三重県鈴鹿市、白子にあるエステサロン ビューティエアーユキ。ベッド1台の完全なるプライベート空間。手の温もりを大切した1回で結果を出す小顔や美脚トリートメントが人気

ブログ
Blog

ブログ

  • 2020年9月15日

    こんにちは。Beauty air Yukiの川端由起です

     

     

    克服できたと思っていた嫌な思い出が、

    ふとしたことがキッカケで表に出てきた昨日。

     

    やたらと涙が流れ、久しぶりに苦しい時間にどっぷりと浸りました

     

    私、秋という季節に涙もろくなる傾向が・・・

     

    秋は、よく泣きます(笑)

     

     

     

    克服したと思っていた出来事は、ただ心の奥深くに押しやっていただけで

    結局、ずーっといつも、そこにあったんですね。

     

    自分の中から消えたわけではなかったんだと

    思い知らされました

     

     

     

    湧いてきた感情の程度にもよりますが

    今回のように、とめどもなく涙が流れるようなレベルでは

    その感情を味わい尽くすようにしています。

     

    飽きるほど、とことん味わい尽くします

     

     

    ・・・といっても、

    翌日まで引きずらないようにだけは注意して

     

     

    あんまり長く浸りすぎると、

    今度は上がってくるのが大変になってしまいますから

     

     

     

    たしかに最近、目がコロコロするというか、

    まぶたの裏側にプツプツとものもらいが出来

    ちょっと痛痒さを繰り返していたんですよね。

     

    それを

    『コンタクトレンズをしている時間が長かったからかな』とか

    『パソコンを触りすぎたせいかな』とか

    そんな風に軽く捉えていたんです。

     

     

    でも、昨日は、

    『私が見ないように目を背けていたんだ』という気づきが

    降ってきたんですね

     

     

    向き合うのを避け、無意識に心の奥底に押し込んでいたから

    タイミングを見計らって、症状として表に出てきてて。

     

    それでも、そのサインを見過ごしてきたから

    涙を流すほどに苦しい心の痛みとして、昨日、私に知らせてくれたんだと

     

     

     

    もちろん、何でもかんでも、身体に出た症状が

    無意識に潜む問題を訴えているとは限りません。

     

     

    たとえば、お腹が痛くて、壊してしまったとする。

     

    それは、腐ったものを食べたせいかもしれないし

    ストレスが腸にきてるのかもしれないし

    そこは身体の声に、じっくりと耳を傾けて

     

     

     

    でも、症状が出るタイミングも、症状が出た箇所も

    心や身体からの大切なメッセージが含まれていると思います。

     

     

    せっかく現れている時に、また見ないふりをすると、またいつかムクッと出てくるだろうし

    その時には、もっと深刻な症状として教えてくるかもしれない

     

     

    だったら

    心や身体がバランスを取ろうと発動した絶妙なタイミングを逃さず

    早めに取り組む方が、後々、楽なんだと思います。

     

     

    落ち込んでもいいし、泣いたって全然いい。

     

     

    けれど、気をつけてもらいたいのは

    私も今回、思いっきり泣きながら、

    『私、弱いな・・・』という言葉が何度も頭の中に出てきたけれど

    そこを悪くとらないこと。

     

     

    『こんな弱い自分、嫌い』とか『だから私はダメなんだ』とか

    自分を傷つけたり、否定するようなことは絶対口にしないし、思わないように。

     

     

    だって、泣いてる時点で、十分傷ついているんだもん

     

    これ以上、自分で自分を傷めつけたら、本当に可哀想だから。

     

     

    どんな時でも、

    自分が自分の一番の理解者で、応援団で、親友でありたい

     

     

    お友達が泣いている時に、その子を励ますように

    自分にも、そんな愛ある言葉を思い浮かべるようにしてください

     

     

    私もね、

    『その弱さがあるから、敏感でいられるし、

    敏感だからこそ、繊細でもいられる。その繊細さは私の強みだよね』なんて

    自分を励ましていました(笑)

     

     

    誰に聞かせるわけでもないんだし、

    大いに自分を褒めて、自信をつけさせちゃいましょう

     

     

    落ち込んだり泣いたりしている時は、本当に辛い。

     

    けれど、そのプロセスがあったおかげで、

    それ以前より、自分が大きく強くなってるから

     

     

    大丈夫! 大丈夫!

     

     

    そのために

    自分の身体が発しているささやかなサインを

    受け取る感覚を敏感にしてください。

     

     

    昔の嫌な出来事や葛藤など、

    その当時は、ただただ葬り去りたい一心だったかもしれない。

     

    でも、今の自分なら、それを別の視点から見て

    自分自身を楽にさせてあげることができるから

     

     

     

    自分の心身に現れた症状だけでなく、周りの人の振舞いも同じで

    もし相手の言葉や態度に、イライラだったり、嫌悪感だったり、自分の心が乱されるなら、

    自分の心の奥底に押し込めている感情が刺激されているのかもしれません。

     

     

    自分の見えない部分は、鏡に映せば見えるように、

    見えない心は、外の世界に投影されて見えるようにしてくれています。

     

     

    ぜひ、違和感を大事にし、自分のことをたくさん知って

    本当の自分とのズレをなくすようにしていってください。

     

     

