三重県鈴鹿市、白子にあるエステサロン ビューティエアーユキ。ベッド1台の完全なるプライベート空間。手の温もりを大切した1回で結果を出す小顔や美脚トリートメントが人気

ブログ
Blog

  • 2019年6月25日

    夏を目前にして、

    ダイエットへの意欲が高いお客さまが増えてきた今日この頃

     

    『夏だから』って焦って、短期で痩せよう意気込むと

    どうしても厳しい食事制限を自分に課してしまう方が多い

     

     

    それって、ストレスかかってイライラしたり

    お肌や髪の毛がパサついたり

    頑張りすぎた子なんかは、生理が止まったりして

    肉体的にも精神的にも、全然お勧めできない

     

     

    私は『ダイエット=痩せる』ではなく、

    健康で美しくなるための食習慣を行っているうちに

    結果、『痩せた!』というが産物が得られる・・・

    くらいに思うようにしてもらっています。

     

     

    そういうと、皆さん『痩せないんですかぁ?』と

    不満そうな顔をされるんですが

     

     

    正直、その食習慣が身につくことによって

    代謝が上がったり、脂肪が燃焼しやすくなったり

    余分なものが排泄されたりするために

    『痩せた』ってなる場合がほとんどですが・・・

     

     

    でも、『夏だから』とかではなく、

    一生を通じて、賢く食べる習慣をつけてもらいたいなって思っています

     

     

    だって、短期間で、スタイルをどうこうしようと思うから、

    いつも『ダイエットで悩んでる』状態を繰り返しちゃうんだよね

     

     

     

    私自身、食べることが大好きなので

    『あれ食べちゃダメ!』『そんなに食べちゃダメ!』と

    制限を加えることが出来ない。

     

    『〇〇してはならない』とかっていう制限は

    ものすごいストレスに感じてしまうし

     

     

     

    『その中を見たらダメ!』って言われると、ずっと気になるのと一緒で、

    『食べたらダメ!』って言われると、食べることばかりに気がいってしまうから。

     

     

    それだったら、いっそのこと、食べてしまった方が

    スッキリして、心は満足するよね

     

     

    でも、そんな欲に任せて、食べ放題状態にしたら、

    やっぱり理想とする自分にはなれないから・・・

     

    だから、食べたくなった時の対処法や

    上手に食べる方法などをお伝えしています

     

     

    どちらかというと

    『食べるダイエット』といってもいいかも

     

     

    そのうちのひとつに

    『適当なもので空腹を満たさないでね~』と言っています。

     

     

    たとえば、本当はアイスクリームが食べたいのに

    『あられで我慢した』・・・とかね。

     

     

    『アイスクリームを食べたかったけど、

    あられを食べてみたら、むっちゃ美味しくて満足した』っていうなら

    もちろんOK!!

     

     

    でも、あられを食べても

    『やっぱりこれが食べたかったわけじゃないんだよなぁ』なんて思って

    満たされないから、次に食べる物を探して、食べて。

     

    『でも、やっぱりコレでもないんだよなぁ』なんて、

    食べては『違う』を繰り返す・・・。

     

     

    食べたくないもので食欲を満たそうとしても

    全然満足しないから、その不満を解消するために

    次々と食べてしまって、結局『食べ過ぎたぁ~』って後悔したり

     

    雑に食べてしまったことに対する罪悪感を抱く原因になったりするんだよね

     

     

    罪悪感は、ホントよくないから!!!

     

     

    食べた後に、罪悪感を抱くのと、

    『美味しかった』と幸せを感じるのとでは

    腸での吸収力が全然違ってくるから

     

     

    だから、例えばアイスクリームが食べたかったら

    面倒でも食べたい種類のものを買いに行く。

     

    近くにスーパーやコンビニがあるなら、

    出来れば歩いて、それも早歩き

     

     

    歩いているうちに

    『あれ? 別に食べなくても良くなったかも』ってなったらラッキーだよね

     

     

    で、もしお店に着いても

    『やっぱりアイスクリームが食べたい』ってなったら

    ちょっとリッチな方のアイスクリームを選ぶようにしてみて

     

    素材がいいし、濃厚だから少量でも満足感が違う

     

     

    どうか、食べたいなら、その手間だけは惜しまないようにしてください。

     

     

    そんなことをお伝えしている当サロンのダイエットコース

     

     

    身体がダル重い・やる気が出ない・胃腸の調子がイマイチなどなど

    身体の不調にお悩みの方も、ぜひお気軽にお問い合わせください

    Beauty air Yuki

     

     

    最後までお読みいただきまして、本当にありがとうございます

     

     

     

     

  • 2019年6月24日

    最近、『自分を見つける旅』と題して

    今、サロンで行っていること以上の何か・・・

    もっとお客さまにご提供できる私なりの、私らしい何かを

    探り続けています

     

     

    開業して15年、この美容のお仕事に携わってから20年。

    エステにとどまらない何か、エステを超えた何かを見つけたくて

     

    頭の中の整理を、このブログを使ってやるだなんて

    『ホントすみません』・・・って感じなんですが(笑)

     

     

     

    ずっと自分と対話している中で、『食』というキーワードがすごく出てくる

     

    私は幼いころから料理をすることが大好きで

     

    服や靴などのお買い物って、私にとってストレスでしかなくて、

    出来れば『行かないで済んだらありがたい』って思うくらい苦手・・・

     

    でも、食料品を買いに行くことは、ものすっごい好き

     

     

    メニューを考えること、食材を買いに行くこと、作ること、盛りつけること、

    食べること、人に食べてもらうこと、食器を片付けること、洗うこと・・・

     

    食に関わるすべての工程が、やっていて とっても楽しい

     

     

    あっ!

