三重県鈴鹿市、白子にあるエステサロン ビューティエアーユキ。ベッド1台の完全なるプライベート空間。手の温もりを大切した1回で結果を出す小顔や美脚トリートメントが人気

ブログ
Blog

  • 2018年2月25日

    今日はサロンの定休日

    自宅で、カタカタとパソコンに向かってます

     

     

    そばで娘がスマホを触ってる。

     

     

    ずーっと触ってる

     

     

    『いつまで携帯見てるの?』なんて言っても

    『調べたいことがあるから~』と、ずーっと見てる

     

     

    もうすぐ学期末テスト

    『スマホで調べものをしている』と言われると、何も言えない

     

     

    ホントに勉強をしているのかは、疑問だけどね(笑)

     

     

     

    それにしても、見ている時間が長いっ

    それに、そのスマホを見ている姿勢、気になるわ~

     

     

     

    そんな娘を見ていて思う。

    なるほどなぁ・・・

    スマホを触ってる時って、こんな感じなんだぁ・・・って

     

     

     

    私もよくスマホを使うし、

    気づいたら『どんだけ?!』ってくらい時間が経っている事がよくある。

     

     

    でも、スマホを使っている時に、

    自分の顔がどうなってるかだなんて、意識したことなかったけど、

    画面に集中してる時って、あんなに無表情になるんだね・・・

     

     

     

    娘は、まだ高校生

    だから、『たるみとは無縁です!』って感じで、

    悔しいくらいにパツッとお肌が張ってるけど

     

    でも、もし、あの姿が私だと仮定したら・・・?

     

     

     

    あんなに下を向きっぱなしだったら、顔のお肉がダラリと垂れる

     

     

    よく聞くよね

    顔の下に鏡を置いて、それを覗き込んだ時の顔は『10年後の顔』とかって。

     

     

    恐ろしい顔になる

     

     

    それに、あんなに無表情だと、顔の筋肉が凝り固まってしまうし

    それに何より、あの猫背っぷり

     

     

    顔に影響を与える筋肉って、顔だけじゃなくて、背中や首・肩も関わってくる。

    猫背になることで、そういったところの筋肉が凝る。

    すると、顔への血流やリンパの流れが悪くなる。

     

     

    つまり、

    お肌に十分な酸素や栄養が行き届かない状態になる。

     

     

    んじゃ、老けるよね

     

     

     

    それに、あんなにジーッと見てるから、瞬きも少ない

    目も疲れるから、目の周りの筋肉もコリまくりだよ

     

     

    ウワァ~ッ 携帯の触り過ぎって、一気に老けるな

     

     

     

    自分も気をつけよ。

     

     

    ・・・とは言っても、

    お仕事などの関係で、どうしてもパソコンやスマホなどから離れられない人も絶対いるから。

     

    そんな時は、必ず筋肉のコリをほぐすことを

    気にしてみてくださいね

     

     

    ・目が疲れて、まぶたが下がってきた

    ・顔のたるみが、全然解消されない

    ・肩が凝って、頭痛がする

     

    そんなお悩みがありましたら、ぜひお気軽にお問合せくださいませ

    Beauty air Yuki

     

     

    最後までお読みくださいまして、本当にありがとうございます

     

     

     

  • 2018年2月24日

    お客さまから

    『太ると、鼻もブタ鼻になるって気づいたんだよね』ってお話をされて

     

     

    太ると、身体だけでなく顔にもお肉がつくからね~

    鼻も大きくなっちゃうよね~

     

     

    それに、ブタ鼻って

    正面から鼻の穴が見えてしまう形の鼻をいうんだけど

    太ると鼻の下にもお肉がつく。

    すると、重たさで鼻の下の皮膚が下に引っ張られるでしょ。

    すると、鼻の穴が伸びて、正面から丸見えになっちゃうんだ

     

    だから顔に脂肪がつくと、鼻の穴がブタさんみたいに上向きになっちゃう

     

     

     

    『鼻の下に脂肪がつく?! こんな所にですか?!』って感じですが

    そりゃ、頭だろうが、足の小指だろうが、

    あまり太ることを意識していないパーツにだって、脂肪はつきますよ

     

     

     

    でも、『太る』だけが、鼻の存在感を大きくしているわけではないんです

     

     

     

    頬やアゴのたるみを何とかしたくて、マッサージする方は多いと思います。

     

     

    でも、実際、鼻を意識してマッサージしてる人って

    どのくらいいるのかな?