    最後までお読みくださいまして、本当にありがとうございます

  • 2020年9月14日

    こんばんは。Beauty air Yukiの川端由起です

     

    先日の山登りで太ももが筋肉痛になった時に

    『あれっ、そういえば腰が痛くない』って気づいたんです

     

    それまで、立ち上がる時なんかに痛みや違和感を感じていたのが

    全然痛くなく、むしろスムーズに動く感じ。

     

     

    インドの僧侶が

    『サソリに刺された時、その痛みを紛らわすために、目に塩水を垂らすと

    その目の痛みにもだえている間に、気づけばサソリの方の痛みが治まっている』と

    おっしゃっていたことがあります。

     

     

    これって、心にも言えることで

    たとえば、何かひとつの事で、ものすごく悩んで落ち込んでいたとしても

    その時に、さらに大変な出来事が舞い込んでくると、

    さっきまでの悩みは、どこかに行っていたり・・・

     

     

    そんな経験は、ありませんか?

     

     

    それくらい、心や感覚って、一瞬で変わるもの

     

     

     

    学生時代、バスケットボールの試合中に左手薬指の第二関節が脱臼して

    小指側にポキッと真横に折れたことがあるんです。

     

    でも、それに全く気づかないままプレーを続けていて

    ふと、小指の上に何かが乗っているなという感覚があって、パッと見た瞬間、

    そのあり得ない自分の指の形に、一気に痛みが押し寄せてきたんです

     

     

    何かに夢中になっている時には、痛みに気づかず、

    確認した途端に、痛みがきたり、

    また、『この指、どうなるんだろう』といった不安が

    さらに痛みを増したりします。

     

     

     

    痛みって、

    身体からの危険信号が神経から脊髄を通って脳に行き、その内容に応じて脳が判断して

    『痛み』という感覚を与えるんだけど

     

    いくら身体から信号が送られても、脳が処理できないと、痛みは感じない。

     

    つまり、身体の危険信号だけでなく、脳の情報処理によって

    痛みの感覚は変わってしまうんです

     

     

    だから、脳って、

    簡単に騙せちゃったりするものなんですよね

     

     

    ひとつのことに、ずーっと悩んで気を取られてしまっている間、

    もっと注意を払った方がいいことに

    気が回らなくなっているかもしれません。

     

     

    そして、思い込みによって、そこにがんじがらめになっていると

    他の視点から見ようとする選択肢をなくしてしまいます

     

     

     

    『木を見て森を見ず』という諺がありますが

    小さいことだけに心を奪われて、大きく全体や本質をつかまないことを意味します。

     

     

    周りの人たちの評価や一般論的なものに囚われていると

    自分の本当の気持ちを無視して、やりたくないことをしていたり

     

     

    気持ちが乱れている時に、こんなことを言われても難しいと感じてしまうかもしれませんが

    目先のことばかりに気が取られるのではなく、ちょっと冷静になって、その渦の中から飛び出して

    ちょっと上から、第三者的な目線で自分のことを眺めてみると

    自分の行動がどうなのかに気づけたりします

     

     

    すると

    『これはそんなに悪いことではないかも』

    『それだったら、こうしたら良いんじゃないかな』

    『それをやってる自分、全然私らしくないじゃん』みたいに

    今の状況から逃れられる突破口が見つかったりするかもしれません。

     

     

    人のことって、よく見えたりしますよね。

     

    それと同じ。

     

    自分に自分でアドバイスする感じ

     

     

    心次第で、今ある状況や悩みは、どうにでも変わるから

     

     

    『幸せ』と思えば、そうだし、

    そうでないと思えば、どんなに恵まれているように見えても、幸せを感じられないもの。

     

     

    誰かによって幸せにしてもらうのでもなく

    誰かによって不幸せにされてしまうことも、本当はなくて

    すべては自分の心次第。

     

     

    ココロはコロコロ変わるから

     

    ということは、いつでも、今すぐにでも、幸せになれる

     

     

     

    でも実際、なかなか、そんな風には思えないって時、あると思います。

     

    それは、ものすごく神経が疲れ切っているからかもしれません

     

    そんな時は、無理してテンションを上げようとせず

    何もせずに、ぼんやりする時間が、とっても大事

     

     

     

    それによって、神経にかかっていた負荷が調整されて

    しばらく経った時には、きっと、ご自身の中にエネルギーが蓄えられ

    『私、幸せかも』って、心が楽になっているはず。

     

     

     

    空気にひんやりと秋らしさが加わって、心地いい季節

     

    少しの時間で大丈夫!!

    外の風を感じながら、空をボーっと眺めてみてください。

     

    心も空のようにスッキリと晴れ渡りますよ

     

     

    最後までお読みくださいまして、本当にありがとうございます

  • 2020年9月13日

    こんにちは。Beauty air Yukiの川端由起です

     

    先日、山へ登り、そこで聴いた『六根清浄(ろっこんしょうじょう)』という言葉

     

    私の中に、ズンッと響いたので、それをご紹介させてください

     

     

    『六根』とは

    人間がもつ6つの感覚機能(目・耳・鼻・口・身体・心)のことで、迷いのもととされる器官になります。

     

    『清浄』とは

    煩悩を脱して、清らかな心になることを意味します。

     

     

    『六根清浄の大祓』という祝詞の中に、次のような言葉があります

     