    でも、野菜を育てることは、かなり下手っぴだわ

     

    毎年きちんと実がなってくれるのは、ミニトマトと しし唐くらい

     

     

    そんな風に、『食べること』に関わるすべてが大好きなんだけど、

    それこそ、小学校の頃から、ずーーーっと

    『食べ物』『食べること』には、ネガティブな感情が いつも くっついてた。

     

    食べたら、お腹を壊す

    食べたら、アトピーが悪化する

    食べたら、太る

     

    それを分かっていながら それでも食べてしまう自分が、あまりに愚かに思えて

    食べてしまった時に感じる自分への嫌悪感がハンパなかった

     

     

    『なんて自分は意志が弱いんだ!!!』って

    自分に腹が立って、自分を責めて、自分のことが大嫌いだった。

     

     

    でも、そんな自分から脱出したいって思って

    そこに真剣に取り組み始めたんだ

     

     

    食べて罪悪感を抱く時って

    たいがい 甘いものを食べた時や、食べ過ぎた時に 特に強く感じていたから

    まずは、そうしてしまうキッカケを排除しようって。

     

     

    食べることって、

    ストレスを発散させる手っ取り早い方法になってたりするの。

    簡単に快感を得られるからね

     

    本当は違うところからきている欲求不満も

    (たとえば、寂しさとか分かってもらえないとかっていう不満)

    食べることで その『欲求』を満たした気になるから、

    (ただ ごまかしただけなんだけど)

    空腹でもないのに、つい手が伸びちゃったりする

     

     

    だからね、

    『食べるという趣味』『食べるという快感』に変わる

    他の趣味を作ることにしたの

     

     

    それをしてる間って、気持ちもルンルンだし

    ボーっと時間を持て余してたりする時に、

    ついつい余計なものを食べてしまうってことも防げるから

     

     

    木を彫ったり

    書道をしたり

    寄せ植えしたり

    サイクリングに行ったり

    神社仏閣めぐりしたり・・・

     

     

    『自分の好きなこと』『自分がしたいこと』などを

    すぐ取り掛かれるものから、休日にガッツリ没頭できるものまで

    隙間時間に合わせて選んで やってるんだ

     

     

    食べることを抑え込むと、ストレスになるでしょ

     

    その 食べることを我慢して起こるストレスが

    結局、『ドカ食い』という反動を引き起こすから、

    食べていないことを我慢と感じないように

    食事の時間さえ惜しんでしまうような楽しい趣味を見つける

     

     

    ダイエットコースでは

    『ダイエットしたいのに食欲が抑えられない』と悩んでみえるお客さまとも

    そんな趣味や好きなことを、一緒に探すお手伝いをしています

     

     

    お客さまが

    『あ~っ そういえば私、ずっと針でチクチク縫うことが好きだったんだ!』とか思い出して、

    それを始められて『こんな作品が出来たんです!』なんて

    嬉しそうに持ってきてくださった時なんかは、すっごく感激したーーー

     

     

    ずっと忘れてた『自分の好きなこと』を発見した時の

    パ―――ッと一瞬で晴れやかになる顔を見るのが、すごく好き

     

    だから、私、こういうことがやりたいんだなって

    ひしひし思う

     

     

    それを今している

    お客さまのお話を聞きながら引き出していくっていうだけでなく

    タロットカードとか、絵を描いてもらうなどの方法も取り入れて

    その人が気づいてない部分に潜んでいるものを読み解く・・・・

     

    そんな形って アリなのかな・・・?

     

     

    でも、

    そういったカードリーディングやアートセラピー的なものは

    世の中にわっしゃわっしゃあるわな

     

    ん~っ

    もうちょっと考えましょか

     

     

    夏間近な今、ダイエットが気になってる方、ホント多いと思うんだ。

    もし、『自分一人では、出来るか不安・・・』とか思って見えましたら

    ぜひ、お気軽のお問合せくださいね

    Beauty air Yuki

     

     

    最後までお読みいただきまして、本当にありがとうございます

     

     

  • 2019年6月23日

    昨日、『食べることの罪悪感』について書いてみたんだけど

    食べることで、ある時の状況とかを思い出すキッカケになったりするよね

     

    音楽も そうだけど

    突然 耳に入ってきた曲で

    『あ~っ この歌、好きな人が車の中でかけてたなぁ』とか・・・

     

    そういったら、香りもそうか!

    道を歩いてて、フワッとクチナシの花の匂いがすると

    『あ~っ この香り、小学校のプールサイドに咲いてたなぁ』・・・とか。

     

    それをキッカケに、その時のことが次々どんどん思い出されてきて

    懐かしくなる

     

     

    食べ物だと、私の場合、

    茄子が入ったお味噌汁は、母の実家のちゃぶ台での光景を思い出すし

    シャコエビを食べると、おばあちゃんが大きなお鍋で茹でてくれたことを思い出すし

    カルピスを見ると、夏の部活で汗を流していたことを思い出す

     

    胸が痛くなる辛い思い出が蘇ってくることもあるけれど

    でも、今はいない人のことが思い出されたりして、ジワっと目頭が熱くなったりってことも。

     

     

    母が作るお料理で大好物なのは、五目ご飯と煮込みハンバーグ

     

    帰宅したときに、それが夜ごはんだって分かった時の飛び上がるほどの嬉しさだったり

    お誕生日にご馳走が並ぶと、『大事に思ってくれてる』って母からの愛情を感じたり・・・

     

    料理って、言葉では表現できないものや恥ずかしくて言いにくい事とか

    優しく伝えてくれる最高の手段だと思うんだ

     

    風邪気味だから、ショウガをたくさん使うものにしようとか

    疲れが取れるように、梅干しで味をつけようかとか

    押しつけがましくなく、『あなたを大事に思っています』が

    伝えられるもの

     

     

    バレンタインにチョコレートをあげるのも、そうだよね。

     

    『好きな人に美味しいものを食べてもらいたい!』っていう想いや

    『大好き』『愛してる』を、やんわりと伝えてくれる

     

     

    やっぱり食べ物って、ただ人を生かすエネルギー補給のためだけじゃなく

    人とのコミュニケーションだったり、手間をかける楽しさだったり、相手を思い浮かべる時間だったり

    心を豊かにする・心を成長させる大事なものだって思う。

     

     

    だから、食べることを好きになりたーーーーい

     

    罪悪感なんて感じず

    『美味しい~』『幸せ~』『ありがた~い

     

    以上!