     

     

     

    鼻って、顔の中心にあるから、実際はよく目立っているパーツなはず。

    でも『鼻のたるみを取りたい』とか『小鼻の幅を小さくしたいんです』とかは言われない。

     

     

    それって、多分、鼻は美容整形しない限り、仕方がないモノって思われているのか

    骨で支えられていて、変化しないモノって思われているのか・・・

     

     

     

    でも実際は、鼻の骨って軟骨だから、柔らかくて変化しやすいの。

     

    それにね、鼻の形って、驚くことに『加齢』ととっても関係がある!!

     

     

     

    加齢とともに顔がたるむでしょ

    すると、頬や口角が下がり、それにつられて小鼻も引っ張られて横に広がるから

    だんだん だんだん 鼻の幅が横にのべ~っと広がってくるの。

     

     

    すると、鼻の穴も広がるよね。

    1.5倍も大きくなると言われてるよ

     

     

    加齢とともに、顔全体がそんな風に下がると・・・

     

    そうだ!

    一度、おでこに手のひらをピタ~ッと当ててみて!

    そして、その手を上にグッと持ち上げてみて!

     

     

    ほらっ!

    鼻筋がスッと通り、小鼻が小さくなるの分かったかな

     

    そんな風に、顔のたるみが鼻の形に影響してる。

     

     

     

    ディズニーに出てくるような魔女のおばあさんって

    鼻先が下がってるでしょ?

     

     

    魔女3

     

     

    あれは、そんな風に鼻先を下げて描くと、老けて『おばあさん』に見えるから。

     

     

    つまり、鼻先が垂れたり、小鼻の幅が広がるって、老けてみられてしまうんだ

     

     

    だからやっぱり『鼻の形が気になる』って思ったら

    顔のたるみ、鼻のたるみを取っていくことが大事!

     

     

    そのためには、やっぱり筋肉にアプローチしかない

     

     

    だってね、それは、顔の脂肪や皮膚を支えているのは、土台である筋肉だから。

     

    この筋肉が若々しくなければ、顔の見栄えが老けちゃっても仕方ない

     

     

    でも、筋肉の弾力を取り戻すことは可能だから、大丈夫

     

     

    ・太ってしまったけど、小顔になりたい

    ・鼻筋が通ったスッキリ顔になりたい

    ・ボテッとした鼻を小さくしたい

     

    そんなお悩みがありましたら、ぜひお気軽にお問合せください

    Beauty air Yuki

     

     

    最後までお読みくださいまして、本当にありがとうございます

     

     

     

     

     

     

     

     

  • 2018年2月23日

    『顔のたるみが気になる~』『ホウレイ線が気になる~』と思って

    セッセとお肌のケアをされている方、多いと思います。

     

    もちろん、お肌のお手入れは大事

     

     

     

    でも、それだけで十分ですか

     

     

     

     

    顔ってね、骨格があって、その上に『筋肉』『脂肪』と重なって

    その上に ぺらんと皮膚が乗っているの。

     

     

    だから、その皮膚を支えている『土台』にも気を配らなければ

    たるみだって、シワだって、満足いく結果は出ない

     

     

     

    若い時には、ふっくらしてた愛らしいほっぺた

     

    それが、年齢とともに、ホウレイ線が目立ってきたり、

    ブルドックちゃんみたいに頬が垂れ下がってきたり

    アゴの下がタプタプして首との境目が曖昧になってきたり・・・

     

     

    そんな感じになる

     

     

     

    それは、若い頃には伸縮自由自在だった元気な筋肉が、

    そのポニョポニョした頬のお肉をグイッと持ち上げてくれていたから。

     

     

     

    でも、筋肉も衰えるでしょ。

    すると、持ち上げる力もなくなるよね

     

     

     

    それなのに、たるみやシワを改善したくて

    皮膚だけを触って何とかしようとしたって、無理なんです。

     

     

    だって、その皮膚を支えているのは筋肉だから

     

     

     

    たるみが出るのは、筋肉が衰えてきた証拠

     

