三重県鈴鹿市、白子にあるエステサロン ビューティエアーユキ。ベッド1台の完全なるプライベート空間。手の温もりを大切した1回で結果を出す小顔や美脚トリートメントが人気

ブログ
Blog

  • 2020年6月10日

    こんにちは。Beauty air Yukiの川端由起です

     

     

    前回のブログで、セルフマッサージの動画を載せました

     

    コロナの影響で、サロンになかなか来られないというお客さまが

    ご自宅での心身のメンテナンスに使ってもらえたら・・・

     

     

    マッサージをすると、血行が良くなったり、老廃物が流れたり

    また、マッサージの際に使用するお化粧品でお肌がキレイになったりと

    やっぱりケアを続けるのと続けないのとでは、大きな違いが出てくるもの。

     

     

     

    でも、

    何よりセルフマッサージをしてもらいたいと願う一番の理由は、

    リラックスや解放感を味わってもらいたいから

     

     

    コロナの緊急事態宣言が解除され、日常に戻りつつある今、

    実は、心身の不調を訴える人が増えているんです

     

     

    それは、まだコロナが終息していないために

    感染への不安といった気持ちが招いているところもあるでしょう。

     

     

    でも、それより多いのは、在宅勤務はある意味、

    いろんなプレッシャーやストレスから解放されていた部分もあるので

    また、そのストレスフルな環境へと戻ることへの憂鬱感

     

     

    職場での悩みと言ったら、人間関係が一番に挙がるほど

    職場の環境が苦手な方は多いです。

     

     

    その環境に行き続けていた時には、なんとか耐えられていたものが、

    一旦、その緊張感から離れると、次にそこの場所に戻ろうとした時に

    強いストレスを感じます。

     

     

    その他、

    周りは動き出しているのに、自分は止まったままに思える場合。

     

    たとえば、専業主婦をされていて、

    家族が在宅勤務中だった間は、ずっと一緒に過ごしていたのが

    自粛が解除になった途端、毎日、みんな出て行くようになる。

     

    すると、自分だけが置いてきぼりになっているような

    焦りや不安・虚無感といった感情を抱くようになってしまうんです

     

     

     

    セルフマッサージをおすすめする理由は、それによって

    ポジティブなホルモンの分泌を促してくれるからなんです

     

     

    特に有名なものとしては

    『オキシトシン』『エンドルフィン』という2つのホルモン

     

     

    『オキシトシン』は、『幸せホルモン』とも呼ばれ

    ストレスを軽減してくれたり緊張を和らげる作用があって、

     

    『エンドルフィン』は、モルヒネの6.5倍とも言われる

    強力な鎮痛作用があるんです。

     

     

     

    人に触れられるだけでなく、自分で行う皮膚への刺激でも

    そういったホルモンが出やすくなるんですよ

     

     

     

    マッサージは『コミュニケーション』と考えます。

     

     

    触れることによって

    小鼻のザラつきやヒジにカサつきがあることが分かったり

    左より右の肩が凝っていること、腰の筋が張っていることなどの他、

    自分は、どこをどう触られると気持ちいいのかなど、自分と対話し

    自分自身をよく知るキッカケになります

     

     

    お肌や身体の不調な部分を癒し、『気持ちいいな』と感じることを実践すると、

    心も満たされ、安らぎと落ち着きによって、ストレスが解消されていきます。

     

    そして、それによってホルモンバランスが整うことにも繋がります。

     

     

    ホルモンのバランスが整えば、お肌もキレイになるし

    今、必要だと叫ばれている『免疫力』をも高めてくれるんです

     

     

     

    触ることは、思いやること。

     

     

    自分で自分をマッサージするということは、

    自分の好きな圧やスピード・環境などを選択でき

    自分なりの安心感や気持ちよさを追求できる良さがあります

     

     

    自分で自分をマッサージし、不安を軽減し、幸福感を高め

    どんな状況下においても、心身ともに健康であれるように・・・

     

     

    最後までお読みくださいまして、本当にありがとうございます

     

     

     

     

  • 2020年6月9日

    こんにちは。Beauty air Yukiの川端由起です

     

     

    新型コロナウイルスの影響で、ご来店できないお客さまに向けて

    ご自宅でケアを続けてもらえるよう、セルフマッサージの動画を作り

    ご希望の方にお渡ししてありました

     

     

    その動画を見ながら、毎日お腹のマッサージを続けてくださっていたお客さまが

    久しぶりにサロンに足を運んでくださいました

     

     

     

    そして

    『あの動画、ものすごく効果があったよ~』と

    とってもとっても嬉しいお言葉をいただきました

     

     

    一番の効果は、『腸の調子が良くなった』ということだそうで

    1日に1回以上、毎日、便が出るようになって、

    今までちょっとキツイと感じていたスカートも

    今ではグーにした手が入るようになったと

     

     

     

    喜んでいただけて、めちゃくちゃ幸せです!!!