     

    ・・・で、終わりたい。

     

     

    だからね、『痩せたい』『健康になりたい』『美しくなりたい』と

    ドーンと悩みながらサロンに来て下さるお客さまに

    『食べるって素敵っ』って、純粋に思ってもらいたいなって・・・

     

     

    食べることって、毎日のことだから

    格闘している辛さって、ハンパない

     

     

    だから、そこから解放されるような

    人が抱いている『食べること』への意識を変えるキッカケに

    私がなれたら・・・。

     

     

    そのためには、過剰な食欲を克服した私の経験を伝えること・・・

     

    でも、それを、どんな形で伝えるか。

     

    今は、サロンでの施術とカウンセリングでお伝えはしているけれど

    もっと その方の意識に刷り込ませられる方法・・・

     

    一緒に実践しながら、体感として身につき、それが習慣となり、

    『自分の理想を保ちながら、食べ物とストレスなく付き合えている状態』になるような・・・

     

    食欲に振り回されず、心身ともに健康で、

    毎日『幸せだな~』って感じられる人生を送るために・・・

     

    ダイエットを通じて、食を通じて、人生を豊かにしていく。

     

    そのために私が出来ること・・・

     

    ん~っ、まだまだ浅いアイデアしか出てこないな

     

     

    でも、当サロンでご案内している『体質改善スリムコース

    食事を我慢するんじゃなく、食材の食べ合わせで

    糖の吸収を抑えたり、脂肪を燃えやすくしたり、『痩せ菌』を育てたりと

    『食べること』をおすすめしているから、ストレスなくダイエットに取り組める

     

     

    これは、皆さん、着々と結果を出してもらっているから

    いい方法だと確信してる

     

     

    で~も~

    さらに ここにオリジナルなものを加えたいんだよなぁ~・・・

     

    今日も一日、そんなことをグルグル考えながら過ごしましょうか(笑)

     

     

    皆さんも素敵な日曜日をお過ごしください

     

     

    読んでくださいまして、本当にありがとうございます!!!

     

     

  • 2019年6月22日

    昨日のブログでも少しだけ触れたんだけど

    『ダイエットしたい』と、ご来店くださる方のほとんどが

    食べることに罪悪感を抱いてる

     

     

    そういう私も、実は

    ずーっと ずーっと 食べることに罪悪感を抱いてきた一人

     

    人生の大半、そんな感情と毎日毎日 格闘してた。

     

     

    食べることが 大好きでね。

    食べること以上に、作ることが大好きだから

    ついつい いっぱい作っては、『残してはもったいない』って

    お腹が苦しいのに、食べることを止められない自分がいて・・・

     

    食べた後に 後悔することばっかりだったー

     

    『それだったら いっそのこと、作らないでおこう!』と決めた時もあったんだけど

    私は小学4年生あたりの頃から、いつも親の気を引こうと必死になってる子で。

     

     

    だから、家族が喜んでくれるという嬉しさがあって

    料理をすることを止められなかったんだ。

     

    学校が休みの日は いつも朝から台所にこもって、ずっと料理をしていたなー。

     

    喜ばしたい一心で、褒められたい一心で、あれもこれもと いっぱい作って、

    食卓にズラ~ッと並べてた。

     

    で、

    私の作る料理は わりと美味しいので(自分で言っちゃうけど 笑)

    美味しいというより、自分の好きな味にしてるから

    ついつい 食べ過ぎてしまって

     

     

    小学校から中学校までは、お腹が弱くて、食べては壊す状態だったから

    それが分かっていながら、食べる自分が愚かすぎて大嫌いだったの。

     

    高校生の時は、アトピーが酷すぎて、学校に行けないことも多かったにも関わらず

    甘いものを食べて、アトピーを悪化させてる自分が大嫌いで

     

    短大の時は、食べたら食べた分だけ太るようになって、

    痩せたいのに食べてしまう自分の卑しさが大嫌いで

     

     

    今は・・・というと

    『美容のお仕事をさせてもらっているのに・・・』っていうところ。

     

     

    『健康的な生活をしましょうね』って、お客さまに言っておきながら、自分が食べ過ぎてしまった時とか

    『自分自身が健康でいなくちゃ、美しくいなくちゃ』って思いながらも、それを実行できていないことで

    『お客さまへの説得力がなくなる~っ』って不安になったり

     

    また、

    そういった意志を強く持てないでいる自分の弱さに情けなくなったり・・・ね

     

     

    でもね、

    『料理すること』や『食べること』って素晴らしいことだなって、心底では思ってるんだ

     

    冷凍食品や加工食品は使わず、彩りを考え、野菜は出来るだけ多く使うように

    そういった手間を毎朝かけて娘のお弁当を作っている自分が嬉しくなったりするの

     

    そんなお弁当を見た時に、

    娘もきっと私からの愛情を少しは感じ取ってくれてると思うから

    一緒にいない間も心が繋がってる~って、なんだか温かい気持ちになれたりね

     

     

    普段の料理でも

    食べて『美味しい』って言ってくれる家族の顔を見られることで、私も幸せになるし

     

    それに、

    誰かと一緒に食べると、その相手との距離感を縮めてくれるところが すごく好き

     

     

