それをした人が、そのサボテンに近づくと、ウソ発見器の針が振れて

    その人をサボテンがものすごく怖がってることが分かったんだって。

     

    他にも、葉っぱに火を近づけたら、ウソ発見器が反応したりね・・・

     

     

    そう。怖がってるの

     

     

     

    だから、植物には感情というか、状況を察知するというか

    何らかの力があるとしか思えない。

     

     

    だったら、このサロンを一緒に盛り上げていく同志と思って

    協力してもらお~ってね

     

     

    何だか、ドン引きされちゃうようなことを書いちゃったかもしれないけど(笑笑)

     

     

     

    お仕事場での人間関係でお悩みのお客さまがいてね。

    ちょっと目つきも鋭くなってて、トゲトゲしてた。

     

    相当ストレスが溜まってるんだと思う

     

    そんな風にイライラしてると、どうしても呼吸が浅くなって

    身体の中が酸素不足になる。

     

    すると、

    身体が酸素を欲して、呼吸が速くなる

     

    呼吸が速くなると、余計にストレスや不安を感じやすくなって、悪循環

     

     

    そんな時、そばに植物があると

    呼吸を楽にしてくれるんだ

     

    それに悪口を言ったりすることを『毒を吐く』っていうでしょ?

    悪口を言った人の呼気を調べると、本当に毒のある成分が含まれてるんだって。

     

    そんな空気も、植物が吸ってくれるから

     

     

    忙しくて自然に触れる機会がないって方、多いと思う。

     

    でも、部屋に、テーブルの上に、ひとつ植物があると

    その場所の気を良くしてくれる

     

    ぜひ、ひとつお気に入りの子をみつけて、お家に置いてみてください

     

     

     

    5億年前、

    地球が二酸化炭素に満ちていて、とても生物が生きられる環境ではなかった頃。

    植物が地表を緑で覆いつくし、大気を酸素に変え、地球を冷却してくれたおかげで

    動物たちが住めるようになったんだ

     

     

    十分な酸素を作り出してくれている植物のおかげで

    今も私たちは生きていられる。

     

     

    今の時代、心の不調で悩んでいる方がいっぱいいるけれど、

    それは、地球からどんどん森林が切り倒され、

    街はアスファルトで覆われ、除草剤がまかれ

    植物が少なくなってることもあると思うんだ。

     

     

    植物に感謝しつつ、大事に守り、育てていくことが

    結局は、私たち人間が心地よく生きていくために必要なんだと思う。

     

     

    でも、そうするためには、

    自分の心に余裕がないと なかなか難しいかもしれない

     

    人にも自然にも、そして自分自身にも優しくなるために

    イライラする時、疲れた時、悲しくなった時、寂しくなった時、

    自分が嫌いでどうしようもなくなった時、

    ぜひ、エステでゆっくり癒されにお越しください

     

     

    今は温かい石でマッサージするメニューがお得になっています。

    身体を温めると、血行が良くなったり内臓の働きが高まったりするだけでなく

    心がぽかぽか温まり、ほぐれてストレスが和らぎ、穏やかな気持ちになれるから

     

    ぜひお会いできます日を楽しみにしております

    Beauty air Yuki

     

     

     

    最後までお読みくださいまして、本当にありがとうございます

  • 2019年10月28日

    太陽が昇っては沈むように

    季節が 春から冬へと移りゆくように

    私たちの身体にも その時その時のリズムがあります

     

     

    そのリズムっていうのはね、

    春になると、なんとなく気だるくて、ウトウトと眠気が襲ってきたり

    夏には『あんまり食欲がわかないなー』ってなったり・・・

     

    そんな風に、季節による体調や気分の傾向があるの

     

     

     

    今では『熱中症対策』として、春に運動会を行うところも増えてきたけれど

    以前は、運動会と言えば『秋』でした

     

    それは、秋という季節が

    身体が軽く感じて、自然と動かしたくなる時期だから

     

     

    季節だけでなく、1日の内でも それぞれの時間に特徴があって

    午後12時までは排泄の時間だから、朝ごはんは控えめにするとか

    3時頃は疲労感が増したりイライラしやすい時間だから、おやつを食べるとかね

     

     

    自分の身体の声がしっかりと聴けている状態だと

    1日の時間や季節によって起こりやすいとされる不調に対処しながら

    過ごすことが出来るよ

     

     

     

    『午前中に甘いものが食べたくなるなんて、よほど疲れてるなー』とか

    『消化力が落ちているから、スイカを食べてみよう』とか

    『寒くなってきたから、なるべく身体を動かそう』とかね

     

     

    夏に『暑いからビール』と、冷たいものをガブガブ飲めば、さらに消化力が落ちるし

    冬にジーッとして過ごしていれば、気分が落ち込んだり 手足の冷えが強くなったり・・・

     

     

    『夏だから、食欲が落ちて当たり前』とか

    『冬だから、手足が冷えて当たり前』とか

    そんな風に見過ごさないで、

    そういった症状をいかに防ぐか、いかに軽くしていくか

    それが出来れば、とても心地よく過ごせる

     