     

     

     

    そこで、ぜひ皆さんにも試してもらいたくて

    その動画をここに載せたいと思います。

     

     

    モデルになってもらった方は、ちょっとの刺激で、すぐ赤くなってしまう肌質なので

    見た目、痛そうですが

     

    でも、そんなことはないので

    安心して、ぜひぜひ試してみてください(笑)

     

     

     

    毎日続けると、必ずキュッと締まったウエストと

    ぺったんこなお腹が手に入りますよ

     

     

    動画

    【お腹痩せ】中からキレイに腸活マッサージ

     

     

    最後までお読みくださいまして、本当にありがとうございます

     

  • 2020年6月8日

    こんにちは。Beauty air Yukiの川端由起です

     

     

    私はカードを読み取っている間、

    お客さまから『こう言ってほしい!!』という強い願望が

    無言ながらガンガン伝わってくることがあります

     

     

    先日いらしたお客さまも、短期間の間に

    何人もの人に占ってもらっているらしく

     

    きっと欲しい答えがもらえるまで

    占い巡りをするんだろうなって思いました

     

     

    占いといったものは、全部を受け取る必要はなく

    参考にしたり、プラスの力をもらったりするものだと思います。

     

    だから、『そうじゃない』と思うなら、

    そこは自分の感覚を信じたらいいと思います

     

     

    ただ、大事だなって思うのは

    『見る必要のあるものを見る勇気』を持つってことかなって

     

     

    誰だって、自分の思うようにしたいし、

    それを『良いですね!』と肯定し、後押ししてくれる言葉を望んでしまいます。

     

     

    だから、つい、

    自分の直観や占い師さんなどが伝えてくることが

    自分の求めているものとは違った場合、その声を無視して、

    自分の想いを無理やり押し通そうとしてしまいがち

     

     

    でも、その時の気持ちって、どうですか?

     

    焦っていたり、ちょっと腹が立っていたり、

    『そんなことはない!』とムキになっていたりと

    あんまり気持ちが安定した状態とは言えないのではないでしょうか?

     

     

     

    そういった状態の時って、

    脳の中の、闘争や逃避といった反応を決定する部位に血流が増えるために

    逆に、衝動を抑えて冷静に考えるといった部位の活動が低下してしまうんですね

     

    その結果、まともに考えられず、いい判断を導きにくいと言えます。

     

     

    冷静に『今の自分』を観察できる自分で

    いつもいられたらいいですよね

     

     

    今、自分がどう思っているのか

    今、自分がどう感じているのか

     

    『その感情を経験している自分』と、『それを観察している自分』とを切り離してみる。

     

    つまり、自分のことを客観的に見るように・・・

     

     

    『今、私、悲しいって思ってるんだね』

    『今、私、ものすごく腹が立ってるんだね』

     

     

    そんな風に、

    その感情を味わっている体験そのものに自分自身がどっぷりと浸らずに、

    体験している自分を、ちょっと距離を置いたところから見るような感じになれれば

    冷静に判断できるようになります

     

     

    こうすると、本当に自分が楽になれるんです

     

     

    イライラしている自分にどっぷり浸っていると、本当に疲れる

     

    それを

    『あ~っ、自分、イライラしているんだ』と一歩引いて見ることが出来ると

    そのイライラがスーッと治まっていくんですよね。

     

    冷静になって眺めると、

    『そんなにイライラするほどのことでもないか』とか

    『そうやって言われるのも、一理あるな』とか思えたり、

    同じ出来事に、別の解釈をつけることも出来たり。

     

     

    ある出来事にどう反応するかは、

    自分の中で決まってしまっているパターンだったりします。

     

    そして、ある出来事に対して、ある感情が湧くのは

    過去の経験から導きだしたものでもあります。

     

     

    たとえば、

    『友達が遅刻してきたら、イラっとする』とか

    『飼っている犬が逃げた。車に轢かれちゃったらどうしようと不安になる』など。

     

     

    でも、

    友達が遅刻してきたからといって、自動的にイラっとする必要もなく

    ただ、『遅刻してきた』という事実があるだけ。

     

    犬が逃げたからといって、車に轢かれてしまうと決まっているわけではない。

     

     

    自分が考える以上に、人生は面白く展開していく可能性があります

     

    『こうやって言われないと嫌だし、それしか受け入れられない』といった頑なな思いから、

    『たしかに、そうした方がいいのかもしれない。ちょっと考えてみる余地があるな』と思えたら

    今までパターン化してしまっていた限られた見方から抜け出せて

    今まで知らなかった世界が待っていてくれるかもしれません

     

     

    『違う感情の選択をすれば、新しいパターンが生まれ、新しい結果が訪れる』と思ったら

    なんだかワクワクしませんか

     

     

    思い通りの答えをもらえないのは、つまらないし、焦るし、苦しいと思います。

     

    でも、『きっとうまくいく』『自分に都合の良いことが起きる』と信じ、

    目の前の出来事を淡々と捉え、

    さらに、自分の直感や違和感に敏感になってもらえたら・・・

     

     

    何だかややこしいお話をしてしまいましたが

    少しでも気持ちが楽になり、素敵な未来が開けるヒントになれたら嬉しいです

     

     

    最後までお読みくださいまして、本当にありがとうございます

     

     

  • 2020年6月7日

    こんにちは。Beauty air Yukiの川端由起です

     

     

    前回のブログで、私は

    直感を見逃さないよう、ちょっとした違和感を無視しないこと。

    そして、感覚を鋭くするために、

    五感を敏感にすることを心がけているといったことを書きました

     

     

    五感を敏感にするために

    一日のうちで、自然に触れる時間を必ず取るようにしています

     

     

    たとえば、風が肌を撫でる感覚。

    それを、顔で腕で足首で、それぞれに得る感覚に意識を向けていったり、

    空を流れる雲を見つめたり、月の光を浴びたり

    鳥の声や、草花が発している匂いを静かに感じたりと

    視覚・嗅覚・聴覚・触覚と、フルに使うようにしています。

     

    そうすると、ちょっとした違和感に敏感になっていくんですよね

     

     