    顔の筋肉が衰えてしまったために、その上にある脂肪を支えきれなくなる。

    支えきれなくなった脂肪は重たいから下に下がる。

    それがたるみの原因。

     

     

    顔がたるむと、印象的には老けて見えちゃうのがイヤ・・・

     

     

     

     

    それにね、顔の筋肉が衰えると、もれなく余分な脂肪もつきやすくなるの

     

     

     

    コロコロと表情を生み出せるのは、

    『表情筋』という多くの筋肉が複雑に入り組んでるからなんだけど

     

     

    でも、その表情筋のうち、日常的に使われているのは たった3割くらい。

     

    だから、使われることのない筋肉は衰えがちになる。

    すると、やっぱり筋肉って動かさないと新陳代謝も低下するから

    脂肪がつきやすくなるし、一旦ついてしまった脂肪は燃えにくい。

     

     

    すると、どんどん どんどん重たくなって、顔のたるみが酷くなる

     

     

     

    このスパイラル、何とかしたいよね

     

     

    だから『筋肉へのアプローチ』が、何と言っても大事なんです!!!

     

     

     

     

    当サロンでは、美肌だろうがダイエットだろうが

    筋肉にしっかり向き合っていきますよ

     

     

    筋肉状態の改善なくして、健康美はあり得ませんから

     

     

    ・顔のたるみを何とかしたい

    ・フェイスラインがぼやけてきた

    ・まぶたが下がって、目が小さくなってきた

     

    そんな『たるみ』でお悩みの方、ぜひお気軽にお問合せくださいませ

    Beauty air Yuki

     

     

    最後までお読みくださいまして、本当にありがとうございます

     

     

  • 2018年2月22日

    振り返ってみると、私はお客さまにいつも言っている言葉があります。

    それは、『筋肉のコリを取っていきましょうね~』ってこと

     

     

    『顔のたるみを取りたいんです』

    『シミを薄くしたいんです』

    『脚がむくんで辛いんです』

    『痩せたいんです』

    『生理痛がひどくて薬が手放せないんです』

     

    いろんなお悩みをかかえて、訪れてくれるお客さま。

     

     

    でもね、その理由が顔であろうと身体であろうと、

    シワであろうとシミであろうと、

    とにかく言う事は『筋肉のコリをまずは取っていきましょうね~です。

     

     

     

    というのも、これら悩みの根本原因は、すべて『筋肉のコリ』にあるからです

     

     

    だから、どんなお悩みを訴えられても、筋肉にアプローチをしていく大事さだけは変えません!!

     

     

     

    それをお伝えした時のお客さまの反応としては

    『コラーゲンとか入れて、キュキュッと一瞬で引き上げてよ~

    『すっごくよく効くお化粧品で、今すぐこのシミ消してよ~

    そんなもどかしい気持ちが、ひしひしと伝わってくることもありますが・・・

     

     

    そこは譲れません(笑)!!!

     

     

     

    でもね、たとえば、

    そういったお化粧品でお手入れした後、『わっ!キレイになったぁ』って嬉しくなる。

    でも、翌日、元に戻っていたとしたら・・・?

     

     

    一旦キレイになったことを大喜びした分、

    翌朝、鏡を見て『たるんでるやん!』って思った時のガッカリ感

    『やっぱり持続させるって無理なんだ・・・』って諦めの気持ちが湧いた時の喪失感

     

    落ち込むし、腹立つし、哀しくなるし・・・やりきれない気持ちになる。

     

    だから、『その場限りの満足』って、全然私の目的ではなくて・・・

     

     

    ここは、お客さまが『どう思うか』というより、

    『そんなお手入れはご提案したくない』っていう私の気持ち優先でスミマセン

     

     

    あっ

    もちろん、ご来店された時より、望まれている状態には近づけますし、断然キレイになってます

    お越しいただいた時より、帰られる時のが悪くなってた・・・なんてことはありませんからご安心ください

     

     

    特に私、たるみを引き上げたり、小顔にするの、得意ですから、ぜひお任せください

     

     

    でも話を戻すけど、

    美容成分にだけ頼るという そんな表面的な取り繕いだけをしていて、

    この先、年齢を重ねていくことって怖くありませんか?