     

     

    だから、その時々で『どうするのがいいのか』

    自分の身体の声を聴くことが出来れば、自然とそれが分かる

     

     

    『自分の身体の声を聴く』って、難しく考えなくてもいいんだ

    これって、スピリチュアルでも何でもないから(笑)

     

     

    ただ、身体の声を聴く習慣がなかったり

    『忙しくて、それどころじゃない』

    『そんなことすら考えてもみなかった』ってだけの話だから

     

     

    たしかに、『自分の身体の声を聴く』って、

    ゆっくり自分と向き合う時間が必要になってくる。

    焦った気持ちでは、なかなか無理

     

     

    でも、そのちょっとした時間を取らないことで、

    しんどい思いをしながら毎日過ごしてたり、

    症状を悪化させて寝込まなきゃいけなくなったりしたら

    どう

     

     

    身体は『胃腸を休めてほしい』って言ってるのに

    それを無視して消化力が落ちている時に、

    『疲れているから栄養を摂らなきゃ』なんてヘビーなものを食べたりするから

    余計に身体の疲れがドッと増したりする

     

     

     

    世の中にあふれてる健康情報とかを取り入れたり

    手っ取り早く薬を飲んじゃうのも、いいと思う。

     

     

    でも、誰しも自分の中にセンサーがちゃんとあって

    自分に必要なものを教えてくれてるはずなんだ

     

     

    お客さんが

    『ココアがいいっていうから飲んでみたけど、しっくりこなくて』って

    おっしゃってたんだけど

     

    その感覚、凄いなって思う

     

     

    誰が何と言おうと、自分がどう感じるかが大事。

     

    いくら良いものでも、万人にいいとは限らないから

     

     

    人がいいと言っても、自分には あんまり・・・

    『だったら、自分はどうしたい?』

     

    こう問いかけることが、自分の身体の声を聴くってことだと思うんです

     

     

    このお客さまも、ココアを飲んだからといって胃が痛くなったとか

    蕁麻疹が出たとか、そんな身体の不調があったわけではないの。

     

    ただ何となく『しっくりこない』ってだけ。

     

     

    それでいい。

     

     

     

    そんな自分自身の感覚を大事にしてほしいなって思います

     

     

    あなたの身体の声は、あなたにしか聞けないし

    身体は『あなたに聞いてほしい』って思ってるから

     

    だって、その希望を叶えてくれるのは

    その身体の持ち主である『あなた』にしか出来ないことだから。

     

     

     

    身体の声って、『そう感じる』ってだけ。

    『しっくりこない』って感じるだけ。

    モヤモヤする。ザワザワする。

    そんな違和感を感じるってだけのこと

     

     

    そこには正しいも間違ってるもなくて

    自分がそう感じる。

    だから、『どうする?』『何する?』

     

    それを叶えてく。

     

     

     

    そう!

    聞いたら、それを少しでも叶えてあげてね

     

     

    違和感を察したのに、無視しちゃったら、身体はスネちゃうよ(笑)

     

     

     

    『身体がこわばってる。じゃあ ゆっくりお風呂に浸かろうか』とか

    『胃がキュってするのは、昨日言われたことを今も気にしているからかも』

     

    ・・・とかね。

     

     

    でも、たとえば『イライラする。何でだろう?』とか

    そういった精神的なモヤモヤとかは

    『何でそう思ったのか』なんて掘り下げなくていいよ

     

    掘り下げている間に、

    どんどん怒りが増したり、落ち込んで深みにはまってしまうこともあるから

     

     

    とにかく、自分の心にストレスをかけず、優しく優しく

    『そう思ったんだ』『イライラするんだ』

    で、終わり

     

     

    普段から、

    お子さんやご主人の好きなお料理ばかり作ったり

    出かける時も、お子さんが喜びそうなところばかりを選んでたりすると

    ご自身から発している声を聴く機会って、本当にないと思う

     

     

     

    自分のことは後回しにして、他のことを優先するために

    チャッチャと薬を飲んで その場をやり過ごしたり、ひたすら耐えるのみだったり。

    そうすると、

    せっかくの そういった身体から発せられるサインに含まれたメッセージを見落とす

     

     

    不調や違和感を『悪いもの』として受け取らないで、

    早めに対処することで、早めに体調を回復でき、仕事のパフォーマンスを上げるための

    身体からのラブレターだと思ってさ(笑)

     

     

    私もね、

    お休みの日には なるべく自然の中に少しの時間でも出かけるようにしています

     

    自分の中に溜まった余分なものを自然に浄化してもらって

    またエネルギーを充電してもらって

    目を閉じ、深呼吸して『何がしたい?』『どうしたい?』と

    自分との対話を大事にしています

     

     

     

    あまりに忙しかったり疲れていたりする方は

    雑音が邪魔してご自身の声が聴こえなかったり

    癒す方法が分からなかったり

    お風呂に浸かりながらも、他事が気になって早々に出てきちゃったりする

     

    そんな時は思い切って、エステに来てみませんか?