    自分が感じた直感は、自分だけのもの。

     

    同じものを見ても

    同じことを聞いても

    全員が同じような感覚を受けるとは限りません。

     

     

    そう捉えたということは

    その人に必要なメッセージが含まれている可能性があるのです。

     

    ぜひ、誰しもが想像を超えるセンサーを持っていることに

    気づいてもらいたいなと思います

     

     

    自分のセンサーが敏感になると、

    自分の力で安心や安全といったものが感じられる心の状態へと戻る力を

    取り戻せるようになりますから

     

     

    私は手で触れることによって、その人の身体が発している声を聴き取る

    『ハンドサーチセラピー』を行っていますが、

    『自分には、聴き取る力はない』と過小評価しているお客さまが

    とっても多いです。

     

     

    そう思っていると、

    自分より、人の言葉を信じるようになって、自分らしさを失い

    自分の意思で選択していないために息苦しさを感じてしまうことになります

     

     

    直観は、誰にでも備わっているもので

    ただ、今まで使ってこなかったというだけ。

     

    心を静かにし、身体の声を聴こうとしてみると、

    思ってもみなかった訴えに驚くはずです!

     

     

    内なる声は、あなたをいつも応援してくれていて

    とっても助けてくれるもの

     

    心の中に安らぎを見出すために、

    ぜひ、直感をいつも役立ててもらいたいなって思います

     

     

     

    初めてお越しいただいたお客さま。

    頬に糸ミミズのような筋がクッキリと、わりと広範囲に見えていました。

     

    これは、普段は見えないはずの毛細血管が拡張してしまったために起こる現象で、

    いろんな原因が考えられますが、その方のお話を伺っていると、

    毎日、朝晩と角質を取るローションを使用していることが原因のようでした。

     

    そのために

    皮膚が薄くなって、毛細血管が透けてしまったのだと思います

     

     

    私が、そのローションを使うほど、角質は溜まっていないことをお伝えすると

    『使うといいと勧められたけれど、朝晩2回も、角質を取る必要あるのかなと

    疑問に思いながら使っていました』とおっしゃるのです。

     

    どこかで『おかしい』と、きちんと気づいていたんですよね。

     

     

    でも、お化粧品を販売している人から言われたことで

    知識ある人の言葉は、自分の感覚よりも正しいと思って

    受け入れてしまいがち

     

     

    どの程度の専門家なのかにもよりますが

    そういった方の話に耳を傾けるのも大事だとは思います。

     

    でも、

    私たちに人生で起こるすべてを理解することができないように、

    理屈では説明できないことが、たくさんあるといったことを

    頭の片隅にでも置いていてもらえたらと思います。

     

     

    言われるがままに反射的に反応するのではなく、

    自分が本当に望んでいることに関心を集中させると

    焦りや不安といった負の感情から

    行動を起こそうとしていることにも気づいたりします。

     

     

    一歩下がって、今の状況を見てみるようにしてください

     

     

    『あの時、ものすごく嫌な感じがしてたのに』と激しく後悔することがないように・・・

     

     

     

    でも、言い方を変えれば、

    直観を無視をして痛い目にあうからこそ

    どんどんと自分の直感に絶大な信頼を得ていくことが出来るのかもしれません

     

     

    『直観を無視しないように』と肩に力を入れ、緊張しながら生きるのではなく

    トライ&エラーで、人生の不思議を楽しんでみるくらいでいいのかなと思います

     

     

    無視してはいけない時には、本当に無視できないように教えてくれますから(笑)

     

     

    五感を敏感にするために

    皮膚感覚、つまり触覚を鋭くさせていくことは

    とっても効果的です。

     

    皮膚は全身にあって、察知できる範囲がとても大きいですから。

     

    毎日頑張ってくれている自分の身体を労う意味も込めつつ

    マッサージする習慣もおすすめです

     

     

    日曜日の夜、早めにお風呂に入って、寝るまでの時間

    ゆったりした気持ちで、好きなマッサージ剤を使って

    身体を丁寧にほぐしていくのはいかがでしょう?

     

     

    どうぞ素敵な日曜の夜をお過ごしください

     

     

    最後までお読みくださいまして、本当にありがとうございます

     

     

  • 2020年6月6日

    こんにちは。Beauty air Yukiの川端由起です

     

    直観・第六感・虫の知らせ・ひらめき・胸騒ぎ・・・

     

    いろんな言い方がありますが

    そんな感覚、大事にしていますか?

     

    ちょっとした違和感、無視してないですか?

     

     

    ・・・という私は、今までに何度も何度もそういった感覚を無視して

    その結果、後悔したことは数知れず・・・です

     

     

     

    たとえば

    エレベーターのドアが開いた時に男の人が一人乗っていて

    『なんか嫌な感じがするな』と思ったにもかかわらず

    乗り込んだら、怖い目に合ったとか。

     

     

    また、

    会う約束をしていた人との待ち合わせ場所に、なかなかたどり着けず、

    人に聞いても、簡単な道順のはずが、全然その建物を見つけられなくて

    道行く人にお願いして、その場所まで連れて行ってもらったことがあって。

    その数日後、その人が詐欺罪で逮捕されたと新聞に載っていたり。

     

     

    嫌な感覚やスムーズにいかないといったことには

    『やめた方がいいよ』というサインだったりします

     

     

    でも、そういった違和感を受け取っていながらも

    それでもエレベーターに乗り込んだり、何とかその場所にたどり着こうと頑張ってしまうのは

    自分の感覚よりも、他を優先してしまうからなんですよね。

     