    もろもろ不浄ふじょうて こころもろもろ不浄ふじょう

    (目にたくさんの罪や汚れを見ても、心ではけがれを見ないようにしましょう)

    みみもろもろ不浄ふじょうきて こころもろもろ不浄ふじょうかず

    (耳にたくさんの罪や汚れを聞いても、心ではけがれを聞かないようにしましょう)

    はなもろもろ不浄ふじょうぎて こころもろもろ不浄ふじょうがず

    (鼻にたくさんの罪や汚れを嗅いでも、心ではけがれを嗅がないようにしましょう)

    くちもろもろ不浄ふじょういて こころもろもろ不浄ふじょうわず

    (口にたくさんの罪や汚れの言葉を発しても、心では穢れの言葉を発しないようにしましょう)

    もろもろ不浄ふじょうれて こころもろもろ不浄ふじょうれず

    (身体にたくさんの罪や汚れに触れても、心ではけがれに触れないようにしましょう)

    こころもろもろ不浄ふじょうおもひて こころもろもろ不浄ふじょうおもはず

    (表層意識にたくさんの罪や汚れの考えが浮かんでも、深層意識では穢れの思いを浮かべないようにしましょう)

     

    このように、6つの感覚機能を清浄にして

    心を大切にしていくことを説いています

     

     

    生活している中で、どうしても

    見たくないものや聞きたくないものが入ってきてしまい

    それによって、心が乱されたりすることが多々あります

     

    でも、それをいつまでも心に留めておかず、心を切り替えて嫌なことを流していこうというのが

    『六根を清浄に保つ』ということ。

     

    そうでないと、身体だけでなく、大切な心までも傷つけてしまいますよ・・・と。

    心を傷つけず大切にしていくならば、身体の機能も正常に働きます。

     

     

    とききよいさぎよことあり

    (そうなった時、内側から清らかさや潔さがあらわれてきます)

    もろもろのりかげかたちごとし きよきよければ

    (世の現実は、影やイメージのようなものであって実体がありません。だから清く潔くいれば)

    かりにもけがるることし ことらばべからず

    (万一にもけがれることはないけれど、それは理屈で考えても分からないこと)

     

     

     

     

    コロナの終息がみえない今の状況や、規模を増す自然災害の脅威に

    ストレスや不安などに襲われ、精神的にしんどいと感じる方も多いかと思います

     

     

    ぜひ、心を乱すようなテレビやネットから入ってくる情報を制限したり

    自分のエネルギーを奪ってしまうような人やモノから離れたり

    整理整頓して、空間をスッキリさせるようにしてみてください。

     

     

    そして、心の中でモヤモヤしていることがあるなら、それを受け止めて、

    『あれは、自分のために言ってくれたのかも』

    『あの人の立場に立てば、仕方ない言動だったよな』

    『あの事があったからこそ、結果的に良かった』など、そこに対する納得を得るようにすれば

    心に落ち着きが戻ってくることに役立つかなと思います。

     

     

    ここ鈴鹿市では、朝から雨が降ったり、曇ったりの

    静かに自分の心と向かうには、うってつけの日

     

     

    私たちは、神さまの分け御霊

    そんな美しい自分自身を傷つけることなく、優しい言葉をかけ

    心身ともに健康で安らかに過ごそうと心がけることで

    神さまと繋がることができ、万物と一体になることができ

    願いがすべて成就できると書かれています。

     

     

    誰の心にも宿る美しい神さまを大切に、素敵な日曜日をお過ごしください

     

     

    最後までお読みくださいまして、本当にありがとうございます

  • 2020年9月10日

    こんにちは。Beauty air Yukiの川端由起です

     

     

    『生理だから、身体がだるい』といった声は、よく聞かれますが

    生理日以外の不調について、あまりホルモンと結びつけて考ている方は

    多くないように思います。

     

     

    本日のお客さまも

    『しっかり寝ているはずなのに、やたらと眠たくて、瞼を開けているのが必死』と

    おっしゃっていました

     

    生理の周期をお聞きすると、ちょうど排卵日あたり。

     

     

    基礎体温をつけていないと、気づきにくいでしょうが

    やっぱり排卵という体内でのダイナミックな動きは

    女性ホルモンも大きく変化するため

    体調に影響を与えて当然かなって思います。

     

     

    生理が終わってから、グーンと増えていた『エストロゲン』に代わって

    排卵後からは、『プロゲステロン』の分泌量がドーンと増えていきます。

     

    この急激なホルモンの変化は、やっぱり身体に負担がかかりますし

    ニワトリさんも卵も温めて、ふ化させるように

    人間も卵を温めた方が妊娠しやすいために

    このプロゲステロンには、体温を上げる働きがあるんです

     

     

    でも、排卵前までは、一日のうちで体温の変動があって

    上がった体温が下がることで眠りに入りやすくなるのですが

    排卵後は、このホルモンの影響で体温が高いままを保っているために、

    夜の眠りが浅くなって、日中に眠気が襲いやすくなるんです

     

     

     

    それに、このプロゲステロンには

    身体を休ませ疲れを取り、妊娠に適した身体になるよう睡眠を引き起こす作用もあるために

    眠気がひどく、仕事に支障が出るという方も珍しくないんです

     

     