     

    もう、施術の間は、何もできない無抵抗状態です(笑笑)

     

    一度、ご自身にゆっくりすることを許してみてほしいなって思います

     

     

    この季節、ホットストーンと呼ばれる温めた石でのマッサージが

    身体も心もほぐれて、とっても気持ちがいいんです

     

    ぜひ、お仕事帰りにでもお気軽に寄ってみてください。

    ご連絡いただける日を心から楽しみにしております

    Beauty air Yuki

     

     

     

    最後までお読みくださいまして、本当にありがとうございます

     

     

     

  • 2019年10月26日

    前回のブログで、

    『お化粧品の塗り方がシワを作ってしまう』ということを書きました

     

     

    が・・・

     

    今日のお客さまのお顔を見て、

    『お伝えすることは、塗り方だけじゃないわ』って思って

     

     

    塗り方だけじゃなく、

    お顔のどこから塗り始めるかもポイント!

     

     

    何人かのお客さまにお聞きしてみると、

    クレンジングやお化粧水など、手に取ったら

    まず頬から塗り始める方が多い。

     

     

    どこからお手入れし始めるのが良いかは、

    その方その方、その時その時のお肌の状態によって

    変える必要があるんだ

     

     

    だから『今日はどうしたらいいかな』って

    ご自身のお肌を観察する癖をつけてほしいなって思います

     

     

     

    例えばね、小鼻の黒ずみやザラつきが気になるとするでしょ。

    そんな時は、クレンジングは鼻から始めます。

     

     

    なぜかと言うとね、

    クレンジングは手に取った時が 一番洗浄力が強いから

     

    洗浄力が強い時に、しっかり落としたいところから先にする。

     

     

    だから、逆に言うと、頬が乾燥してる時に いきなり頬からクレンジングを始めると、

    ただでさえ皮脂が少なくなってるところ

    その強い洗浄力で、さらに皮脂が落とされて乾燥がひどくなる

     

     

    それにね、クレンジングを最初につけた場所は、

    他の部分をクルクルなじませている間、

    ずーーーっと洗浄成分が乗っかっている状態になってる。

     

    つまり、その間、

    ずーーーっと ずーーーっと皮脂や角質が溶かされてるってことに・・・

     

     

    もう、カッサカサになるよね

     

     

     

    だから、お肌が弱っている場所には、

    クレンジングがついている時間が短くなるように後回し。

     

     

     

    しっかりアイメイクされている方は、お顔全体にクレンジングする前に

    まず、目元専用のリムーバーなどを使って落とすと思うんだ。

     

     

    今日のお客さまも『いつものクレンジングではメイクが残るから』と

    目元は必ずリムーバーを使ってるとおっしゃってた

     

     

     

    ちょっと考えてみてね!

     

    普段のクレンジングでは落とせないほどのメイク。

    それを落とせるリムーバーって、すごく洗浄力が高そうじゃない

     

     

    特に目元の皮膚は薄くて刺激に弱いから

    強い洗浄成分の影響で、乾燥やシワなどのトラブルが起きやすくなる

     

     

     

    目元のくすみやたるみ・シワとかって

    やっぱり老けた印象にしてしまうから

     

    できるだけお肌に負担をかけない方法を選んでほしいなって思います

     

     

    そのためにも一番は、

    普段のクレンジングでも落ちるようなメイク用品を使うこと

     

     

    今は、お湯で落とせるマスカラやアイライナーも豊富に揃っているから

    そういったものを選ぶとかね。

     

     

    まずは、そういったことをやめない限り

    『目元にハリをもたせたいから』と一生懸命、美容液やクリームでお手入れしてても

    強力なクレンジングで負担をかけていたら、ホント意味ないから

     

     

     

    お化粧水などをつける時の順番も、

    小鼻にポツポツ黒ずみが目立つなら、水分が足りない可能性が考えられる。

     

     

    お顔を縦に三等分にした時にね、

    右目の目頭から口角の右側を結んだ顔右半分と

    左目の目頭から口角の左側を結んだ顔左半分に比べ、

    真ん中のおでこから鼻・アゴ先にあたる部分は

    他の皮膚に比べて7倍も厚みがあるの。

     

     

    つまり、それだけ皮膚の厚さが部分によって違うなら

    鼻につけるお化粧水の量と頬につける量とが同じでは

    『足りない!!』ってことが起きてくる

     

     

    水分や油分が足りないと、お肌が乾燥して毛穴が開く。

    すると、パカッて開いた毛穴には汚れが詰まりやすい・・・

     

    そんな潤いが足りないお肌は、汚れを押し出す力もないから

    『小鼻がザラつく』という結果になるんだ

     

     

    それを解消するためにも、お化粧水を何度も重ねづけ

     

     

    他にも、目の周りや頬は皮膚が薄い分、水分を蓄える層も薄いから

    蒸発していくのも早い

     

    だから、洗顔後、蒸発が進む前に

    真っ先に皮膚の薄い部分に素早く塗るのもポイント!