     

    たとえば、エレベーターでの嫌な感覚を無視したのは

    『乗っている人と目が合った後に乗るのをやめたら失礼だよな』という思い。

     

     

    約束の場所に何としてでも行こうと必死になったのは、

    会わなかったら、その人を紹介してくれた人に申し訳ないという思い。

     

    でも、振り返れば、すでにその話を持ち掛けられた時点で感じた

    『なんだか気が進まない』という思いも無視していたことに気づきます。

     

    そこを無視してしまったのも、

    断った時の嫌な雰囲気を避けたいといったことや

    そもそも断る勇気がなかったから・・・といったもの。

     

     

     

    他にも、私が直観を無視してしまう場合といったら

    損得勘定が働いてしまった時に、あります。

     

    『絶対やめときなよ』という声が聞こえていながらも

    『コレをしたら、きっと上手くいくはず』

    『今ならお得なんだし』といった邪な考え

     

    よくある『美味しい話』といった類です。

     

     

    最近あった出来事なのですが

    私は洋服を選ぶことが、とっても苦手です

     

    『洋服を買いに行くことが一番のストレス』と公言している私は

    『ワンピースにしたらいいよ』とアドバイスをもらいました。

     

    ワンピースだったら、コーディネートを考えなくてもいいし

    でも、『きちんとしている』印象を与えるし、さらに女子力も高そうに見えると

     

     

    人混みを避けたい今、ネットでワンピースを選ぶことにしたんだけど

    見ていても、全然ピンとくるものがなくて。

     

     

    とにかく洋服を選ぶことがストレスな私にとっては

    たくさん並んでいる画像を見ているのも、本当に苦痛でしかなく

     

    だんだん疲れてきて、『好きなものを選ぼう』というより

    『何か買わなきゃ』『早く選んで、終わらせたい』という気持ちが強くなっていました

     

     

    そのうちに『どれでもいいから、とりあえず1着!』と

    トキメクことなくポチッと注文したんです。

     

    そうしたら、お店側から

    『濃い茶色と表記していましたが、実際はもっと薄いベージュに近いお色でした。

    今ならキャンセルできますが、いかがいたしましょうか?』と連絡が入りました。

     

     

    ここでストップがかかるのは

    『注文をやめた方がいい』というメッセージだなと受け取りました。

     

     

    何てったって、

    それを選んでいる時のテンションはまったく下がっていたし、

    そのワンピースを選んだ理由は、

    65%も割り引きされていてお得だったからといったもの。

     

    買ったとしても、きっと着ることなく

    タンスの肥やしとなるのは目に見えています。

     

     

    他にも

    『今日中にお返事をいただけたら、ここまで値下げできますよ』といった言葉で

    返事を焦らされた時とかも、直感を無視しがちだし、

    話がだいぶ進んでいった段階で違和感が出てきてしまった時なんかは

    『今さら断る勇気がない』とか

    『ここまで付き合わせておいて申し訳ない』とか

    『キャンセルの手続きが面倒』とかで、そのまま進めてしまったり。

     

     

    止めた方がいいというメッセージがバンバン来ているのに

    無理やり『絶対やった方がいいんだ』と、自分に都合よく考えようと

    いろんなことをプラスの解釈に置き換えて

    自分を納得させようとしてしまう

     

     

     

    今、コロナに関わる情報がたくさん飛び交っているために、

    『テレビでいいって言ってたから』という理由で

    自分の直感よりも、テレビの言葉の方を選択される方が多いように感じます。

     

     

    『専門家が言うことは正しい』と思ってしまうのも当然かと思います。

     

    ただ、一般的に正しいものでも、

    自分にとっては、そうでないものもあったりするんですよね。

     

     

    納豆が大っ嫌いでしかたないという方がいらっしゃいました。

     

    テレビで『納豆がコロナに効く』と聞いて

    気分を悪くしながらも、納豆を毎日食べるようにしていたらしいのです

     

     

    『納豆は身体にいいから』というのは、成分だけを見たら正しいと思います。

    そして、納豆は免疫力を高めると言われているので、

    確かにコロナに負けない身体づくりに役立つとも言えます。

     

     

    その人は、胃がムカムカしながらも、食べられないことはなかったので

    『ただの好き嫌いだろう』と自分に言い聞かせ、食べ続けていたところ

    口の中に発疹が出来はじめました。

     

    お医者さんに診てもらうと

    『大豆アレルギー』と診断されました

     

     

    身体は、とっても正直です。

     

    『いくら身体にいいもの』と知られたものだとしても

    自分にとって良いか悪いかは別。

     

     

    アロマでも『ラベンダーは気分を鎮静させる』とありますが

    逆に、やる気がみなぎってくるとおっしゃる方もいます

     

     

    一般的な正解ではなくて、自分にとってどうなのか

    ぜひ、自分の感覚で感じようとしてみてください

     

     

    という私も、

    直観を無視したおかげで、いっぱい悔しい思いをし

    『あの時の感覚は正しかったんだ』という経験が何度もあったからこそ、

    今では、ちょっとしたサインを見逃さないようにし

    自分の感覚を信頼し、優先できるようになってきました。

     

     

    ・・・といいながらも

    『やめときなよ』という言葉を無視して、

    ネットでワンピースを買おうとしたのは、最近の話ですが(笑)

     

     

    直観には、自分にとっての

    大事なメッセージが込められています

     

     

    とにかく、些細なことでも、

    自分の身体が発しているサインを受け取るようにしてみてください。

     