    そのため、この排卵日から生理に向けての期間は、

    睡眠の質を高めることを心がけてもらいたいなって思います

     

     

    そのために出来ることのひとつは、お風呂でしっかりと温まること。

     

    体温が高いままキープされているために、うまく眠れないのなら

    さらに、それ以上に体温を上げることが秘訣

     

     

     

    また、コーヒーなどのカフェインで眠気を覚ます方法もアリですが

    寝る5~6時間前からは避けた方がいいので

    眠気を取るものとして、私が気に入っているのは、

    レモングラスのハーブティ

     

    ミントほど香りがきつくなくて、すっごく爽やか

     

     

    一生を通して付き合っていくホルモン。

     

    でも、眠気と闘うことは本当に辛いし、仕事の効率も落としてしまうから

    そこをうまく付き合っていきたいですよね

     

     

    そのために、生理日だけでなく排卵日など、自分の身体のリズムを知っておくと

    それに合わせて生活のリズムを整える方に意識が向き

    体調に備えて対策を講じることができますから・・・

     

     

    様々な体調の変化を女性ホルモンのリズムと照らし合わせ

    自分の身体の傾向を知ろうとしてみてください。

     

    身体に注意を向けると、身体はとっても喜んで

    きっと過ごしやすくなるヒントを伝えてくれますよ

     

     

    最後までお読みくださいまして、本当にありがとうございます

  • 2020年9月7日

    こんにちは。Beauty air Yukiの川端由起です

     

     

    『寝ても身体がだるくて、疲れが取れない』という方、

    結構、多いです

     

     

    そういったお悩みを抱えたお客さまにお伺いしていると

    夕食の時間が遅かったり、寝る前に『つい食べちゃった!』ということがあるようで、

    しっかりとした睡眠が取れていないことも原因の一つかなと思います。

     

     

     

    『少なくとも寝る3時間前には、夕食を済ませましょう』と言われますが

    それは、ホルモンの分泌に影響を及ぼすからなんです。

     

     

    睡眠は、単なる『休息』というよりも

    ホルモンを分泌し、それを利用して、細胞を修復したり増殖したりしながら

    私たちの身体を維持しています

     

     

    睡眠中、身体の中では様々なホルモンが分泌されているのですが

    その中で、『寝る子は育つ』という言葉にピッタリくるのが、『成長ホルモン』

     

    これは、寝入って最初の深い眠りの時に最も活発に分泌されるのですが

    『寝ても疲れが取れない』と感じる方は、

    この成長ホルモンの分泌が妨げられているからかもしれません。

     

     

    夕食を食べて、すぐ寝ると、

    食べた物を消化吸収しようと、まだ胃や腸が働いているために、脳が休まらず

    眠りが浅くなり、成長ホルモンが分泌されにくくなるんです

     

     

    そして、浅い眠りは、途中で起きてしまう原因ともなり

    眠りを維持することで分泌される成長ホルモンは

    起きた時点で分泌が止まってしまうんですね

     

     

    今の時代、遅くまで働く人が珍しくありませんが

    手軽に栄養を摂れる商品も充実しているので

    『帰りが遅くなるな』といった時のために、

    そういったものをストックしておくことも、おすすめです

     

     

    私もサロンに、

    お味噌と乾燥ワカメ・鯖缶・納豆・ナッツ・ドライフルーツ・バナナなどを置いていて

    夕食の時間が遅くなりそうだったら、そういったもので小腹を満たしています

     

     

    寝る前には内臓の仕事が終わっていると

    脳もしっかり休める状態になり、深い眠りにつくことが出来ますから

     

     

    夜遅くに食べることが繰り返されると

    その時間にお腹が空いたり、目が冴えたりといった身体になってしまいます

     

     

     

    そして、皆さんもすでにご存じの通り

    夜遅くに食べると、そのエネルギーは消費されないままに

    皮下脂肪や内臓脂肪として蓄えられてしまいます。

     

    『3kg体重が増えると、疲れやすさが2倍以上になる』といった報告もあるんですよ

     

     

    脂肪が増えた身体を、今までと変わらない筋肉量で動かすとなると

    エネルギーの消費効率が悪く、疲れやすくなったり、

    動いた時に疲れるから、動かなくなり、

    動かないから、さらに太りやすくなってしまうという魔のスパイラルに

     

     

    健康のためにも、ぜひ、睡眠の質を改善するような生活となるよう

    一度、見直してもらい、出来るところから変えていってもらえたらなって思います。

     

     

    人の笑顔が、世界を明るくするから

    今のこのコロナで不安がうずまく時代、

    健康だからこそ眩しく輝く真の笑顔が必要です!!!