     

     

    そんな風に、日々のお肌をよく見て、『今日はどんな風にしたら、いいかなー』と

    ご自身の目を養っていくのも、美肌にしていくために必要なことかなーと思います

     

     

    もし、ご自身で見極めが難しかったり、不安でしたら

    ぜひ一度、お肌を見せてくださいね

    Beauty air Yuki

     

     

     

    最後までお読みくださいまして、本当にありがとうございます

  • 2019年10月25日

    前回のブログで、乾燥肌を防ぐ方法のひとつとして

    『皮脂を落としすぎないように、お湯で顔を洗わない』ということを

    チラッと書きました

     

     

    そんな風に、日々、ちょっとしたことに気を配ることで

    お肌の調子はグンッと改善されていきます

     

     

    些細なことでも毎日 続けたら

    大きな違いとなって表れる

     

     

     

    昨日のお客さまも

    目の下のたるみが気になるとおっしゃって。

     

    頭皮が凝っていたので、その影響もあるようだけど、

    お化粧品の塗り方についてお尋ねすると

    塗る方向が違ってた

     

     

    お化粧品を塗る量や塗り方、使う順番などによって

    美容効果は変わってくる。

     

     

    お化粧水だったら、パシャパシャとつけるより

    お肌って、もともと水分をはじく性質があるから

    手のひらで顔全体を覆いながらジワ~ッと押し込んでいく

    そんなイメージでされた方が、圧倒的に浸透力や保湿力が違う

     

     

    また、鼻の下の狭い部分や、下唇の下のくぼんだ部分などは

    きちんと指が触れていなくて、十分に行きわたってないことがあるから

    指の向きを横にしたりして、しっかり浸透させたりね

     

     

    他にも、パッケージに表記されている量よりも、

    ちょっと多めに使うことも ポイント

     

     

    ・・・というのも、

    出来れば、首や胸元にも、お顔を同じお手入れをしてほしいから。

     

    お顔ばっかりケアしていると、首との差が目立ってくる

     

    すると、せっかくお顔がキレイでも、

    逆に首のアラの方が目立ってしまって残念ってこともある

     

     

     

    でね、

    先ほどの『目の下のたるみが気になる』というお客さまは

    目頭から目の下を通って、目尻に向かって塗っていたの。

     

     

    この方向に塗ってる方って、かなり多いと思うんだけど・・・

     

     

    目の下ギリギリはね、筋肉が目尻から目頭に向かって走ってるの。

    だから、逆に目頭から目尻に向かって指を動かすと、シワを深くしてしまうんだ

     

    一度、目尻に指を当てて、こめかみの方へ引っ張ってみて!

    目の下のシワが横に伸びるの、分かるかな?

     

    毎日毎日この動きを繰り返してたら、自分でシワを作ってることになる

     

     

    あっ!!!

    でも、その下の涙袋あたりは、また筋肉の方向が逆になるから要注意

     

     

    せっかくシワやたるみに効果的なお化粧品を塗りこんでいても

    塗る方向が逆だったら、その効果も半減しちゃうんだ。

     

     

    目の下は、目尻から目頭へ。

    シワの間にしっかり美容成分が浸透するように塗り込んでください。

     

    そんな風に、ホウレイ線も、その間にしっかりお化粧品が塗り込まれるように

    下から上へググっと引き上げながら。

     

     

    筋肉の走っている向きや、リンパの流れなどを意識することで

    目のむくみやアゴの下のたるみなど、即効でスッキリさせることも出来る

     

     

    エステは、お肌を改善するのに効果的だけど

    やっぱり基本は毎日のホームケア

     

    毎月2回、エステを受けるとして、1年で24回。

     

    24回、しっかりお手入れするだけで、日頃のやり方が適切じゃなったら・・・

     

    着実に効果を上げていくためにも

    1年365日、ご自身のお肌に合ったやり方をされることが大切です

     

     

    『いろいろお化粧品を買ってはみるものの、あまり効果を感じられない』

    『今のやり方で正しいのか不安』

    『いっぱいありすぎて、どんなお化粧品を選べばいいのか分からない』

     

    などなど・・・

    お悩みや疑問・質問などありましたら

    ぜひお気軽にお問い合わせくださいね

    Beauty air Yuki

     

     

    最後までお読みいただきまして、本当にありがとうございます

     

     

     

     

     

  • 2019年10月24日

    お肌の乾燥が気になる季節

     

    だって空気が こんなにカラッカラなんだもん

     

     

    お肌に最適だといわれる湿度って、60~65%くらいなんだけど

    でも、冬が近づくにつれ、それが30~50%くらいにまで下がってくる。

     

     

    それに、今って、

    アスファルトで舗装された道や緑が減ってきたこともあって、

    年々、湿度が下がってる。

     

    驚くことに、

    サハラ砂漠並みの湿度の低い日も、日本で観測されたことがあるんだとか

     

     