    何を作ろうか考えている時から、食べ終わったお皿を洗って片づけるまで

    どのプロセスにも、幸せがいっぱい詰まってる

     

     

    人も自分も幸せになれること。

     

     

    そんな

    生きていくうえで当たり前で

    身体の奥底から求める必要な欲求なのに

     

    そんな

    本来、楽しみであるはずべき『食べること』が

    罪悪感になってるなんて悲しいよね

     

     

    食べてしまったことで、罪悪感だけでなく、自分への嫌悪感だったり

    理想の自分から離れてしまうことへの恐怖感・不安感など

    いろんな感情がワチャワチャと くっついてくる

     

     

     

    でもね、その罪悪感って、自分を全然大事にしていないってことだから。

     

     

    私は今まで、自分を そうやって

    ずっと嫌って、けなして、雑に扱ってきたから

    そういったドロドロしたものが自分の内側にへばりついているのを感じるのが

    耐えられないほどに苦しくなってきたんだ

     

     

    だから、これからは

    自分を大事にすることを徹底することに決めたの

     

     

    そのためには、

    食べることで抱く罪悪感を克服することが

    私にとっては、一番大きなテーマ。

     

     

    私のアトピーを治そうと、母が食について勉強してくれたおかげで

    何年かかかって、アトピーがキレイに完治したこともあって、

    私自身、食に対しては『きちんと選ぶ目』を持ってはいたんだけど

     

    もっときちんとした知識を持って『これでいいんだ』という自信・確信を得たいと、

    『ダイエットカウンセラー』や『スーパーフードセラピスト』の資格を取ったの

     

     

    だからね、今では

    『この食材を組み合わせて食べれば、糖の吸収が抑えられる』って分かってる安心感や

    『今 食べている物は、アンチエイジング効果があるからキレイになれる』って暗示がかけられたり

    近所のおばちゃんが作ってくれたケーキでさえ、そこに込められた愛情に嬉しくなる

     

     

    今までだったら、ケーキを見た瞬間にネガティブワードの連想ゲームが始まってたから(笑)

     

    『ケーキ』→『腸が汚れる』→『肌が荒れる』→『太って自信がなくなる』→『人に会いたくなくなる』→『孤独』

     

    ・・・ってな感じで

     

     

    身体にいい食材を選ぶことで、『身体に良いことしてるんだ、私』って思えることだったり

    『ぜひ身体に その栄養素を摂り入れたい』って、食べることのプラスの面にフォーカスできるようになったり、

     

    たとえ、砂糖やバターがたっぷり使われているものであったとしても

    それを作ってくださった方の想いを感じることで、『心の栄養』って素直に思える。

     

     

    罪悪感なんか抱く要素が グーーーンと減って

    身軽になった

     

     

     

    自分を大事にするってことは、

    身体や心が喜ぶものしか入れたくないってことだから

    自然に、食べることを適当なもので済ませようっていうのがなくなった

     

     

    そんな発想になれたおかげで、

    今は食べることへの罪悪感をコントロールできています

     

     

    食べることは、本来

    幸せを感じてほしいものだから。

     

     

    自分も『食べること』に毎日毎日 囚われて、苦しみ、悩み、もがいてきたから

    そんな状態から抜け出したい気持ちが よく分かる。

     

    そこから抜け出せた時の安心感。

    それを、同じ状況にいる人たちに伝えたい・・・

     

    今、サロンでご提供している

    どんどんキレイになっていくことを楽しめるダイエット

    そんな思いから、つくりました

     

    うん。この気持ちはブレてない。

     

    ただ、『自分を見つける旅』としては

    もうひとつ、何か熱い想いを そこに加えて

    バージョンアップしたい気持ちが否めませんが・・・

     

     

    もっと もっと自分の内面を探る必要がありそうですな

     

     

    このブログを書きながら、夜ごはんは何にしようかなって

    食べることばかりグルグルしています

     

     

    皆さんも素敵な週末をお過ごしくださいね

     

    最後までお読みいただきまして、本当にありがとうございます

     

     

     

  • 2019年6月21日

    私は遊ぶのが下手で、

    仕事がお休みの日は、いつも家で本を読んで過ごしてる感じで

    『自分って つまらない人間だなぁ』なんて思ってたの

     

     

    でもね、そんな風に思う自分が嫌だったし

    『もっと自分を楽しませよう!』と思って

    小さい頃からの記憶を ずーっと たどってみたんだ。

     

    するとね、すっかり忘れていたんだけど

    夢中になってたことが ちゃんとあって

     

     

    だからね、今は時間が出来ると、

    子供の頃、ごはんの時間が来るのが悔しいほどに没頭していた

    好きなことを片っ端から やってるの

     

     

    ここ最近は、アクリル絵の具で色を塗ることと

    お皿や器など、陶芸を同時進行中

     

    そして、『行きたい!』って思ったところには行くようにしてて

    先日も、三輪山に往復2時間ちょっとかけて登ってきました

     

    ひたすら階段で、帰りは脚がワナワナ笑ってた

     

     

    料理することも すっごく好きだから

    今朝、自分のお昼ごはんのためにマフィンを焼いてきて

     

    お昼になるのが待ち遠しくて 待ち遠しくて たまらんかったー(笑)

     

     

    こういった自分の好きなことをしながら いつも、

    『これがサロンのお客さまが喜んでくださることに繋がらないかなぁ』

    って考えてるんだけど・・・

     

     

     

    私自身、食べることが大好きだから、

    サロンで行っているダイエットメニュー

    食べるのを我慢しない方法をお伝えしてる

     

     

    だって、自分が辛いし続けられないって思うことは、

    お客さまにも勧められないから。

     

     

    今日、作ってきたマフィンも、バターも卵も砂糖も使っていなくて

    でも、美味しくって、しょっちゅう作って食べてる

     

     

    そんな風に、工夫次第で

    ココアとおからでチョコレートムースも簡単に出来るし

    あんこも自作したら、超ヘルシーになる。

     

    ダイエットしたいけど、『甘いものを一切食べたらダメ』っていうと

    一時は頑張れても、そのストレスは必ずリバウンドとして返ってくるから。

     

     

    それって、全然しあわせじゃない

     

     

    だからね、そういった『食べる欲求』『食べる楽しみ』も満たしながら

    健康的に美しく、お客さまと二人三脚でダイエットに取り組んでいる

     

     

    たとえば

    私の好きなことをダイエットメニューに組み合わせるとしたら・・・

     

    ダイエットのお客さまに限らず

    キレイになりたい・健康になりたいっていう方がテイクアウトできる

    ごはんやお菓子を作るのもいいかな?