     

     

    どんなに抗っても、歳を取っていくことからは逃れられない。

    だからって、美容成分にばっかり頼っていたら、今から10年後、何を使いますか?

     

     

    お化粧品のアイテム数が増え、高価なものに頼らないと不安になって

    それでも思うような結果が出なくて、『どうせ歳だから』と自分に言い聞かせるようになって・・・

     

     

    これは、ちょっと悲観的すぎたかもしれませんが

    でも少しでもそんな気持ちにならないためにも

    身体の構造や仕組みをきちんと知って、身体が求めることをしていけば

     

    いつまでも若々しく、健康で、自信を持って生きていけると思うんです

     

     

    そんなキラキラした女性を増やしたいと思って、このお仕事をさせてもらっています

     

     

     

    とにかく、血液やリンパの流れを阻害しているのは『筋肉のコリ』!!

     

    それを取り除かない限り、身体の隅々にまで十分な酸素や栄養が行き渡らず

    それでは、代謝が落ちて当然です。

     

     

    まずは、今のお肌や身体の悩みを作り出している原因にアプローチし、

    根本のところから変えていく、それが本当の美しさや健康を生み出すと思っています。

     

     

    抱えていらっしゃる悩みを解消し、これからの人生を明るく楽しく

    そして健康美溢れる自分に恋をしながら、充実した日々を過ごしていきませんか

     

     

     

     

    ・何を使ってもお肌が改善しない

    ・一気に老けたような気がして、人に会いたくない

    ・毎日疲れが取れなくて、身体がだる重い

     

    そんな悩みを抱えていらっしゃいましたら、ぜひお気軽にお問合せくださいませ

    Beauty air Yuki

     

     

    最後までお読みくださいまして、本当にありがとうございます

     

     

     

     

     

  • 2018年2月15日

    前回のおさらい

    筋肉のコリは、 ” 乳酸 ” という疲労物質が蓄積することによって引き起こされ、

    その乳酸は ” 酸素 ” を与えることによって分解される。

    ・・・ということでした

     

     

    そこで、コリを解消すべく、いよいよ『酸素』のお話をしていきますよ

     

     

     

    みなさーん、『酸素』を意識して摂っていますか

     

     

     

    『酸素』って、人が生きていくには必要不可欠な ありがた~いものなんだけど

    深呼吸をするとかって場合などは別にして、日頃生活を送っている中で

    『今、酸素が入った!』とか『今、私、酸素を吸うの忘れた!』とか

    考えながら呼吸している人って、少ないと思うんです。

     

     

    あまりに当たり前に酸素が入ってきちゃうから

    体内の酸素量が足りてるかどうかなんて、気にしないんじゃないかな・・・

     

     

     

    でもね『酸素』って、冒頭にも書いたように、

    筋肉のコリの原因である『乳酸』を分解してくれたり、

    他にも、血圧や自律神経を安定してくれたり、細胞の代謝だったり、脂肪を燃焼してくれたりと

    私たちの身体の中で、いっぱい いっぱい重要な働きを担ってくれているんです

     

     

     

    私たちは絶えず、呼吸によって体内に酸素を取り入れています

    『だから十分に足りている!』って思っていませんか?

     

     

     

    でも実は、

    呼吸で取り込んだ酸素が、凝っている筋肉まで運ばれる分なんて、ホントしれてるんです!

     

     

    ・・・というのもね、

    酸素は、血液に乗って身体のあちこちに運ばれていくんだけど、

    まずは、生きていく上で一番重要なところ、例えば、脳とか内臓とか

    そういった場所から先に使われていくのね。

     

     

    そして、肩が凝っていようが、お肌が荒れていようが

    生死にかかわるようなところでない筋肉や皮膚には、余った分だけがようやく回されるってわけ。

     

     

     

    でね、私たちが住む今の地球は、年々酸素濃度が低下してるし

    それに、年齢とともに呼吸で取り込める酸素の量も、だんだん減っていくから

     

    だから、私たちの筋肉や皮膚は、常に酸素不足状態

     

     

     

    そんな酸素量じゃ、乳酸を分解するには全然足りない!!!