    冷房や暖房などを使って快適に過ごすことで、さらに湿度が低下し

    お肌にとっては過酷そのもの

     

     

    地球温暖化や大気汚染など、これからのことを考えると

    お肌を健やかに保つには、日々のしっかりとした心掛けが大切だなって思います。

     

     

    それには、まずお肌を乾かせないこと

     

     

    お肌の表面には、内部からの水分蒸発を防いだり

    外部からの異物侵入を防ぐといったお肌を守る『バリア機能』が備わってるんだけど

    いろいろな原因によって、その機能が低下すると、

    お肌の水分がどんどん蒸発していって、粉が吹くほど乾燥したり

    花粉や髪の毛・ホコリなどのちょっとした刺激でお肌が荒れやすくなったりする

     

     

    だからね、丈夫で美しいお肌をつくるためにも

    その『バリア機能』を最大限に発揮させていく必要があるんだ

     

     

     

    そのためには、お肌を覆っている皮脂を落としすぎないとか

    洗顔後には皮脂に変わる『脂質』や水分をすぐに補うとか・・・ね

     

     

     

    でもね、

    私はダイエットを希望されるお客さまに たくさんお会いしてるからか

    その方たちのお肌の乾燥具合は、ホントに気になる

     

     

    乾燥を防いでくれる皮膚の組織って

    『脂質』を材料にしてるの。

     

    そう、『油』!

     

     

    でも、ダイエットを意識してる方って、食事から油分を減らしがち。

     

     

    減らさなきゃいけない油は、もちろんある。

    例えば、ファストフードやスナック菓子などに含まれる油とかね

     

     

    そこに使われている油は、すでに酸化しちゃっていることも多いから

    身体にも悪いよね

     

     

    そういった油ではなくて、

    魚の脂だったり、オリーブオイルやゴマ油といった油は、

    お肌の栄養になるから、ぜひ積極的に摂ってほしいんだ

     

     

    『乾燥肌の原因は栄養の偏りでした』って方、本当に多いから

     

     

    そういった意味では、

    乾燥肌って、もう秋冬だけのものではなくて

    一年を通して悩んでる方が増えてきてるなって思う

     

     

    乾燥が気になりだすと、お化粧品で何とかしようとする方が多いんだけど

    ダイエットを気にしてる方や、他には、忙しくて外食が多くなりがちな方とか

    『普段の食事がお肌の乾燥を招いているかもしれない』ってことに、気づいてほしいんだ

     

     

     

    外食や買ってきたお惣菜とかって、どうしても味付けが濃くて塩分を摂りすぎてしまう。

    すると、身体の中の水分が奪われて乾燥肌になりやすいの。

     

    それに、そういったものでは十分に栄養が摂れなかったり、

    また、せっかく栄養が摂れたにしても

    加工品に含まれる添加物などによって、吸収が阻害されたりする

     

     

     

    最近ではね、『ストレス性乾燥肌』って言葉もあったり!

     

    脳がストレスを感じると、先ほどいったお肌の『バリア機能』を壊してしまうんだって

     

     

     

    乾燥肌の原因はホントに様々だけど

    お肌表面だけを見るのではなくて、

    それをキッカケに、

    ご自身の食生活や、心の状態などを見直してもらえたらって思います

     

     

     

    今、お肌の状態にお悩みでしたら、ぜひ一度、お越しになりませんか

     

     

    クリームなどの油分をせっせとお肌に補うことは、

    ただ、一時的にお肌表面を『潤った』と感じさせる質感にしているだけで

    乾燥肌の根本的解決にはなっていないかもしれません

     

     

    しっかりと内側から水分・油分で満たされるような『真の美しいお肌

    そんなお肌にご興味がありましたら、お気軽にお問い合わせください

    Beauty air Yuki

     

     

    最後までお読みいただきまして、本当にありがとうございます

     

     

     

  • 2019年10月23日

    秋が深まり、お客さまの中でも

    身体の冷えを訴える方がチラホラ

     

     

    この時期、当サロンで人気が出てくるメニューが、

    ホットストーンを使ったマッサージ

     

     

    『ホットストーン』っていうのはね

    遠赤外線効果のある温かい石でマッサージするというものなんだけど

     

    温めながらマッサージすると、その効果は

    手だけでマッサージする時より5~7倍にもなると言われてるんだ

     

    そのくらい、芯からほぐされる。

     

     

    足が冷たくて、なかなか寝つけなかったり

    血行が悪くなって肩が凝ったり、足がつったり、顔色が冴えなかったり。

     

    それに、冷えると内臓の働きも鈍るから、腸の調子がイマイチになったりね

     

     

    今は夏でも冷房で冷え切っている方が多いから

    『身体を温めること』っていうのは、一年を通してずっとテーマになってるなって思う。

     

     

    『冷えは万病のもと』

     

    だから、どんどん温めたい

     

     

     

    身体を温めることで、血行がよくなり

    代謝や免疫力がアップするから

    お肌の調子も俄然よくなる

     

     

    ホットストーンを使ったメニューで一番おすすめしているのは

    腸にアプローチするマッサージ

     

     

     

    『お肌は腸の鏡』と言われるように、美しいお肌を手に入れるためには

    腸を健やかな状態に保つことが必須!