     

     

    最後までお読みくださいまして、本当にありがとうございます

  • 2020年9月7日

    こんにちは。Beauty air Yukiの川端由起です

     

    前回のブログで、『睡眠』について書きましたが

    いろいろ疑問が湧いてる方もいらっしゃるようなので

    それをひとつひとつ解いていきたいと思います

     

     

    Q. どうして寝る前にスマホやパソコンを見ると、眠りの質が悪くなるの?

     

     

    これには、2つの『睡眠ホルモン』が関係しています

     

    1つが『メラトニン』という、身体に眠る準備をしてくれるホルモン

     

    起床後、15時間後くらいから分泌が始まって、

    脈拍や体温・血圧を低下させ、全身の細胞に寝る準備を促し、

    そして、睡眠中の眠りが持続しやすい環境を作ってくれます。

     

     

    もう1つが、目覚めやすいようにしてくれる『コルチゾール』というホルモン

     

    メラトニンが出始めてから5~6時間後、深夜から朝に向けて分泌量が急増し、

    血糖値や血圧を上げていってくれます。

     

    これら2つのホルモンによって、

    睡眠と覚醒のリズムをうまく調整してくれています

     

     

    これらのホルモンをコントロールしているのが、体内時計なんですが、

    脳の視床下部にある『主時計』と、細胞ひとつひとつにある『末梢時計』とがあって

    目から入って来た光の刺激を『主時計』が感知することで

    『末梢時計』にホルモン分泌のタイミングや体温調整・神経活動などの指令が送られます。

     

     

    つまり、目から入ってくる光の量がホルモンの出方を左右するので、

    本来、夜になって暗くなっていくことで、メラトニンが分泌されるところ、

    寝る前に人工照明やテレビやパソコンなどに使われるLED照明が目から入ってくることで

    メラトニンの分泌が抑制されてしまうんです

     

    すると、眠りの質が悪くなってしまうんですね

     

     

     

    また、この目醒めに関係する『コルチゾール』というホルモンには、

    免疫物質をつくる働きもあって

    さらに、身体に蓄積されているブドウ糖や脂肪などを

    身体のエネルギーとして活用してくれたりもするんです!

     

    ということは、

    睡眠の質が悪いと、免疫力が低下し、太りやすくもなるということ

     

     

    でも、このコルチゾール。

     

    『ストレスホルモン』とも呼ばれていて

    ストレスを受けた時に分泌され、それに戦える態勢を取り、

    ストレスに負けないよう備えてくれるのですが

    現代のストレスは簡単には解消されないほど複雑化し、長期化するものが多くなっています

     

     

    すると、

    そういった慢性的なストレスによって、コルチゾールが過剰に分泌されてしまい

    逆に自律神経のバランスを乱したり、血圧や血糖値が上がりすぎて

    結果的に免疫力を低下させてしまっていたりするんです

     

    四六時中、臨戦態勢では、身も心もクタクタになって当然ですよね

     

     

    そこで、コルチゾールの分泌量が低く抑えられる深い眠りが

    ストレスに負けない心身を生み出すポイントでもあるんです。

     

     

     

    コロナウイルスの感染が、気になるご時世ですが

    免疫力とも密接な関係がある睡眠

     

     

    たかが睡眠、されど睡眠

     

     

    心身の健康のために、快適な睡眠を

    ぜひ、心がけてみてください

     

     

    最後までお読みくださいまして、本当にありがとうございます

  • 2020年9月6日

    こんにちは。Beauty air Yukiの川端由起です

     

    昨夜、夢を見ましたか

     

     

    お客さまに伺っていると、夢を見ている人が少ないように思います。

     

    ベッドに倒れ込んでバタンキュー、気づいたら朝・・・みたいな。

    目を閉じたと思ったら、もう朝・・・みたいな。

     

     

    睡眠は『質』が大事といわれますが

    夢を見ないほど深くぐっすり眠るって、いいことのように思いますが

    実は、そうではなかったり

     

     

    眠ってから起きるまで、一様に休んでいるように感じますが、

    身体も脳も眠っている深い眠りの『ノンレム睡眠』と、

    身体は眠っているけれど脳は起きている浅い眠りの『レム睡眠』と

    異なった質の睡眠を交互に繰り返しているんです。

     

     

    子供は、浅い眠りの『レム睡眠』が、睡眠時間のほぼ半分ぐらいを占めているので

    脳が活性化している間に、夢を見ていることが多いのですが

    大人になると、深い眠りの『ノンレム睡眠』の割合が増えていって

    夢を見なくなっていくんですね。

     

    それは、ノンレム睡眠を増やすことで、

    頭の活動をとにかく抑えて休ませようとしているからなんです

     

    強制的にシャットダウンしなければならないほど

    現代人は脳を使いすぎているということ

     

     

    睡眠が健康に大事と言われるのは

    眠りに入ったすぐの深い睡眠時に、成長ホルモンが分泌されることから、

    傷ついた細胞の修復や組織の発育が行われるためなのですが

    身体の休養のことだけを考えれば、夢を見ないノンレム睡眠だけで十分なよう・・・

     

    でも

    レム睡眠の間は、脳が目覚めていながらも身体は眠っている状態。

     

    つまり、脳は身体に対して余計な指令を出さなくてもいいので

    その間に、その日に頭の中に詰め込まれた膨大な情報を

    整理することに集中できるんですね

     

     

    でも、脳が疲れすぎていると、

    とにかく頭を休めることが優先され、ノンレム睡眠となり

    脳の中の情報が処理しきれないままに翌日を迎えてしまうといったことに。

     

    これが積もり積もって、脳疲労を起こし

    気分が落ち込んだり、イライラしたり、身体へも上手く指令が伝わらなくて

    様々な不調を引き起こしてしまうことになってしまうんです

     

     

    夢を見ないということは、このレム睡眠が足りていないということ。

     

     

    『たかが夢』と思われるかもしれませんが

    夢を見ているかどうかで、睡眠の質が分かり

    今の状態が心身にとってどうなのかに気づくことができます。

     