     

    感覚を鋭くするために、日々

    そういった違和感を無視しないこと

     

    そして、五感を敏感にすることです。

     

    それについては、次回、お話できたらと思います

     

     

     

    最後までお読みくださいまして、本当にありがとうございます

     

     

    どうぞ素敵な週末をお過ごしくださいね

     

     

  • 2020年5月13日

    こんにちは。Beauty air Yukiの川端由起です

     

     

    いつも惚れ惚れしてしまうくらいに

    ご主人やお子さんに惜しみなく愛情を注がれているお客さま。

     

     

    お仕事がお忙しいにもかかわらず、家事をきちんとこなし

    振舞いも品があって、とっても素敵

     

     

    ただ、

    ご自身に対してのダメ出しが多くて、それがとても哀しく思います

     

     

    その方の身体を触ってみると

    脚のむくみや、ちょっとまぶたの腫れぼったさが気になりました。

     

     

    腎臓が少し疲れているのかな・・・

     

     

     

    腎臓は血液をろ過する臓器ですが

    ろ過する網目が詰まってくると、血液を十分にろ過することが出来ず

    余分な水分や塩分が身体に溜まり、むくみを引き起こしてしまいます

     

     

    悪化するまで自覚症状の出ない腎臓は

    黙々と役目をこなす縁の下の力持ちといった雰囲気

     

     

    そういった、陰で支えるような性格の方が弱めてしまうような臓器でもあります。

     

     

     

    腎臓を労わるよう生活習慣を変えていくことも、もちろん大事ですが

    人に尽くし、人ばかりを優先させる陰の存在であり続けることも

    見直してもらえたらな・・・と思います

     

     

    自分を優先すると、ワガママだとか身勝手だとか思って

    遠慮してしまうのかもしれません。

     

     

    私の場合だと、自分のこととなると『面倒』という気持ちがよぎるけれど

    家族や周りの人のためだと、すぐ動けてしまうところがあります。

     

    自分のためだと、『やらなくても済んでいく』というところも大きかったり。

     

     

    たとえば、家族のためだったら手間暇かけてお料理するけれども

    自分のためだったら、ご飯とお漬物だけでいいとか。

    自分に手をかけることを、つい面倒と思ってしまうし

    手を抜いたとしても、自分が納得すれば済むだけのこと。

     

     

    でも、これって、自分を大事にしていないってことなんですよね

     

     

    こんなに自分のために動いてくれている身体をないがしろにしていたら

    身体も『私にちゃんと構ってよ!!』と訴えてきても当然です。

     

     

    そして、今、思い起こすと

    人のために動いていたようでも

    その裏には、自分の欲求を埋めるために動いていたことにも気づきます。

     

     

    毎朝、娘のお弁当を作るのは、私の楽しみでもありました。

    小さい箱に詰める作業が楽しくて

    彩りを考えるのも楽しくて

    最後に隙間にギュッとプチトマトを押し込んだ時の達成感

     

     

    そうやって自分が満足したものを、娘が『美味しかったー!』といって

    空っぽのお弁当箱を見せてくれるあの幸せ感

     

     

    それに比べて、裁縫は大の苦手で

    体操服にゼッケンを縫い付けるといったことは本当に苦痛な作業

     

    『仕方なく』という気持ちで縫い付け

    それを手渡す時も『感謝してほしい』といった下心いっぱいでした。

     

     

    お弁当作りもゼッケンの縫い付けも

    どっちも母親として、やってあげたいこと。

     

    でも、お弁当作りは、相手から感謝されたいといった思いは全くなく

    純粋に自分が楽しんでしていたこと。

    そこにさらに、娘からの『ありがとう』の言葉が加わって。

     

    裁縫は、『しなければならない』『母親だからしてあげるべき』といった気持ちで

    どこか嫌々ながら、仕方なくしたことで、

    さらに、相手から感謝されたいという、心の隙間を相手に埋めてもらうようなこと。

     

     

    どちらも『ありがとう』と言われたとしても

    全然、気持ちが違う

     

     

    もちろん、好きなことだけをしていたらいいわけではないけれど

    日常の行いの中で、『自分のしたいことで相手を喜ばせていること』の比率が

    どれだけ占めているかを見てほしいと思います。

     

     

    メリット・デメリット、損得・義務感といったことではなく

    心からしたいことを、どれだけしているか。

     

    『何が正しいか・正しくないか』ではなくて、

    どちらが自分にとって楽しいかで選んでいるか?

     

     

    誰かの期待に応えるためばっかりだと、自分を犠牲にして

    どんどん身体も心も疲れていってしまいます

     

     

     

    家庭やお仕事がうまくいっているという表面的なものだけでなく、

    その裏にあるご自身の感情をみてもらいたいなって思います。

     

     

    縁の下の力持ち的な性格の方は

    自分の感情を抑え、人ばかりを優先していても

    それを当たり前と思い、頑張り続けられる精神的な強さがあります。

     

     

    でも、身体は『むくみ』という形で訴えてきている限り

    その声を聴いてあげないと、もっと悪化させた症状で伝えてくるようになります

     

     

    そうならないためにも、最初の一歩

     

     

    自分を労わる、自分を愛する言葉を発してください

     

    そうすると、そのような自分になる行動を起こすようになります。

     

     

    すると、どんどんそれが当たり前になって、

    気づけば、そういった行動パターンが身についてきて

    心も身体も本当の意味で満たされる毎日になっていきます

     

     

     

     

    『すべき』『してはならない』を出来るだけ手放し

    『したい』『したくない』を出来るだけ選ぶようにしてください。

     

     

     

    先ほどの私のお弁当作りのように

    無理に他人のためにするのではなく、自分の楽しみのためにやることが

    結局は、人のためになっていたりします。

     

     

     

    東洋医学では、腎臓は身体のエネルギーを蓄える働きがあると考えるため

    腎臓が弱ると、老化のスピードが速まると言われています

     

     

    ぜひ、いつまでも若々しく、心も幸せで満たされるよう

    腎機能を助け、高めていきましょう!!