     

     

    足りてないから、こんなに肩コリやいろんな不調に悩まされている人が多いんだよね

     

     

     

     

    私のサロンにわざわざ来てくださるお客さまには

    辛いコリから解放されて、毎日ハッピーでいてもらいたいから

    いつも辛い箇所に酸素を供給してもらってます

     

     

    うちでは、不調を感じる箇所に酸素を入れるのが当たり前なんです

     

     

     

     

    さっきから『酸素を供給する』とか『酸素を入れる』とか

    一体、何???

     

     

     

    ・・・って感じですよね(笑)

     

     

     

    先ほども言ったように、

    呼吸から取り入れた酸素を、辛い箇所に届けることは出来ないですよね。

     

     

    だから、届けたいところに酸素を塗るんです

     

     

     

     

    酸素って、そのままではお肌に取り込むことは出来ない。

    そこで、私がお勧めしている高濃度酸素オイルO2クラフト

     

     

     

    これはね、とっても不思議なんだけど、ホントの話

    塗るだけで、直接皮膚から酸素を供給することが出来る優れモノ!!!!

     

     

     

    直接酸素をお肌から入れていくって、凄くないですかぁ~っ

     

     

     

    ・・・と、調子に乗ってきたところで、今日はおしまい

     

     

    ・ 肩コリや腰痛が辛くて・・・

    ・ 身体の疲れがなかなか取れない

    ・ 脚がむくむし、いつも手先・足先が冷たくて・・・

     

    そんなお悩みがありましたら、ぜひお気軽にお問合せくださいませ

    Beauty air Yuki

     

     

     

    最後までお読みくださいまして、本当にありがとうございます

     

     

  • 2018年2月14日

    前回のブログ

    『筋肉は、疲労物質 ” 乳酸 ” の蓄積によって硬く凝ってしまうため

    その乳酸を分解すれば、コリが取れ、筋肉に弾力が戻り、血液循環が促され、疲労が回復される』

     

    そんな事をお伝えしました。

     

    そして、その『乳酸』を分解するには酸素を供給したらいいと。

     

     

    じゃあ、どうやって酸素を供給するの?

     

     

    ・・・ってことなんですが、でも、その前に

     

     

    どうしてこんなに肩コリに悩まされている人が多いのか考えてみましょ

     

     

    例えば、体重が60㎏だとすると、頭の重さは5~6㎏くらい。

    2リットルのペットボトルが3本分にもなる

     

    想像するだけで、かなり重そう

     

    ペットボトル3本も乗っけられている首や肩周辺の筋肉って、疲れて当然だよね

     

     

    でもね、ちゃんと頭が背骨の真上に乗っかっていたら

    バランスよく支えられて、重たさも分散されるの。

    でも、猫背とか姿勢が悪かったりすると、頭が前に傾くので、

    その傾く角度が大きければ大きいほど、首や肩には相当な負荷がかかってしまう。

     

     

    例えば

    寝ている子供を抱っこするのって、相当重たく感じるでしょ?

    それは、起きている時はバランスを取ろうと子供が重心を合わせてくれるんだけど、

    寝ているとダランと力が抜けて、抱っこしている人から子供の重心が離れてしまうからなの。

     

    すると、子供の重たさを支えるために多くの力が必要となる

     

     

    それと同じで、頭が身体の中心から離れれば離れるほど

    つまり、パソコンとか携帯とか見る時に、首が傾けば傾くほど

    重たい頭を支えようと、首や肩周辺に多くの力が必要となってしまうの

     

     

     

    また、こんな考え方も出来るよ

    例えば、倒れた自転車を起こす時

     

    サドルだけを持って起こそうとすると、ハンドルと前輪がぐわんぐわんと動いて起こしにくい。

    でもハンドルを持って起こせば、前輪と後輪がカチッと固定されて起こしやすい。

     

    無駄な力を使わずに自転車が起こせて、楽さが全然違うと思うんです。

     

     

    それと同じで、頭と首・肩が正しい位置で安定していれば、無駄な力を必要とせずにすむ。

     

     

    こんな風に、重心のバランス次第で、首や肩にかかる負荷を軽減できるの

     

     

     

    首や肩が凝るとかって、『大したことない』って思われがちですが

    首は頭を支えているだけじゃなくて、身体と脳の神経をつなぐ役割も持っている大事なところ。

     

    それに、首や肩が凝るのは、その部位だけの症状では収まらず

    背骨、骨盤、腰椎のゆがみへと、全身に影響を及ぼしていくものなんです

     

     

     

    頭が前に傾き、肩が前に巻き込み、背中が丸まり、お腹がポッコリ出て、お尻が垂れる・・・

     

     

    そんな『おばちゃん体型』になりたいですか

     

     

     

    だからね、筋肉のコリを酸素を供給して取り除く、その方法を知るのは大事!