     

    夢占いがあるように

    夢はいろんなことを教えてくれます

     

     

    夢は、自分の内側からの声とも言えます。

     

    夢によって、自分が本当に生きたい方向性を

    見せてくれることもあります。

     

     

    夢からのメッセージを受け取ることで、

    今の自分とのズレを確認し、本来の自分を正直に生きていけることにも繋がります

     

     

    自分の内側を見ないままに、外の現実的な世界に追われ、振り回されていると

    自分の気持ちを受け入れないことが、他のものをも受け入れにくい

    柔軟性のない頭と心をつくってしまいがち

     

     

    それが『生きづらさ』にもなりかねません

     

     

    寝る前だけでも、パソコンやスマホを使わないようにし

    質のいい眠りで、夢を見てください

     

     

    現実とは違う世界を映画のように楽しめる夢。

     

    空を飛んだり、会いたい人に会えたり、別の役柄で登場したり・・・

     

    今夜は何を見せてくれるんだろうと思うと

    眠ることが楽しくなってきませんか

     

     

    忙しいと、一番に削ってしまう睡眠ですが

    その大切さ、そして奥深さを、もう一度、見直し

    今夜は夢の世界を満喫し、素敵なメッセージが受け取れますように・・・

     

    最後までお読みくださいまして、本当にありがとうございます

  • 2020年9月4日

    こんにちは。Beauty air Yukiの川端由起です

     

     

    サロンに入ってこられた時に、思わず手を差し出し、支えたくなるほどに

    ドーンッと頭から肩・背中にかけて重たい空気を背負ってこられたお客さま

     

    『身体がとってもだるくて、動く気力が湧かないんです』と

    お越しくださいました。

     

     

    『食欲もないから夏バテかな・・・』とおっしゃっていましたが

    お話を伺っていると、苦手な同僚の方への気疲れが原因ではないかと思いました。

     

     

    朝起きた時から、その方の今日の機嫌がどうかが気になり

    大抵は機嫌が悪いので、一日中、そのピリピリした空気に耐えながら

    また、飛んでくる言葉の矢や愚痴などが、ずっと心や頭に残り、

    夜には、『明日もあの人に会うなんて、仕事に行きたくないな』と思いながら寝る毎日。

     

    想像しただけでも、気持ちがドーンと重たくなってきますよね

     

     

    苦手な人との付き合い方、難しいと思います。

     

    でも、せっかくの自分の大切な一日が、

    誰かの機嫌によって左右されてしまうとしたら・・・

     

     

    何だか理不尽

     

     

    ものすごく優しかったり、空気に敏感な方は、

    『相手を不快にさせないように』と、『何とか居心地よくしよう』と

    頑張ってしまいがちですが、

    実は、そういった気遣いは、自分のエネルギーを無駄に消費してしまうし

    その緊張感が身体をもこわばらせ、肉体的な疲労をも感じさせてしまいます。

     

     

    また、きちんと食べられないと、心と身体は繋がっているので

    身体の栄養が不足することで、心のエネルギーも枯渇していきます

     

    そうなると、

    ちょっとしたことで、落ち込んだり傷ついたり

    ストレスに弱くなってしまうんですね

     

     

    周りの人に優しくすることは素敵なことです。

    でも、一番優しく大切にしなければならないのは、『自分自身』

     

    そして、キツイ言い方になってしまいますが

    不機嫌な人のご機嫌を取ろうとする行為は、その人への優しさではなく

    その場を収めたいだけの取り繕ったものだと思うんです。

     

    それは、自分にも、その人にも嘘をついているようなもの。

     

     

    私も人の機嫌を取ろうと頑張っていた時があって

    その時は、ふと『何してるんだろう』と、ひどい虚無感に襲われることがありました

     

     

    でも、ある時、その人の振舞いを『不機嫌』と解釈しているのは私であって、

    ただ、『声量が大きくなった』『目が吊り上がった』『書類を勢いよく置かれた』

    という事実だけを、冷静に見るようにすればいいと教えてもらったことで

    とっても楽になりました

     

     

    たとえば、『これ、間違ってたわよ!!』と強い剣幕で言われたとしても

    それを『怒られた・・・どうしよう。怖いな』と感情を乗せるのではなく

    『間違いを指摘された』という事実だけを淡々と受け取る。

     

     

    そして、『不機嫌だったらどうしよう』という心配が、

    ただ現実となって現れているだけなので、そんな心配はしないように

    『きっと大丈夫!』と思うようにしました

     

     

    そして、

    私の中にある『嫌われたくない』という、やっかいな思いも

    手放すこと。

     

     

    相手に問題があるようですが

    実は、全部、自分自身の受け取り方が問題で

    生きづらくなっていたんですね

     

     

    張り詰めた空気が息苦しくて耐え難いなら

    そういった空気に耐えられるマインドをつけて

    ストレスに強くなることも大事なんだと思います。

     

     

     

    人を気にするより、身体と心の疲れを取って、

    自分をメンテナンスすることが最優先!