     

     

    最後までお読みくださいまして、本当にありがとうございます

  • 2020年5月12日

    こんにちは。Beauty air Yukiの川端由起です

     

     

    『女に生まれて最悪~ッ』とおっしゃるお客さま。

     

     

    生理が来るたびに苦しめられていたら

    そう嘆きたくもなりますよね

     

     

    そういった方のお腹を触ると、

    ひんやり冷たいなと感じることが、ほとんどです。

     

     

    冷えて子宮が硬くなっていることで

    生理痛という悩みが生み出されているように感じます。

     

     

    子宮も筋肉で出来ているので、内膜をはがそうと子宮が収縮する時に

    筋肉が硬く動きがスムーズでないと、痛みが引き起こされてしまうんですね

     

     

    筋肉が硬くなる理由としては、血行不良があげられます。

     

     

    冷たいものの摂りすぎや締めつけ感の強い服装、

    あとは骨盤のゆがみであったり、ストレスや緊張によっても

    血流が悪くなってしまいます

     

     

    とにかく血行を良くすることが大事で

    それによって、子宮が温まり緩んできます。

     

     

     

    当サロンでは、『酸素オイル』といって、

    塗るだけで肌内に『酸素』をたっぷり供給できるオイルを使っているのですが

    そのオイルを選ぶ理由は、血流が良くなるからなんです

     

     

    身体が酸素不足になると、筋肉に疲労物質『乳酸』が溜まっていきます。

    それが、筋肉を硬く凝り固めて血管を圧迫し、血流を悪くしてしまうんですね。

     

     

    つまり、体内の酸素不足は、子宮の筋肉も硬く凝り固める上に

    骨盤内の血流も悪くしてしまう大元なんです

     

     

     

    また血液の質も大事で

    サラサラとした血液なら身体の外へと流れ出やすいですが

    粘度が高まるにつれ、子宮から剥がしたり押し出す時に負担がかかります。

     

    血液がドロドロになるのも、酸素が少なくなっているからなんですね。

     

     

    酸素オイルをお腹に塗って筋肉を緩めるだけでなく、

    手首や足首といった肌表面に血管が近いところにも塗ることで

    効率的に血流を改善でき、体温を上げ、子宮を柔らかくしていけるのです

     

     

     

    肩こりをイメージしてもらうと分かりやすいと思いますが

    肩の筋肉が凝ると、痛みの感じ方は人それぞれですが

    ドーンとした重い痛みが生じたりします。

     

     

    つまり、筋肉が凝って、その周辺の細胞が酸欠状態になると、

    痛みをもたらす発痛物質が生まれるんですね

     

    その発痛物質が神経を伝わって『痛い』と感知される仕組みになっています。

     

     

     

    子宮が酸素不足で発痛物質がたくさん作られると、

    やはり生理痛がひどくなってしまいます

     

     

    そのため、子宮の血流を良くして、

    細胞が『助けて!!』と信号を出さなくてもいい状態にすることで

    根本的に痛みを緩和することができます。

     

     

    生理痛は『あって当然』といったものではなく

    不快な症状に悩まされているということは、身体が何か

    たとえば『酸素不足だよ』とか『休みが必要だよ』といったことを訴えてくれている状態。

     

     

    その声を聴き取って

    お風呂に入って温めたり、マッサージをして血行を良くしたりと

    子宮を柔らかくすることを習慣にしてほしいなと思います

     

     

    そして、ぜひ行ってほしいことが、もうひとつ。

     

     

    それは、毎晩、お布団に入った時にでも

    お腹に手をしばらく置いて、ジワ~ッと温め、ゆっくりさすりながら

    子宮が柔らかくなるのをイメージしてみてください

     

     

    『柔らかくな~れ』とか『フワフワ』『ゆるゆる』といった擬態語などを

    おまじないのように唱えながら行うと

    本当に緩んでいきます。

     

     

    私は子宮にキャンドルを灯すイメージを、よくしますが

    ポワッと温かくなって、とっても気持ちが穏やかになっていきます

     

    イメージの力は大きいですからね

     

     

    そのように、ご自身の子宮に意識を向けてあげると

    身体が喜んで、きっと生理痛という辛さからも解放されますよ

     

     

    生理があるおかげで、

    私たち女性は毎月、身体の外へといらないものをデトックスでき

    健康でいられる、とってもありがたいもの

     

     

    ぜひ、生理を味方につけ、

    心も身体も心地よく過ごしていきましょう

     

     

    最後までお読みくださいまして、本当にありがとうございます

  • 2020年5月9日

    こんにちは。Beauty air Yukiの川端由起です

     

     

    手がとても強張っていたお客さま。

     

     

    お料理をしている最中でも、さっきまで動いていたのが

    突然、曲げた指が戻りづらくなることもあるとか

     

     

    心配で病院にいくと

    『多分、更年期による症状でしょう』と言われたようです。

     

     

     