     

     

    ん~っ、でも、あんまりピンとこないかも

     

     

    瞑想が大好きで、この気持ちよさを伝えたい気持ちもあるから

    『五感をフルに使った食べる瞑想会』とかね

     

    たとえば、

    直感で好きな具を選んで 自分たちで おにぎりを作る。

    おにぎりを握る感触を手で味わって

    出来上がったおにぎりを じっくり見て、匂いを嗅いで

    そして ひとくち食べて、味をゆっくり味わう

     

    飲み込んだ時の喉を通る感触とか

    胃に落ちていった時の重みとか

    食べた後の自分の身体の状態とかを感じきる・・・みたいな。

     

     

    食べるしあわせが 存分に味わえそうじゃない?

     

     

    普段、ひとくちを こんなに時間をかけて食べることってないだろうし

    その美味しさを、そこまで味わうことって なかなかしないことだと思うんだ

     

    食べることへの意識や、味わうことの奥深さ、

    その食べ物が出来るまでに関わった人たちの想いとかに気づけたら

    パクパク食べ過ぎてしまうってことが感覚的に避けられたりするかも・・・

     

    それに、ダイエットしたい人って、

    食べることに罪悪感を抱いていたりもするし

     

    そういった負の感情を取り除くことも大事だよね。

     

     

    あっ!

     

    作ったおにぎりをじっくり観察するだけでなく

    おにぎりの絵を描くとかね

     

    そうすると、さらに細部まで慎重に見ようとするでしょ

     

     

    そのおにぎりを、各自が作った陶器に盛り付けるとか・・・ね。

     

     

    適当に言いすぎか

    『私の好きなことを 無理やり全部くっつけました!!!』って感じだよね

     

     

    それか

    お客さまと森の中を散策した後、温泉宿に泊まり

    美容や健康のお話をしたり、セルフマッサージの仕方をみんなで学んだり

    そんな旅行を企画するとか・・・

     

     

    ん~っ・・・

     

    いろいろ自分の好きなこととエステを融合できないか

    そればっかり考えているんだけど

    どれもアイデアがイマイチですな

     

     

     

    でも

    今日もお客さまに施術をさせてもらって思ったんだけど

    何が嬉しいって

    『めっちゃ気持ちよかった~』とか

    『すっごく身体が楽になった』とか

    『お肌がよみがえったわぁ』とかいいながら

    ほころぶお客さまのお顔が見られることが本当に嬉しい

     

     

    そのほころんだ顔を もっともっとパ~ッと輝かせるために

    自分の好きなことが組み込ませられたら最高なんだけど

     

     

    とにかく今日 思ったのは

    私が持っている知識や技術を めぇいっぱい活用して

    お客さまが本来持っている美しくなる・健康になる力を呼び覚ましていく。

     

    そうした変化を感じてもらうことで、年を取ることへの不安を取り除いたり

    今ある悩みが解決する安心感を持ってもらうよう努めること。

     

     

    そういった『真の癒しや喜び』を提供できる自分になりたいなって

     

     

    で、

     

    で、

     

    で、

     

    そのためには 『どうしたらいいのか』ってことなんだよなぁぁあ

     

     

    うん。

     

    きっと何か私に出来ることがあるはずだから

     

    もうちょっと考えよ

     

     

    こんな私の文に付き合ってくださいまして

    本当にありがとうございます

     

     

  • 2019年6月20日

    またまた久しぶりの投稿になってしまいました

     

    実は、

    自分の中で何を発信していきたいのか迷いが出てきてしまって

    その葛藤と闘っております

     

     

    サロンをオープンして15年。

    『エステ』というお仕事に携わってから20年。

     

     

    今まで純粋に

    美容や癒しといったことを提供できることが ただただ楽しくて

    一生懸命になれていたのが

     

    ふと、『もっと違う何かがしたい!』

    『もっとディープなことに触れるようなことをしたい!』

     

    そんな

    自分を急き立てるような思いが沸き上がってきました

     

     

    でも、それが一体 何をすることなのかが分からずモヤモヤしつつも、

    いつもと違う内容を発信してみようと、

    ずっとスピリチュアルなことに心惹かれ、実践していたこともあり

    自分なりの『宇宙と繋がる』的なものを

    先月までの少しの間、ブログに書いてみました

     

     

    でも、何だかしっくりこない

     

     

    嘘は書いていないし、自分で実感したことだけを書いているつもりが

    どこか『こう書けばいい』といった薄っぺらい内容になっていた気がします

     

     

    よくある『いい気分でいれば、いい状況を引き寄せる』だとか

    『感謝すること』『自分のすべてを受け入れる』『ワクワクする方を選ぶ』などなど

     

    そんな表面的なことばかりを並べて

    熱い想いも、私らしさもまったく感じられない文章。

     

     

    そこには、違和感しかなく・・・

     

     

    それで、つい書く手を止めてしまいました

     

     

     

     