     

     

    そのための方法として、自然に触れることは

    とってもおすすめです

     

     

    私は、お客さまと接することで、不必要な気を受けることもありますし

    また、私自身がドッと疲れていては、お客さまに純粋なエネルギーを流すことも出来ないので

    気を整えるために、自然に触れることは、日々、意識的に行うようにしています。

     

     

    ありがたいことに、自宅の周りは田んぼが広がっているので

    早朝に、稲の間を通り抜ける風を感じながら犬とお散歩したり

    ここ三重県は、海も山も身近にあるので、ちょっと車を走らせて

    そういった場所でいらないものを流し、パワフルなエネルギーをいただいて、

    自分を満たすようにしています

     

     

    ごはんを食べて身体に栄養を補給するように

    心の栄養を摂ることも習慣にしてもらえたら・・・

     

     

    自分で自分を満たせたら、周りのことは気にならなくなっていきますよ

     

     

     

    ただ、先ほどのお客さまのように、

    動けなくなるほどにストレスを溜め込んでしまった時には

    人の手を借りて筋肉をほぐし、身体を内側からもしっかり温め

    肉体的な疲労を緩和しながら、精神的な疲れも取り除いていくことが

    楽なのではないかなと思います。

     

     

    というのも、

    人から受けるマッサージでは、身体の力を抜くことが出来るから

     

     

    自然の中に行こうとすると、そこにいく体力や気力がいる上に、

    『外』という環境のため、ある程度の時間、安心して目を閉じ、完全にリラックスすることは

    難しいのではないでしょうか?

     

    誰かが近づいてくる気配や話し声、虫や天候など

    それを察知するアンテナが常に働いていて

    緊張感を抜くことはできないと思うのです。

     

     

    でも、

    横になって人の手の温もりを感じながら気持ちのいいマッサージを受けることは

    眠りに落ちる狭間を行ったり来たりと波に漂うように緩んで

    心身の緊張をほぐしていくことが出来るのです。

     

     

    柳の木が強い風に吹かれても、折れずに、しなやかに受け流すように

    やわらかい心は、苦手な人をうまく受け流すしなやかさを作ります

     

     

    そのために、

    ぜひ私のマッサージを生活に取り入れてもらえたらと思います。

     

     

     

    もし、

    『人のことを気にしないなんて無理』なんて思ったら、

    赤ちゃんを思い出してみてください。

     

     

    周りの機嫌や都合なんて一切気にせず、

    お腹が空いたら泣いて、おむつが不快だったら泣いて、気に入らなかったら泣いて(笑)

     

    誰にだって、自分の思うように生きていた時があったんです。

     

    その時のことを思い出してみてはいかがでしょう?

     

     

    最後までお読みくださいまして、本当にありがとうございます

  • 2020年8月22日

    こんばんは。Beauty air Yukiの川端由起です

     

    前回のブログで『頭痛』について書きました

     

    頭痛に限らず、『痛み』は本当に辛いものです

     

    本来、痛みは、私たちの身体を守るための信号であって

    それがあるからこそ、必要な行動・処置がとれる

    とても大事な機能です。

     

     

    私も一度、ギックリ腰をしてから、なかなかその痛みが取れず

    お医者さまに相談したところ

    『脳が勘違いを起こしている可能性がある』と教えてくださいました

     

     

    どういうことかというと、

    脳に伝える神経に、痛みの情報がどんどん流れていくのですが、

    通常だと、それら全部の情報が脳に伝わっていては、恐ろしい痛みとなってしまうので

    ある程度、必要な情報以外、伝わらないように振り分けられるんです。

     

    でも、その振り分けがうまくいかなくなった状態が

    『脳の勘違い』と呼ばれるもの。

     

     

     

    また、他にも『脳の学習能力』といったものがあって、

    ずっと痛みが続いていると、脳は『痛いもの』と記憶し

    痛みを感じさせるようにしてしまうんです。

     

     

    こういうことは、急性的な痛みにではなく

    慢性的な痛みに、考えられる原因なんだとか。

     

     

    そこで、どうして

    そういったことが起こるのかというと

    精神的なストレスが関わっているからなんです

     

     

    痛みを感じると、脳は同時に痛みを抑制するような

    セロトニンなどの脳内物質を放出するよう指令を出すのですが、

    なんせ、誤作動を起こすような脳の状態では、うまく働かないので

    ストレス抑制物質を分泌するようには、指令が出せないんです

     

    そのため、痛みが強まったり、

    いつまでも続いてしまったり・・・

     

    そして、またその痛みがストレスとなって

    さらに痛みが悪化したり、長引いたりと、

    延々の悪循環に陥ってしまうんです

     

     

    私も、ちょっとした動きにズキンッと鋭い痛みが腰に差し込んでいた時には

    動かすことが怖くて、その痛みや不自由さに気分が落ち込んだり、

    イライラしたりと、ネガティブになりやすかったです

     

     

    痛い時に他のことを考えることは難しいかもしれません。

     

     

    でも、痛いことばかりに意識が向くと、考え方や物の見方など

    あらゆることがネガティブになり、将来にも不安を抱えるようになって、

    痛みを抑制するホルモンが余計に出なくなり、どんどん痛みが増す一方に。

     

     

    この悪循環から、少しでも早く抜け出すために、痛いと感じる中にも、

    『風が気持ちいいな』『ごはんが美味しいな』『面白い映画を観ようかな』など

    幸せを感じるようなことを見つけたり、取り入れたりしながら

    暗くなりやすい気持ちを、ぜひそらすようにしてみてください。

     

    そして、ハッピーホルモンを分泌していけるよう

    自分の心を操縦していく気持ちを持てるといいですよね

     

     

    そうは言っても、

    なかなか自分で気持ちを上げることは難しいと思われたなら

    ぜひ、マッサージを受けにいらしてください

     

     

    マッサージによって『気持ちいい』を、たくさん感じると

    ハッピーホルモンの分泌がどんどん促されるんです!!!