    でも、筋肉を日常生活の中で凝らせない心がけも大事。

     

     

    だから、

    『あとで酸素を与えたら楽になるんだし、このままでOK』なんて思わずに

    普段から負担のかからない姿勢を意識して過ごしてもらえたらなぁ~って思います。

     

     

     

    さぁ、いよいよ次回は『どうやって酸素を筋肉に供給するの?』について

    書いていきたいと思います。

     

    ・・・多分(笑)

     

     

     

    『首や肩が凝って辛い』

    『肩コリを解消したいんだけど、何をしたらいいのか分からない』

    『肩が凝って、頭痛や吐き気まである・・・』

     

    そんなお悩みがありましたら、ぜひお気軽にお問合せください

    Beauty air Yuki

     

     

    最後までお読みくださいまして、本当にありがとうございます

  • 2018年2月13日

    前回のブログ

    『アスリートは酷使した筋肉をストレッチやマッサージで緩めている』と書きました

     

     

    ここでいきなり問題です

    このストレッチやマッサージで、何をしているのでしょ~か?

     

     

    ・・・。

     

     

    『何をしているのか』って、どういう事???

     

     

    ・・・って感じですよね

     

     

     

    答えを言っちゃいます

     

    実は、筋肉に酸素を送り込んでいるんです!!

     

     

     

    身体の特定の部位に負荷をかけ続けると、そこの筋肉は硬い状態になり、弾力を失ってしまいます。

     

    例えば、100㎏のダンベルを頭の上に持ち上げ続けると、腕がパンパンに硬くなる

     

    そんな感じです。

     

     

    ・・・『100㎏のダンベル』って

    もっと身近な例えはなかったのか・・・(笑)

     

     

     

     

    でも、ここで疑問が・・・。

    どうして筋肉を酷使し続けると、筋肉が硬くなるんだろう

     

     

     

    それはね、筋肉に負荷がかかると、疲労物質『乳酸』が過剰に筋肉に蓄積し、

    筋肉を硬くさせてしまうからなんです。

     

     

    ということは、その乳酸を取り除いたらいいってことになるよね

     

     

    そうしたら、硬くなり膨張していた筋肉によって押しつぶされていた血管が

    解放されて、循環が良くなり、酸素や栄養が身体の隅々にまで行きわたって

    細胞の修復が進んで、元気復活!!!

     

     

    ・・・ってなる

     

     

     

    でね、その乳酸を取り除く働きをしてくれるのが

    ナント! 酸素なんです

     

     

     

    だからね、

    凝った筋肉にストレッチやマッサージによって筋肉を動かし、酸素を供給して

    筋肉のコリの原因である『乳酸』の分解を促しているんです。

     

     

    それはね、アスリートだけじゃなく

    デスクワークなどで肩や首がこったりしている人も同じ。

     

    凝った部分に酸素を供給すれば、コリは簡単に取り除けるんです

     

     

    でも

    『肩とか揉むけど、全然肩コリが解消されないんですけど~』って言いたくなりませんか?

     

     

     

    ではでは次回は、そのことについてお伝えできればなって思います

     

     

    『肩コリが辛くて・・・』

    『疲れが全然取れない』

    『常に脚がパンパンに張ってて・・・』

     

    そんなお悩みがありましたら、ぜひお気軽にお問合せくださいね

    Beauty air Yuki

     

     

     

    最後までお読みくださいまして、本当にありがとうございます

     

     

     

     

  • 2018年2月10日

    前回のブログ

    『美肌には、まず筋肉を健康にすることが大事』ということを書きました

     

    じゃあ、どうしたら筋肉が健康になるんだろう

     

     

    でも、その前に

    筋肉が健康な状態って、一体、どんな感じなのかな・・・

     

     

    よく、『一流アスリートの筋肉は赤ちゃんみたいに柔らかい』と聞きます。

     