    私は自分自身を探究することには かなりの時間を割いてきている方だと思っていて

    生まれてから現在までの自分を振り返り

    自分の好きなことや嫌いなもの・どんな時にどんな感情が湧くか、行動の傾向など

    事細かに洗い出し、分析し、

    自伝のようでもあり、自分の『取扱説明書』みたいなものを作ったりもしてきました

     

     

    それでも、まだ『自分はコレをしたいんだ』と確信めいた

    スッキリ感・解放感・満足感には行き着けず・・・

     

     

    まだ、本来の自分が心の奥底から求めている部分が

    隠されているような気がしています

     

     

     

    今の仕事が大好きなのは確実なの

    本当に大好き

     

    これは迷いなく言い切れること。

     

     

    でも、そこに何かが足されたい気がして仕方ないの。

     

     

    プラスαの、私にしか出来ない何か・・・

     

     

    『それを見つけたい』って今、

    さらに自分自身と向き合うことに真剣に取り組んでいます

     

     

     

    昨日ね、夢を見たの

     

    寝そべった人が一人、ギリギリ通るくらいの筒状の暗い穴があって

    うねうねと曲がりくねりながら

    地下深くへと滑り降りていくの。

     

     

    プールにあるウォータースライダ―みたいな

     

     

    ん~っ・・・

    それよりも、『腸』みたいな場所っていった方が近いかも。

     

     

     

    どんどん滑り降りていくとね、ボワ~ッとオレンジ色のような明るさが見えてきて。

     

    焚火のような温かい光で満たされたような場所。

     

    何だか地球の真ん中のマグマに出会ったような

     

     

     

    その時に

    『人間の奥深くには、こんなに温かく優しい場所があるんだ』って思ったの。

     

    感覚的には、子宮の中・・・

     

    子宮の中で赤ちゃんが感じている安心感みたいな

    ホッとするような感覚に満たされたの。

     

     

    誰にだって、こんな慈愛に満ちた部分を持っているんだって

    胸が震えるくらいに感動したんだ

     

     

     

    それで

    『人の奥深くにある温かい気持ちを引き出したい』

    『誰しもが持つ相手を思いやる温かい心で、この地球を満たしたい』

     

    そんな言葉が、抑えきれないほどに強く湧いてきたの

     

     

     

    それこそが私のやりたいことだって。

     

     

     

    そう。

    そこまでは分かっているの。

     

     

    でも、だから そのために何をしたらいいか

    それが分からなくて

     

     

    ぼんやりとは見えかけてきているんだけれど

     

    つかめないし、

    それを目を凝らしてジッと見ようとすると

    消えてしまいそうに色が薄くなり

    陽炎のような残像だけになる。

     

     

    でもね、それを発見したい焦りがありつつも

    『きっと見つかる』という根拠のない確信に

    不思議と ちょっと今、ワクワクしています

     

     

    しばらく こんな『自分発見の旅』と題して

    このブログを使って、自分の奥深くを探りながら

    『私らしい新しいサロンの形』を完成していきたいなって思っています

     

     

    『ブログをそんなことに使うなよ!』って言われてしまいそうですが(笑)

     

     

    でも、もしかしたら こういった経緯を書くことで

    誰かの『本当の自分を発見する旅』のお役に少しでもなれるかも・・・

    といった思いも込めて

     

     

     

    でもね! でもね! もちろん言うまでもなく

    サロンでは、最高の自分を発揮できるようモチベーションを保ち

    お客さまに喜んでもらえるものを全力でご提供しておりますよ

     

     

    ただいま

     

    おかげさまで15周年

    お客さま感謝キャンペーン実施中

     

     

    紫外線に負けないお肌づくりや、

    浴びてしまった紫外線の徹底ケアをモリモリ盛り込んだ

    この時期ならではのお手入れを

    キャンペーン価格で今月末まで行っております

     

     

    『こんなにお肌が白くなってビックリ!』

    『手触りがツルツルで気持ちいい』

    『至福の時間で、終わってしまうのが悲しかった』

     

    そんな嬉しいお言葉をいただいている

    超おすすめメニューとなっております

     

     

    ご興味ありましたら、ぜひお気軽にお問合せいただけたら嬉しいです

    Beauty air Yuki

     

     

     

    最後までお読みいただきまして、本当にありがとうございます

  • 2019年5月24日

    今日はグンッと気温が上がって、陽射しが『真夏』って感じ

     

    そんな中、お越しくださったお客さまが

    『そろそろ日焼け止めって塗った方がいいかしら?』って

     

     

    いやいや、『そろそろ』って

     

    環境の悪化もあるから

    そんな悠長なこと、言ってられない時代ですよ~

     

     

    日焼け止めは一年中塗ってください

     

    『暑くなったから塗る』とかではなく、

    一年中、紫外線は降り注いでますからーっ

     

     

    紫外線にも種類があってね、

    真っ赤な炎症を起こしてしまうような紫外線B波は、

    冬場には その量がグッと減るんだけど、

     

    ハリや弾力を作り出すコラーゲンやエラスチンといったものを傷つけてしまう紫外線A波は

    B波の20倍以上も降り注いでて、冬でも かなりの量が地上に届いてるの

     

    窓ガラスも通り抜けて室内にまで入ってくるから

    安心なんて出来ない

     

    この紫外線A波が、シワ・たるみを引き起こす原因のひとつ。

    だから、日焼け止め対策は、一年中必要なんです

     

     

     

    でもね、

    紫外線対策はバッチリな人でも

    もうひとつ気をつけてほしいことがあってね・・・

     

     

    それが、『近赤外線

     

    この『近赤外線』も太陽光に含まれているんだけど

    紫外線A波よりも、さらに深い組織にまで到達するから、

    お肌に与えるダメージが大きいの

     

     

    紫外線A波やB波は、炎症を起こしたり、乾燥したりといった影響が

    すぐに出て、症状的に分かりやすいんだけど、

    この近赤外線は、奥深くでジワジワとダメージを与えていくから

    気づきにくいんだ

     