     

    腸が汚れていたら、その汚れが腸の壁から吸収されて、全身に運ばれる。

    その汚れを素にして出来た細胞でキレイになるわけがないよね

     

     

    それにね、あまり知られていないのが、

    腸の状態が顔のシワを深くしている原因だったりするの

     

     

    今 着ている服の裾をちょっと引っ張ってみて。

     

    下の方を引っ張っても、首元の生地も下へと引っ張られるの、分かるかな?

     

     

    身体はひとつに繋がっているから

     

     

    腸に老廃物が溜まって重たくなり、ドーンと下に下がると

    それにつられて、他の臓器も下へと引っ張られて、

    ついでにお顔の皮膚も下へと下げられてしまう

     

    だから、特にホウレイ線が深い人は

    お顔をマッサージしたり、美容液を塗ったりしているより

    腸にアプローチした方が早道だったりする

     

     

    腸が整うとね、腸本来の働きが取り戻されるから

    身体の調子が良くなるだけでなく

    セロトニンっていう『幸せだなぁ~』って感じるホルモンも分泌されるようになって

    気分まで上がる

     

     

     

    この季節、

    お肌は乾燥したり花粉などの影響で肌荒れしたりと不安定になりがち。

     

    でも、腸がキレイになれば、お肌は潤うし、免疫力も上がるしで

    この時期を心地よく過ごせるよ

     

     

    腸をキレイにして、

    内面から美しく輝くお肌を手に入れてもらいたいなって思います

     

     

    温かい食べ物や飲み物をとったり

    お風呂にゆっくり浸かったりして、身体をしっかり温めてくださいね

     

     

    そして、たまには、エステで全身ポカポカに温めてみませんか

     

     

    お腹のマッサージ、ホントに気持ちいいから

    一度受けてもらえたら嬉しいな

    Beauty air Yuki

     

     

    最後までお読みいただきまして、本当にありがとうございます

  • 2019年10月22日

    『下半身太りが気になるの』とおっしゃられるお客さま。

     

     

    年齢とともに、胸元あたりのボリュームが落ちやすくなってくるんだけど、

    首元があいた服を着ると、鎖骨などの骨感が強調される。

     

    だから、余計に下半身とのバランスが気になってくるのかも。

     

     

    でも、

    年齢に関係なく、下半身はダイエットをしても簡単には痩せにくいところでもあるし

    実際に、年齢とともに下半身にお肉がつきやすくなってくるのも事実

     

     

    その上、40歳を過ぎてくると、

    ホルモンの減少に伴って基礎代謝も低下するから

    『太りやすく、痩せにくい』ってことが起こってくる

     

     

    だからこそ、女性はホルモンバランスを整えることで

    下半身痩せも可能になるんです

     

     

    ホルモンバランスを整えるには、ありきたりだけど

    食事や睡眠・運動といった生活習慣がやっぱりカギになってくる

     

     

    でもね、それが大事なのは、みんな十分わかってるんだよね?

     

     

    ダイエットするには、栄養をきちんと摂りつつカロリーを減らして

    適度な運動、良質な睡眠・・・って

     

     

    そんなこと、分かってる。

     

    でも、それが出来ない。

    分かってるけど出来ないから、そんな自分が嫌になっちゃう

     

     

    『自分は意志が弱いからダメだ』とか

    『どうせ自分には無理』とか思ってしまう

     

     

    でも、分かっていても出来ないのは、あなたが悪いわけではないんです

     

     

     

    ダイエットしたい人って、知識はいっぱい持ってる

     

     

    『情報を集めて実践するものの、結局は続かず、永遠ダイエットのことが頭から離れない』

    って方が、大勢ご来店くださいます。

     

     

    皆さん、『こうしたらいい』っていう情報は ちゃんと持ってる。

     

     

    でも、それが継続できないのは、

    そこに、意志の力だけでは抗えられない力が働いているからだとしたら・・・

     

     

     

    例えばね、ダイエット中の人だったら

    『甘いものや脂っこいものを食べたらダメ』ってことは十分承知してる。

     

    それでも、食べてしまうのは、身体が要求してるからなんだよね

     

     

    腸内細菌の中で『悪玉菌』が増えてくると

    悪玉菌が好む食べ物を要求してくるの

     

     

    悪玉菌が好きな食べ物は、甘いものや脂っこいもの

     

     

    身体からの要求は強くて、意志の力で勝つことは難しいんだ

     

     

    だから、その悪玉菌の欲求を抑えるために、『善玉菌』を増やすようにする。

     

    善玉菌が好む食べ物は、

    海藻やキノコ・コンニャクや根菜類といった

    食物繊維を豊富に含むもの

     

     

    善玉菌が増えて、身体から痩せやすい食べ物を要求するようになれば

    自然と痩せていき、『下半身が太くて・・・』なんて悩みからは無縁になる

     

     

     

    でも、善玉菌が喜ぶものが分かっていても、

    『あ~っ!イライラする レタスの山盛り、ドカ食いしてやるーーー!!!』とか

    『めっちゃ悔し~っ! こうなったら納豆とめかぶを混ぜて、そこに亜麻仁オイル加えて食べてやる!!!』なんて

    気分が悪い時に、ヘルシーなものを食べる気って、起こらなくない???