     

    これは、『筋肉の質が柔らかい』という事ではなくて

    『柔らかい状態を保った筋肉』という事なんです。

     

     

    アスリートの筋肉はトレーニングや競技の後、カチカチパンパンに硬くなっています

     

    でも、その後、ストレッチやマッサージなどで筋肉をゆるめ

    柔らかい状態に保つことを、とても大事にしているんです。

     

     

    つまり、柔らかくも硬くもなるのが筋肉。

     

     

    ただ、筋肉を収縮して力を発揮し、硬く張った後

    いかに速くその筋肉をゆるめるか

    いかに速く柔らかい状態の筋肉に戻し、

    その柔らかい状態を長く保てるか

     

    そこを意識して、丁寧にケアをしているんですよね

     

     

     

    では、どうして筋肉は柔らかい状態を保っている方がいいのか

     

     

    それは、筋肉が硬いということは、疲労が溜まっている証拠だから

     

     

    逆を言うと、

    きちんと疲労を回復した筋肉は柔らかいという事になるの

     

     

    疲労が溜まったカチカチの硬い筋肉では血流が妨げられ、

    身体の隅々に酸素や栄養が届けられず、代謝が落ちてしまいます。

     

     

    代謝が落ちるという事は、衰えるということ・・・

     

     

    肩コリに悩んでいる方って多いですが、

    それは、首から肩・背中・腕と、あらゆる筋肉に疲労が溜まっているからなの。

     

    悪い姿勢で長く過ごしているものだから、

    ずーっと筋肉が酷使され続け、筋肉は休まるヒマがない。疲労を回復する時がない。

    だからパンパンに筋肉が凝り固まっているのが肩コリってわけ

     

     

    大事なことは、筋肉を十分に使って負荷をかけた後は

    しっかりと柔らかい状態の筋肉に戻すための時間をかけるってこと。

     

     

    じゃないと、老けちゃうよ

     

     

    では、

    どうしたら筋肉を健康な状態に回復できるのか?

     

     

    それは次回に書いてみたいと思います

     

    ・ 肩コリが辛くて、頭痛もちょくちょく起こるし・・・

    ・ 最近、顔のたるみが気になって、ホウレイ線が深くなってきた

    ・ 身体がだる重くって、やる気が出ない

     

    そんなお悩みがありましたら、お気軽にお問い合わせくださいね

    Beauty air Yuki

     

     

    最後までお読みくださいまして、本当にありがとうございます

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

  • 2018年2月9日

    かなり久しぶりの投稿になってしまいました

     

    寒い日が続きますが、皆さん お元気ですか?

     

    最近、『首や肩がカチカチに凝って辛い』という方だけでなく

    『顔もこわばってるのか、なんだか動かしづらい』とおっしゃるお客さまの声が多く聞かれます。

     

     

    寒いから、顔に力が入りすぎちゃってるのかな・・・

     

     

    ・・・という私も、寒すぎて身体が縮こまってます

    でも『これじゃイカン!』と、毎朝、オチョエクササイズを始めました!!!

    この提唱者の進藤学さんがカッコよすぎて、朝からテンション上がる~ッ

     

     

     

    おっと!・・・ちょっと話が逸れちゃいました

     

     

     

    でも、考えてみれば、首や肩って、顔への血液やリンパの通り道。

    そこがカチカチに凝っていたら、流れが悪くなって顔に十分な酸素や栄養が届かない。

     

    そうしたら顔の筋肉にも疲労が溜まって硬くなっちゃう・・・

     

     

    顔の筋肉がこわばって動かしづらくなるのも、そりゃ当然だわ

     

     

     

    でも、多くの方が肩コリや首コリを『辛い』と言いながらも

    それでも、簡単に考えている人が多い気がするの。

     

    肩が凝ってると、さっきも言ったように『顔に酸素や栄養がいかなくなる』だけじゃなくて

    首や肩は、脳への通り道でもあるから

    脳へも、そういった大事なものの流れが滞るってこと。

     

     

    身体って、脳からの指令で動いてるよね。

    脳へ十分な酸素や栄養がいかないってことは、

    脳の働きも鈍り、誤作動を起こす可能性もあるってことなの

     

     

    だから、『肩コリが当たり前』で過ごさず、ちゃんとケアしてほしい。

     

     

     

    それにね、何より、筋肉のコリが取れるとね

    お肌も、ツヤツヤぷるんっと若返るから

     

     

    顔の筋肉って、表情を作っているだけじゃなくて

    お肌を若返らせるのに、ものすごっく重要な役割を果たしてくれてるの。

     

     

    顔の筋肉が健康だとね、いいこと いっぱい

     

    ・ 皮膚をグイッと持ち上げてくれるから、たるみ解消!