     

    だから、早め早めに しっかりケア

     

     

    その対策としては、

    近赤外線を防いでくれる日焼け止めを選ぶことも、もちろんだけど、

    陽射しを浴びる前に、近赤外線によるダメージを

    受けにくいお肌にしておくことが大事

     

    近赤外線がね細胞内に吸収されると

    活性酸素が発生して、細胞が酸化が進み、老化していくの

     

     

    だから、日頃から酸化しないように

    抗酸化作用のあるお化粧品でお手入れすることを

    おすすめしています

     

     

    お肌のお手入れは、ダメージを受けてからではなく

    ダメージを受ける前に、事前に対策

     

     

    美容は『予防第一』ですよ~

     

     

    今年の夏も、しっかりケアで

    安心して、思いっきり楽しんじゃいましょう

     

     

    もし、その方法に不安や疑問などありましたら

    いつでもご相談くださいね

     

     

     

  • 2019年5月23日

    帰り際にお客さまが

    『今から、ママ友とのランチなんだけど、気が乗らなくて・・・』って

     

    あちゃー! それは気が重い

     

     

    多くの方から、ママ友さんたちとの関係に

    窮屈さを感じているお話を ちょいちょい伺いますが

    本当に皆さん、頑張ってらっしゃる

     

     

    無理して付き合わないといけないのは、

    子供が学校で楽しく過ごせるため?

    それとも、自分が学校に行った時に寂しくないように?

    陰でコソコソ悪口を言われないためかな・・・?

     

     

    もしね、

    本当に楽しくて参加してるならいいんだけど

    『断れないし・・・』というイヤイヤな気持ちを引きずりつつ、

    『仲間外れになったら不安』という恐怖心から

    お金払って食事してるなら、もったいなーーーい

     

     

     

    分かるよぉぉお

    人づき合いって大事

     

    それは本当にそう思います

     

     

    だから私は、

    ワクワク過ごせるママ友との集まりには

    積極的に参加してました

     

     

    でも、それ以外で、『行きたくないな』って思うお誘いは

    お仕事を理由に、やんわりお断りして

     

     

    一度ね

    『そりゃ母子家庭やもん。必死で働かなあかんわな』な~んて言われちゃって

     

    『あらっ? 何かちょっと嫌な感じ???』と短気な私はモヤっとしましたが

    『そうなの~』って笑って、チャッチャと帰ってきました

     

    私は、娘が3歳になる前に離婚しているから。

     

     

    ちょっと その言葉に胸がチクリとしたんだけど

    でも、それからは、その言葉を自虐ネタのように使って

    自分がやりたくないことや義理での付き合いなど、

    嬉しくも楽しくもないお誘いを断る場合の常套句にしてました

     

    『母子家庭だから、必死に働かなあかんでさ』って。

     

     

    でも、『母子家庭だから大変よね~』とかいう言葉。

     

    私のひがみかもしれないけど

    『ちょっと上から目線ですか?』と感じちゃったのね

     

     

    すると、言われたその場だけでなく、

    家に帰ってからも、またその後も、その後も

    ちょいちょいちょいちょい頭の中にその言葉が浮かぶの

     

     

    たった1回しか言われてなかったとしても

    何度も何度も蘇って、嫌な気持ちになる

     

     

    そうすると

    自分が集中したいことから気がそらされてしまうし

    そんなことに時間や気持ちを奪われていると、

    本当にしたいことが出来なくなってしまうんだよね

     

     

    私の場合、私の感情が

    お客さまにも伝わっちゃう可能性があるでしょ

     

     

    癒されにお越しくださっているお客さまに

    そんなイライラとかが伝染されちゃったら大変

     

     

    だから、自分の気持ちを奪われるような行動は

    少しずつ減らしたり、避けたりしながら、

    その代わりに自分が楽しめる、有意義に感じる行動を増やしてます

     

     

    『そう簡単にはいかないよ~』

    『Yukiさんは、ママ友の付き合いを知らなさすぎ』

    って声も聞こえてきそうですが

     

     

    でもね、好きな人とだけ付き合っていくことは無理なのかな

     

    好きなことだけしながら生きていくことは無理なのかな

     

     

    『今の方法しかない』『仕方ない』って思いこんでるだけで

    実は、他に自分の気持ちを優先させる方法があったりするんじゃないかな

     

    考えることすら諦めていただけで

    本当はあるかもしれないよ

     

     

    ちょっと、自分を楽にする方法はないか

    想像を膨らませてみてください

     

     

    せっかくの人生。

    限られた時間なんだもん!

    1分でも1秒でも、自分を幸せにする時間を増やしてみてくださいね

     

     

    【今日のメッセージ】

     

    ちょっと顔を上げ、遠くを見てごらん

     

    景色はこんな風になってたんだね

     

     

    下を向いていた時の狭かった視野

     

    暗い視界から少し目を上げるだけで

    明るい光が入ってくる

     

    そこには、喜びを分かち合え

    ステキな未来を一緒に創造していける友がいる

     

     

  • 2019年5月22日

    今日は『セルフケア講座』の日

     

     

    それは どういったものかというとね

     

    お化粧品を購入してもらう時に

    使用する量や使うタイミングなど、『お化粧品の使い方』を

    ご説明させてもらうんだけど

     

    それでもやっぱり、日が経つにつれ

    使い方が『自己流』になっていることが多くて

     

     

    先日もね、当サロンで扱ってるお化粧品は

    使う順番が、オイルを塗ってから化粧水をつけて『終了!』といった

    シンプルなお手入れなんだけど、

     

    出回っているお化粧品の多くは

    化粧水を塗ってから乳液やクリームといった油分を補う方法が一般的

     