    更年期の症状としては、顔がほてったり、急に汗が吹きだしたり、

    また、精神的なことでは、イライラや激しい落ち込みといったことが

    一般的によく聞かれます。

     

     

    しかし、女性ホルモン『エストロゲン』には、関節の動きを滑らかにする作用があるため

    エストロゲンの減少によって、関節を支えている軟骨や筋肉が衰えたり

    関節内の水分が減少したりといったことで、指が動かしづらくなってしまうのです

     

     

    また、

    エストロゲンは血液を通して、全身に運ばれるため

    冷えて血流が滞ることで、エストロゲンが指先にまで行き届かず

    皮膚が乾燥したり、皮膚の厚みが薄くなることで

    感触として、手先などがこわばったように感じることもあります。

     

     

     

    そういった症状を緩和するために、

    指先まで、しっかりと血液を行きわたらせることが有効です

     

     

    血液循環を促進するために、運動などで身体を動かすことも、もちろん良いですが、

    運動はゆったりとリラックスする状態とは違いますよね

     

     

    『運動が大好き!!』という方でしたら、心から楽しめると思いますが、

    それでも、力を加えたり、心拍数の上昇などによって緊張感が伴います

     

     

    そして、『健康のため』と義務感から運動をしようとすると

    身体を動かし温まることで、血液循環を促しているようですが、

    身体の芯がコチコチに固まっていて、うまく力を抜けていないことがよくあります。

     

     

    身体の芯が凝り固まって動かないと、周囲の筋肉もリラックスできずに、

    結局、全身がほぐれないんですよね

     

     

    更年期の症状は、不安といった心理的な原因も大きく影響するので

    もっとご自身に優しい方法でリラックスさせて、ストレスを取り除きながら

    血液の流れをスムーズにしていく方がいいのでは・・・と私は思います

     

     

    たとえば、お風呂とか

     

     

    こういったホルモンバランスに影響を与えている自律神経も

    お風呂で温まりリラックスすることによって、整いやすくなるんです。

     

     

    他にも、自律神経を整えるのに意識してもらいたいことは

    なるべく毎日同じリズムで生活することです

     

     

    起きる時間と寝る時間・食事の時間など

    できるだけ毎日同じにして、生活のリズムをシンプルにすると、

    頭は混乱せず、ストレスを減らすことができるんですね

     

     

     

    ただ、私は『ハンドサーチ』といって、身体に触れることで

    身体が発している声を聴いていくのですが、

    手のこわばりを感じるお客さまからは、

    『人の前で感情を出すことが怖い』と伝わってきました。

     

    そのため、感情を抑え込むために、

    無意識にグッと手を握りしめて堪えているよう。

     

     

    それによって、手に強い力が入っていて、固まり

    指が真っすぐに伸びにくいといった症状を引き起こしているように感じました。

     

     

    心が緊張すると、身体も緊張するといったように

    心と身体は密接に結びついています

     

     

    いきなり、人前で感情を素直に表現することは難しいと思うので

    ストレスや疲れ・寂しさといった負の感情を表に発散できずに抱え込んでしまっている時には

    先ほどのように、お風呂に浸かって身体を温め緩ませることを心がけるようにするといいと思います。

     

     

    身体がほぐれると、心もほぐれてリラックスしていきますから

     

     

     

    でも、もうひとつ、ぜひおすすめしたいのが

    手のマッサージ

     

     

    オイルやクリームを手に馴染ませて、ご自身が気持ちいいという圧で

    指1本1本、丁寧にじっくりマッサージしてみてください。

     

     

    手には、胸のつかえや不安を鎮める『内関』や

    気持ちを整える『合谷』といったツボがあります。

     

    『内関』は、手首内側のシワからヒジ側に指3本分離れたところの真ん中にあって、

    『合谷』は親指と人差し指の骨が交わるところの、少し人差し指寄りにあります。

     

     

    そういったツボも押しながら、発散できなかった感情を癒していきませんか?

     

     

    感情を押し殺しているご本人が苦しいのは、もちろん、

    緊張で表情がこわばっている人がいると、

    その場の雰囲気がぎこちなくなったり、相手にも緊張感を伝染させたりと

    人の感情は、その場の空気に影響を与えます。

     

     

    ぜひ、手をほぐして、優しい雰囲気で、その場を包んであげてください

     

     

    その場の雰囲気が柔らかくなれば、

    結局は、ご自身も自分の感情を素直に出しやすくなりますから・・・

     

     

     

    更年期の症状は、

    今まで自分を後回しにして、周りの人のために、精一杯尽くしてこられた方へ

    『自分に注意を向けてほしい!!』という身体からの訴えのように感じます。

     

     

    そろそろ、自分に関心を向けてあげませんか?

     

     

    今日は、土曜日

    明日がお休みという方も多いのではないでしょうか?