    ・ 筋肉が動くたびに血流が促されて、くすみナシ!

    ・ 血行が良くなれば、酸素や栄養が十分に行き渡って、シワ・シミ・乾燥改善!

    ・ 筋肉が動くとリンパの流れも良くなって老廃物を排出してくれるから、むくみスッキリ!

    ・ むくみがなくなると、シュッと小顔に!

     

     

    『顔がたるんできたし、どんな美容成分を与えようかな』と考える前に、

    まずは『筋肉の健康』を意識することが、遠回りのようだけど

    お肌の悩みを根本からスッキリ解消してくれる方法なんです!!!

     

     

     

    では、どうやって筋肉を健康にしていくのか・・・

    その方法は、また次回に

     

     

     

    『肩コリが辛い』

    『お肌のたるみやシワが気になる』

    『顔色が冴えなくて』

    そんなお悩みを抱えていらっしゃいましたら、ぜひお気軽にお問合せください

    Beauty air Yuki

     

     

    最後までお読みくださいまして、本当にありがとうございます

     

     

     

  • 2018年1月10日

    しつこいほどに紫外線の影響について話してます(笑)

     

    だって夏が終わった途端、日焼け止めを塗るのを止めてしまう方が多いからーーーっ!

     

    美容は、とにかく予防第一!

     

    日焼けをしてからケアするんじゃなく、

    紫外線を浴びないようにする事が絶対大事だから

    うるさいほどに言っちゃうよ。

     

     

    冬の間、紫外線の強さが夏より弱まるのは確か。

    でもね、紫外線って強さだけじゃなく、浴びた量も気にしなきゃならないの。

     

    というのも、

    紫外線量=紫外線の強さ×浴びた時間だから。

     

     

    紫外線が強いと感じる季節だと、外に出るのをなるべく控えたり

    日差しを避けるようにしたり、日焼け止めをしっかり塗って防御したりするよね。

     

    でも冬って、ポカポカな日差しが嬉しくて、あえて浴びに行くでしょ?

    のんびりお散歩したり、日向ぼっこしたり・・・

     

     

    ね!

     

     

    つまり、紫外線量=紫外線の強さ×浴びた時間だから

    紫外線が弱いといっても、浴びている時間が長いと

    夏と変わらないほどに紫外線をお肌に貯め込むことになるの。

     

     

    紫外線A波は、冬には真夏の半分くらいになる。

    弱まるよね~

     

     

    でーもーーー

     

     

    言い換えれば

    冬に『気持ちいいな』って日向ぼっこを20分したとする。

    それって、真夏の炎天下のもと10分立っていたのと同じってことなの。

     

     

    でも実際、冬って もっと日差しを浴びに行ってませんか?

     

     

    ・・・ということは、夏より冬の方が浴びてる紫外線量は多いかもしれません。

     

     

    だから、冬でもきちんと日焼け対策が必要なんです!!!!!

     

     

     

    ・・・分かってもらえたかな?

     

     

     

     

    かといって、夏と同じ紫外線対策で良いかと聞かれれば

    そうではなくて・・・。

     

     

    冬はね、夏とは違ってお肌が乾燥しがち。

    だから保湿にもしっかり気を配る必要があるの。

     

     

    そこで只今実施中の年初めキャンペーン!!!

     

     

    日焼け予防だけじゃなく、『何をやっても乾燥肌が止まらない!』って方をも潤す

    保湿力抜群のフェイシャルエステを組み合わせた

    この時期ならではの とってもお得なキャンペーン☆

     

     

    お肌に不安を感じている方、今すぐご連絡くださいね。

    Beauty air Yuki

     

     

    お会いできる日を楽しみにしております!

    最後までお読みくださいまして本当にありがとうございます。