    だから、そのイメージもあってか

    使い続けているうちに

    順番が逆になってることがあるの

     

     

    化粧水を塗ってからオイル・・・っていう風に。

     

     

    それだと、せっかくの効果が半減しちゃう

     

     

    それだけでなく

    『適量』が、全然足りてないってことも

     

     

    『もったいない』って気持ちから、

    ちょっと使う量を減らしてしまうってこともあるかもしれないけれど、

    適量を塗ることで、そのお化粧品の効果って、実証されているものなので

    適量を塗らなかった場合、その求めている効果が出にくいってことになるんだ

     

     

    それって、せっかく使ってもらっているのに

    『効果を感じられない』という

    逆にもったいないことになってる

     

     

    だから、そういった日頃のお手入れ方法の確認や、

    さらに効果的な使い方、

    他にも、お肌にとって負担になることとか

    基礎化粧品を使うついでにできる小顔マッサージなどなど・・・

     

     

    しっかりと実践もまじえながら

    『どうして、そうすることがいいのか?』ってことが腑に落ちるよう

    盛りだくさんの内容で行っております

     

     

     

    そしてね、この講座では、

    私がサロンでご提供しているお化粧品以外のものを使っている方にも

    役立ててもらえる知識が満載なので、

    今日のお客さまも、市販のお化粧品をお使いの方でしたが

    ちょっと使い方を変えただけで、グンッと効果を感じていただけたので

    めっちゃ喜んでもらいました~

     

     

    そのお顔を見られることが、最高に幸せ

     

     

    ・ 自己流でのお手入れに ちょっと不安を感じていらっしゃる方

    ・ お化粧品の効果を あまり感じられていない方

    ・ 忙しすぎて、エステなどお手入れに通う時間がない方 etc…

     

     

    ぜひ、『セルフケア講座』で、その不安やお悩みを解消してみませんか?

     

     

    今日もホントによく笑ったなぁ

     

     

     

  • 2019年5月21日

    今日は、お客さまからのキャンセルが重なって

    一日、ポッカリと空いてしまったの

     

    つまり、お客さまが0人・・・

     

     

    そんな時、『お客さまがゼロだなんてヤバすぎる

     

    ・・・なんて焦ってしまいがちなんだけど・・・

     

    そんな時こそ、二かッて大きく笑って

    『きっと嬉しい驚きが待ってるぞ~』なんて思うようにしてるんだ。

     

    たとえ、そのままお客さまが誰も来なかったとしても

    『やりたかったことが出来てラッキー』って前向きに捉える。

     

     

    だから今日はね

    『開店時間までにサロンに着けばいいかぁ』なんて

    いつもより朝をのんびり過ごしてたの

     

    その時間が超しあわせ~

     

     

    でね、ふと

    『あっ! ゆっくりお昼ごはんを食べる時間があるんやん』って思って

    大好きなマフィンを焼くことにしたんだ

     

     

    最近のお気に入りマフィンは

    おからパウダーときな粉・羅漢果を使ったヘルシーなもの

     

     

    でも~っ、こってり好きな私は

    そこにチーズも入れてボリュームアップさせるんだけどね(笑)

     

     

    もうね、それを作ってる時間が楽しいし

    焼ける匂いがたまらないし

    お昼ごはんが『マフィン』ってだけでテンションが上がる

     

     

     

    そんなウキウキした気持ちでサロンまで車で走っていたら

    鮮やかな黄色の車とすれ違ったの

     

    『わっ! めっちゃ元気が出る色やん。今日はとにかく楽しくやれってことか』って思ったり

     

    自分の誕生日と同じナンバープレートを見つけると

     

    『おっ! ラッキー!! 今日は絶対ツイてるぞ』って思ったり

     

     

    そんな風に、自分なりにすべてをいい様に解釈しています

     

    もちろん、これは『こじつけ』でいいの。

     

    自分がそう思って、

    楽しい気分になれたら

    それでいい

     

     

    『誕生日と同じナンバーを見ると、ラッキーなんですか』なんて

    理由はいらない。

     

     

    サロンに着いてからも、生えてた雑草を抜いた時に

    スルッと根っこから引き抜けただけで

    『お~っ! 今日はいいことあるよ~』なんて。

     

     

    おかしいかもしれないけれど

    でも、そうやって自分で『いい事ある』って思っていたら

    本当にラッキーなことって起こるんだよね

     

     

    実際、『今から空いてますか?』ってお問い合わせをいただいて

    結局、一日、めぇいっぱいお客さまに恵まれました

     

     

     

    他の人が聞いたら

    『何でそんな事をラッキーと思えるの?』っていうような

    無理やり感でいい

     

     

    信号が赤から青に変わるタイミングで交差点に着いて

    ブレーキを踏まずに通れた時には

    『ツイてる~』ってひとりガッツポーズ

     

     

    100gの小麦粉を量りたい時に、ぴったり100gだった時には

    『ヨッシャ―』って思わず声を出す

     

    夜中に目が覚めて時計を見た時に、『3:33』とかのゾロ目だったら

    『これは何かいいことの前ぶれやわ』なぁんてニヤニヤして眠る

     

     

    もうね、どんなことも、どんなネガティブにしか思えないことも

    とにかく無理やりにでも自分にとって都合のいいように

    解釈してみて!

     

     

    そうすると、絶対、いい展開が待ってるから

     

     

     

    【今日のメッセージ】

     

    今がどんな状況だったとしても

    あなたに実りをもたらしてくれる

     

    どんなに寂しい気持ちだったとしても

    探ればきっと、優しく穏やかな感情を見つけられる

     

    進むのを妨げるような重厚な壁が現れても

    それがあなたを寄りかからせてくれる

     

    すべては

    あなたを成長させるに ふさわしいものばかり

     

    あなたの人生は、とっても愛されてるから

     

     

1 2 3 4 5 6 18