     

     

    それに、善玉菌が増えるまで、そんなヘルシーなものを食べることが続かなかったりする。

     

    唐揚げが食べたくて仕方がないとか、生クリームが山盛りに乗ってるパンケーキが食べたいとか

    いろんな誘惑に襲われて、ついつい『今日もやっちゃった』って落ち込んで・・・

     

    つい欲求に負けて、食べて、悪玉菌を増やしてしまうことを繰り返す

     

     

    分かっていても出来ないと、自己嫌悪・自暴自棄に陥りやすいんだよね。

     

    すると、

    『えぇ~い!!!今日はとことん食ってやる

     

     

    ・・・って、それが毎日の口癖だったり

     

     

     

    でも、それはあなたが悪いわけではない

     

     

    だって、そうさせているのは、ストレスのせいかもしれないから。

     

     

    今はストレスを感じずに生活するのが難しい世の中。

    仕事や家庭、あらゆるところで気を遣う人間関係など

    ストレスの原因なんて、たっくさんある

     

     

    ストレスを感じると、身体は緊張状態になって

    身体をキューッと縮こませ、血液の循環を悪くさせちゃうのね。

     

    すると、血液に乗って全身に行きわたるべき酸素や栄養・ホルモンなどが

    スムーズに届けられなくなる。

     

    すると、脂肪を燃やすためのエネルギーが不足したり

    余分な水分や老廃物などの排泄も上手くいかずに、身体の中に滞っちゃう

     

    ストレスを感じるとね

    『コルチゾール』っていう脂肪の分解を抑制するホルモンまで分泌されちゃうから

    太りやすくなって当然!!!

     

    それにそれに、筋肉を保つ『成長ホルモン』の分泌も低下するから

    基礎代謝はさらに落ちるんだよね。

     

    ストレスがあると、ダイエットはホント難しいの

     

     

    だから、まずはストレスを取り除くことが大事

     

     

    何をすることが好き?

    自然の中を歩くとか、お買い物とか、カラオケとか・・・

     

    『スイーツバイキングに行く』っていうのは、ナシね(笑)

     

     

    ご自身が喜ぶことをして、十分に楽しんでください

    好きなことをしている時って、食べることも忘れて没頭していたりするでしょ

     

     

    でもね、あまりに今まで忙しくて、ご自分のことを顧みてこなかった方の中には

    『何をするのが好きなのか分からない』って声も、よく聞きます。

     

    そんな方は、ぜひマッサージを受けてみてください

     

     

    マッサージによって、筋肉の緊張がほぐれ、身体も温まっていくと

    深いリラックス状態になって、脳のストレスが解消されていくから

     

     

    それにね、不安な時とかに誰かに背中をさすってもらうと気持ちが和らぐように

    お肌の表面に触れられることで、『セロトニン』や『オキシトシン』といった

    癒しや幸せを感じるホルモンが出るんだ

     

     

    もちろん、代謝も上げてくれるからダイエット効果もあるよ

     

     

     

    今まで何をしてもダイエットが成功しなかった方。

     

    食事を減らしたり、好きな食べ物を我慢したりして

    さらにストレスを増やすダイエットを頑張るより、

    ぜひ一度、ご自身を十分に癒しにいらっしゃいませんか

    Beauty air Yuki

     

     

    お会いできます日を楽しみにしております

     

     

    最後までお読みくださいまして、本当にありがとうございます

     

     

     

     

  • 2019年10月21日

    私は人と一緒にいる時に、沈黙が苦手だと感じがち

     

    ついつい、『何かしゃべらなきゃ』って思ってしまう。

     

    ある日、駅のホームに立って電車を待っていたら

    とっても仲のよさそうな大学生くらいかな

    女の子二人がキャッキャとはしゃぎながら、こっちに歩いてきた。

     

    『こんなに笑うんだ!』と感心するほどに

    話が盛り上がっている

     

     

    それから並んでベンチに座ると、電車が来るまでの間

    ずっと二人の間に沈黙が続いた。

     

    ・・・といっても、5分もなかったと思うけれど

     

    私はその子たちの近くにいて、その沈黙に一人で居心地の悪さを感じてた。

    『何かしゃべらなくて いいの?』

    『この沈黙、息苦しくない?』

    『早く電車、来い!!』・・・って。

     

    まったく関係のない私が・・・です

     

     

    そのくらい、沈黙に対してドキドキしてしまう

     

     

    でも、チラッと二人の様子を見てみると、表情がおだやかなの

     