     

     

    そして、心と身体は繋がっています

     

    冷えた心・縮こまった心・痛みを抱えている心では

    筋肉も同じように冷えて硬く縮こまり、痛みがなかなか治りません。

     

     

    筋肉を緩めるためにも、マッサージはとても効果的です

     

     

    特に当サロンでは、『酸素オイル』を使い

    凝り固まった筋肉にダイレクトに酸素を供給することで

    筋肉の弾力や損傷を改善してくれる優れた働きがあるんです。

     

     

     

    どんなストレスを感じているのか、身体の声に耳を傾けながら

    丁寧にゆったりとマッサージさせていただきます

     

     

    ぜひ、その感覚をご自身の身体で味わいに来てください。

     

     

    最後までお読みくださいまして、本当にありがとうございます

     

  • 2020年8月20日

    こんばんは。Beauty air Yukiの川端由起です

     

     

    『とにかくゆっくり癒されたい』とお越しくださったお客さま。

     

    お話を伺っていると、たびたび頭痛に悩まされているんだとか

     

    その方は、病院で何の異常もないと診断されたのですが

    週1~2日くらいのペースで、薬を飲んで横にならないといられないそうで・・・

     

    さらに、近くで建築工事が始まったらしく、

    その音が頭に響いて、特に辛さが増しているとのこと

     

    そこで、『どこかに避難したい!!』と、

    私のサロンに駆け込んでくださいました

     

     

    市販薬を飲んで頭痛を紛らわしている人も多いようですが

    まずは病院に行って、異常がないか診てもらうことをお勧めします。

     

    私の姉も頭痛に悩んでいましたが、原因は脳腫瘍でした。

     

    そういったことも可能性として無いとも言い切れないので

    『たかが頭痛』と自己判断し放っておくことは、危険だと感じます。

     

     

    日常生活に支障をきたすほどの頭痛

     

    検査しても異常が見つからない場合の頭痛には

    ハッキリとした原因が解明されていないと言われていますが、

    いろんなお客さまに施術させてもらっている中で

    やはり、緊張による血行の悪さが考えられるかと思います。

     

     

    緊張やストレスを感じると

    『アドレナリン』という交感神経を刺激するホルモンが分泌され

    血管が収縮し、血液の流れが妨げられ、頭皮が硬く凝り固まってきます。

     

     

    『頭皮のコリ』を自覚している人は、それほど多くはないかもしれませんが

    実は、思った以上に凝りやすい部位。

     

    頭痛でお悩みのお客さまも、カチカチで動かないほどでした

     

    肩や腰が凝ると痛みを引き起こすように、

    やっぱり頭も凝ると、痛みとして現れます。

     

     

    また、パソコンやスマホを使いすぎていると、目が疲れ、

    首や肩も凝ってくることで、頭への血流が不足し、頭痛が引き起こされます。

     

     

    お仕事で使う以外にも、『愉しみ』として、

    パソコンやスマホの画面をボーっと眺めていたりしませんか?

     

    気分転換にと気楽に見ているようでも

    目から頭の中にどんどんと情報が入ってくることで、脳はひどく疲れてしまいます

     

    すると、脳が正常に動くことができなくなって、自律神経への指令がうまくいかず、

    これまた、頭痛が引き起こされる原因となるんです。

     

     

    そして、寝る時間ギリギリまで、スマホ画面を見ていたりすると

    観終わった後でも脳の緊張状態が続き、

    『寝ても疲れが取れない』などの質の悪い睡眠になって・・・

     

    しつこいようですが、

    睡眠の質も、頭痛の原因になります

     

     

     

    そこで、お客さまには

    光の眩しさや音などによって痛みは増しやすいので

    施術ルームの明かりを出来るだけ落とし、静かな中で

    優しい圧のゆっくりとしたマッサージを受けていただきました

     

     

    ストレスを受けると分泌量が減ると言われる

    セロトニンやオキシトシンといった『ハッピーホルモン』

     

    心地いいマッサージは、これらのホルモンを増やしてくれます

    すると、全身が緩んで、血流が良くなり、痛みが緩和されるんですね。

     

     

    お腹が痛い時に、お母さんの手でお腹をさすってもらうと

    痛みが和らいだという経験はありませんか?

     

    それと同じで、気持ちよさを感じることや

    人の手に触れられるといったことには、痛みを和らげる効果があります

     

     

    マッサージによって、筋肉の緊張を取り除き、血流を良くし

    さらに、気持ちよさを存分に感じることで、ストレスに強くなり

    どんどんと頭痛から解放されるようになっていきます

     

     

    もし、お医者さまに『異常はない』と診断されても

    まだ頭痛に苦しめられていらっしゃるとしたら

    ぜひ一度、ゆっくり身体を緩めにお越しください。

     

    きっと、楽になりますよ

     

     

    最後までお読みくださいまして、本当にありがとうございます