     

     

    ちょっと気持ちがのんびりする今夜、

    ご自身のいつも酷使されている手を、愛情をもってマッサージしてあげてください

     

     

    最後までお読みくださいまして、本当にありがとうございます

     

     

     

  • 2020年5月8日

    こんばんは。Beauty air Yukiの川端由起です

     

     

    昨日から営業を再開しておりますが

    たっぷりと光が射しこみ、観葉植物の緑が輝き

    窓辺に飾ってあるサンキャッチャーが白い壁に虹色を映し出すのを見ると

    サロンが息を吹き返した感じがして、本当に嬉しくなります

     

     

    『お肌もボロボロだったから気が滅入っていた』

    『肩や首がカチコチで、早くほぐしてほしかった』

    『ストレスが溜まって溜まってしかたなかった』など

    早速、お客さまが飛び込んでくださることに

    サロンを再開できた喜びを、ひしひしと感じます。

     

     

    身体や心が疲れていることは、もちろん、

    久しぶりにお会いして気になったことは、

    お客さまの手が、結構、荒れているということ

     

     

    在宅勤務が続いている、あるお客さまがおっしゃるのには、

    朝昼晩のごはんだけでなく、10時や3時もお子さんにおやつをせがまれるため

    頻繁に食器を洗っていたりと、何かと水に触れる機会が多かったとか。

     

     

    そして、今はどこかのお店に入るたびに手指消毒をしたり

    ご自宅でもエタノールでアチコチ拭いたり、石鹸でのこまめな手洗いなどが

    手荒れを悪化させている原因とも考えられます。

     

     

    手は、皮脂によって保護されているのですが、

    洗剤やアルコール類によって皮脂が奪われることで

    さまざまな刺激を受けてしまいます

     

     

    カサカサとひび割れてきたり

    ジュクジュクと赤くなって痒みが出たり

     

     

    一旦、手が荒れてしまうと、外的刺激から守る力が弱まって

    細菌やアレルギー物質が体内に侵入し

    どんどん肌荒れが進行してしまうんですね

     

     

     

    今は、新型コロナウイルス感染予防のため、手洗いや手指消毒は大切です。

     

    だからこそ、

    手荒れが起きる前に、しっかりケアをしてもらいたいと思います

     

     

    食器を洗う時には、ぜひ、ゴム手袋をはめてくださいね。

     

     

    慣れないと面倒かもしれませんが

    たっぷりとローションやハンドクリームをつけた上から

    ゴム手袋をはめて、お湯でお皿などを洗ったりすると

    保湿成分が浸透しやすくなり、手が潤いますよ

     

     

    私はゴムの刺激に弱いので、コットンの手袋をしてから

    ゴム手袋をはめています。

     

     

     

    そして、手を洗うたびに保湿をしてください。

    洗面所やキッチンなど、手を洗う場所に保湿剤を置いておくと

    塗り忘れることがなくなりますよ

     

     

     

    私はお客さまに『触れる』というお仕事をしているため

    触れることが精神面にどれほどの影響を与えるか、

    その大きさを常々感じています。

     

     

    言葉では言い表せない感情を伝えることが出来たり、

    実際に『オキシトシン』といった幸福ホルモンが分泌されたりと、

    触れることによって、人は安心したり、励まされたり、幸せを感じたりします。

     

     

    今は、

    新型コロナウイルスの影響で、人に近づくことを避けるよう生活している中で、

    人に触れることなど、もってのほかといった感じですよね

     

     

    もともと日本人は、人とのスキンシップが日常的でないうえに

    ある学校の先生がおっしゃられていましたが

    生徒に触ると、セクハラや体罰と言われてしまいそうで怖いと・・・

     

    そんなこともあって、

    人に触れる行為が、どんどん減ってきているように思います

     

     

     

    不安や孤独を感じてしまいがちな今だからこそ

    人との触れ合いによって、人肌の温度を感じてもらいたい・・・

     

     

    でも、それが難しいので

    ぜひ自分に、自分のことを労わりながら、ゆったりした気持ちで

    いつも酷使している手をマッサージしてあげてください

     

     

    『手がカサカサだから』と、ただ処置的に塗るのではなく、

    丁寧に、愛情をもって触れてみてください。

     

     

    その触れ方によって、効果の違いが必ず出てきます!!

     

     

    そして、愛情を持って触れれば触れるほど、

    ご自身との距離も近づき、自分に対しての親近感がわいてきて

    自分を愛おしく思えるようにもなってきます

     

     

    緊張したりイライラすることが手荒れを助長するって

    ご存知でしたか?

     

     

    そういった負の感情は、指先などの末端に血液が行かなくなって、

    皮膚温が下がり、細胞の生まれ変わりを妨げるんです

     

     

     

    ぜひ、これからは、自分で自分をいっぱい構ってあげてください

     

    そして、年齢を感じさせない潤った美しい手にしていきましょう。

     

     

    最後までお読みくださいまして、本当にありがとうございました

     

     

     

     

     

  • 2020年5月7日

    こんにちは。Beauty air Yukiの川端由起です

     

     

    ゴールデンウィークが明けた今日、

    いかがお過ごしでしょうか?

     

     

    緊急事態措置の一部緩和の決定を受け

    本日5月7日より、サロンの営業を再開いたしました

     

     

    休業期間中は、ご迷惑をおかけしまして

    本当に申し訳ありませんでした

     

     

     

    安心して、日頃の疲れやストレスなどを癒しにお越しいただけますよう

    引き続き、新型コロナウイルス感染防止策を徹底するよう努めます。

     

     

    そのため、消毒や換気等が十分に行き届くよう

    1日にお受けするご予約人数を減らし、営業時間を短縮するなどしながら

    慎重に進めていきたいと思います。

     

     

    大変申し訳ありませんが、県外からのお客さまには

    もうしばらくの間、ご予約を遠慮させてください

     

     

    ご自宅にこもる日々が続き

    『肩や首がコリコリ』『お肌の調子がイマイチ』という方も、

    『最近、人としゃべっていないから、気分転換したい!』とおっしゃられる方も

    ぜひぜひ、いらしてください

     

     

    お会いできますこと、心より楽しみにしております

     

     

    今後とも、何卒よろしくお願いいたします。

     

     

    本当にありがとうございます