    なんか、微笑みをたたえてるような顔で、くつろいでいる。

    一緒にいることや、今まで過ごしてきた時間を思い返して

    しみじみと味わってる感じ。

     

    これは、私の勝手な想像だけどね(笑)

     

     

    そんな二人を見た時、

    あー、会話と会話の間に起こる『間』にも意味があるなって思った

     

    『行間を読む』という言葉があるように

    言葉として表現されていない部分に込められた思いというか、空気・・・

     

    本を読んでいて、その行間に作者の意図が隠されていて、それを感じ取るみたいな

     

     

    今までの会話を振り返ったり、相手の気持ちをおもんばかったり

    その空気を楽しんだりっていうスペースが、沈黙。

     

    沈黙が悪いわけでは全然なくて、

    それを『居心地悪い』と感じてしまう自分の心に

    『相手によく思われよう』とか、『つまらないやつだと思われたくない』とか

    そんな『好かれたい!!』っていう邪な考えがあるなって思った

     

     

    お客さまの中でも、施術中にずっと話をされる方がいて。

     

    人って話すことで、ストレスが発散されたり

    自分の考えや思いが明確になったりもするから

    『話すこと』が必要な場合もある。

     

     

    エステって、外側からマッサージしたり発汗させたりして

    滞ったものを流して、排泄や浄化を促す目的があるんだけど

     

    それは、身体だけに限らず、心の中も浄化していってほしいから

    話すことが、その人にとっての『浄化』になるなら

    しゃべってもらうままにしています

     

     

    私も話すこと、聞くこと、大好きだし

     

     

    でもね、『沈黙が苦手だから』という理由で

    何とか会話をしようと、ネタを探していらっしゃる方もみえて

     

    そんな風に気を遣いながら、神経をすり減らしながら過ごすことは、

    せっかくエステに来てるのに、逆にエネルギーを浪費してることになる

     

     

    興味のない話題を相手に振ってみたり

    話題がないからお天気の話でつないでみたり

    無駄に相手を褒めてみたり・・・

     

     

    先日も、そんなお客さまがいらっしゃって

    背中の施術中、うつ伏せ状態でも ずーっとしゃべってる。

     

    背中から肩にかけて、力が入りっぱなし

    全然、リラックスしてないの。

     

     

    そういう方には、ちょっと口を閉じ、

    『今、この瞬間』を味わうようにしてもらいます

     

     

    日々、忙しくて他のことに気が取られすぎていると

    自分自身を感じる余裕ってない

     

     

    身体が冷えていることや

    筋肉が凝っていることにも、気づいていなかったり。

     

    だから、自分の身体や心が訴えかけていることに気づかず

    頑張りすぎちゃう

     

     

    マッサージを受けている間、

    どこが凝っているのか

    どこが冷えているのか

    どうされるのが気持ちいいのか

    筋肉がほぐされて身体が緩んだ時、どんな気持ちがするのか

     

     

    自分の肌に感じる感触や、その時に湧いてくる感情

    『肩に力が入っていたのは、あのことがあったからかもしれない』と思いを巡らせたり

    『こんなになるまで、自分はよく頑張ってたんだ』と労う気持ちを持ったり。

     

     

     

    自分の身体の隅々にまで意識を向けることって、普段少ないと思うんだ

     

     

    そういった感覚って使わないと鈍くなる

     

     

    せっかく貴重な時間をやりくりしてエステに来てくださった時くらいは

    自分の身体や心に じっくり意識を向けてほしいんです

     

     

    痛みがあるところ、動かしにくいところ

    自分の好きなこと

    自分の好きなところ

     

    そんなことを考えてみる。

     

    そして、それを日々の生活に戻った時に、少し取り入れてみる。

     

    『脚をこんな風にマッサージされると、気持ちよかったんだな』と思えば、それを行い

    『腕がこの方向には上がりにくかったんだ』と思えば、重点的にその部分をストレッチするとかね

     

     

    お仕事や家のことで、毎日時間に追われるような生活をされていて

    自分のことは後回しになりがちだけど

     

    でも、自分の身体や心が健康でないと

    それを長く続けていくことは無理

     

     

    ただの沈黙ではなく

    ご自身の身体や心を認識するためにも 静かにして

    五感をフルに使って、感じ取ってみてほしいと思います

     

     

    身体や心がほぐれると

    しぐさや言葉遣いも しなやかになり

    相手に安心感やいい印象を残したりもするから・・・

     

    それに、

    『ここぞ』という時に、サッと動けたりして

    『気が利く素敵な女性』と思われるかもしれない

     

     

    そんな風に、自分をメンテナンスすることは

    お仕事にも、とってもプラスに働くなって思うんです

     

     

    ご自身をいつもケアしておくことも、いいお仕事をする秘訣

     

     

    たまには じっくりご自身と向き合う時間、作ってみませんか?

    ぜひ、ゆっくり休みにいらしてください

    Beauty air Yuki

     

     

     

    最後までお読みいただきまして、本当にありがとうございます