三重県鈴鹿市、白子にあるエステサロン ビューティエアーユキ。ベッド1台の完全なるプライベート空間。手の温もりを大切した1回で結果を出す小顔や美脚トリートメントが人気

ブログ
Blog

ブログ

  • 2018年3月27日

    今日のお客さま

    まぶたがポッテリとしてて、重たそう

     

     

    『昨日、お酒を飲みすぎちゃいました!』って

     

     

     

    この時期、送別会やお花見など、お酒を飲む機会が多くなりがちだから

    翌朝のむくみを気にしてる人も多いんじゃないかな

     

     

     

     

    『お酒で水分を取ってまーす』という方がみえるんだけど、

    お酒は、逆に身体を脱水させてしまうんだよね

     

     

     

     

    ここで疑問!!

     

    脱水させてしまうのに、何でお酒を飲んだ翌朝って、むくむんだろう

     

     

     

     

     

    それはね、ちょっとややこしいけど、分かりやすく話してみるね

     

     

     

     

    むくみの原因を引き起こしてる『余分な水分』って、

    血管から染み出た血漿(赤血球・白血球・血小板を取り除いた液体)成分のことなんだ

     

     

     

     

    血液って、酸素や栄養を運ぶ役割があるんだけど、

    この酸素や栄養素は、血漿が血管の外に出ることで『組織液』に変わって

    身体中の細胞に運ばれていくのね

     

     

     

    で、この組織液は、細胞に栄養や酸素を運ぶだけじゃなくて

    細胞が排泄した老廃物や二酸化炭素を回収しながら、静脈やリンパ管に入って、心臓に戻り

    再び、血液となって身体中をめぐってるの

     

     

     

     

    だから、血流が悪くなってしまうと、組織液が静脈やリンパ管に回収されなかったり

    リンパ管や静脈に回収されても、その先、スムーズに流れなくなったりする

     

     

     

    このめぐりがスムーズに行われなくなったら、

    細胞が浸っている組織液などの余分な水分が、皮膚の下に溜まっていってしまう

     

     

    その状態を『むくみ』っていうんだよね

     

     

     

     

    で、実際は、お酒には利尿作用があるから、飲むと、いつもよりトイレが近くなる

     

    それなのに、むくみが起こる理由はね

     

     

     

    アルコールって、浸透圧が高い

     

    『浸透圧』を簡単に説明すると・・・

     

     

    細胞には膜があって、

    その膜が、細胞の内と外の物質の入れ替えを行ったり

    『この物質は中に入れちゃダメ!!』といって、

    通さないフィルターの役目もしてくれてるのね

     

     

    でも、アルコールを飲むと、アルコールの方が濃度が高いために

    細胞の中と外との濃度を合わせようとする『浸透圧』が働いて

    細胞の中の水分が外に出てってしまうの。

     

     

     

     

    例えば、キュウリ!

     

    キュウリに塩をまぶすと、水分が抜けてくるでしょ?

     

    それは、塩が濃いから、キュウリの内側と外側の濃度を一定にしようと

    細胞の内側の水分が外にしみ出してきてるってことなの

     

     

     

    それが、お酒を飲むと、身体が脱水になる理由。

     

     

     

    だから、尿として、どんどん排出される

     

     

     

    でも、それは飲み始めだけ

     

     

    アルコールを分解するには、大量の水が必要なの

    それに『脱水してきましたけど~』って、身体が危機感を感じて、水を欲しがる。

     

     

    身体が多くの水分を欲しがるから、飲むよね

     

     

     

    お酒を飲む → 脱水症状になる → 喉が渇く  → お酒を飲む →  むくむ

     

     

     

    この排泄量を上回るほどの水分の摂取量が、むくみの一因ってわけ

     

     

     

     

    翌朝のむくみを軽減しようと思ったら、

    お酒を飲んでからアルコール分解のための水分を補給をしても、間に合わないから、

    お酒を飲む前に、コップ1杯ほどのお水を飲んでから、お酒を飲むといいよ

     

     

     

    それでも、むくんでしまったら

    顔にたまった水分を、まずは血管に戻すこと

     

    そのためには、血流を良くしていくことだよね

     

     

     

     

    でもやっぱり

    日頃から、新陳代謝を高め、

    老廃物がたまりにくく

    むくみが排出されやすいカラダづくり!!!

     

     

    これを行っていくことが、大事だと思うんだ

     

     

     

    『むくみにくい身体づくり』って、どうすればいいの???

     

     

    ・・・ってことについては、またの機会にお伝えできたらと思います

     

     

    ・ 顔や脚がむくみやすくて、嫌

    ・ お酒が大好きなんだけど、お肌の衰えが気になる

    ・ 寝ても疲れが取れなくて、いつも身体がだる重い

     

     

    そんなお悩みがありましたら、ぜひお気軽にお問い合わせくださいませ

    Beauty air Yuki

     

     

     

    最後までお読みくださいまして、本当にありがとうございます

  • 2018年3月26日

    今日のお客さま

    顎関節症を発症してしまったとか

     

     

    『顎関節症』って、食べ物を噛むときに、アゴの関節から音がしたり

    口を開けるときに痛みが出たり・・・といったものなんだけど

     

     

    私も、もう10年以上前になるけれど、カクカク音がしていたのが

    ある日突然、口がまったく開かなくなったことがあって

     

     

     

    近くの歯医者さんに飛んで行ったんだけど、すぐに大学病院を紹介されたんだ

     

     

    長い時間、待ったなぁ~

     

     

     

     

    その時、お医者さんに処置をしてもらって、口が開くようにはなったんだけど、

    『食いしばりが原因だから、毎晩はめて寝るように』と、マウスピースを渡されて。

     

     

     

     

     

    寝ている間の食いしばりって、自分は無意識だから、ブレーキが効かなくて、

    その人の体重の5倍~15倍もの力がアゴにかかるんだって

     

     

     

    そんな自分が普段に出せる以上の力で、数時間にわたって噛み締めていたら

    そりゃ、アゴも壊れるよね

     

     

     

    私も半年くらい、マウスピースをはめて寝ていたんだけど

    月に1個のペースで、マウスピースを噛み割ってた

    相当な力よね

     

     

     

     

     

    でも、今って、顎関節症の人は、軽い症状の人を含めると、

    日本人のほぼ2人に1人の割合くらいに上るらしいの

     

    その中でも、女性が圧倒的に多いんだって。

     

     

     

    というのも、女性は骨格や筋肉が弱いためなんだとか

     

     

     

     

     

    顎関節症になる原因は、様々なんだけど

    ストレスによって、夜、寝ている間に歯を食いしばってしまうほかに、

     

    最近、こんなに顎関節症が増えている原因としては、『姿勢の悪さ』にあると言われているよ

     

     

     

     

    『顎関節』といっても、実際は、アゴ周辺の筋肉の緊張によって引き起こされている場合が多いの。

     

     

     

     

     

    パソコンや携帯電話を使う時に、前かがみの姿勢になりがちでしょ?

     

    するとね、下アゴが前に突き出すようになって、アゴ周りの筋肉への負担が大きくなっちゃうの

     

    それに、ずっとそんな姿勢が続くと、

    首のS字カーブが失われて、真っすぐなストレートネックになってしまう。

     

    すると、首が受ける衝撃を吸収できなくなって、首周辺の筋肉に大きなストレスがかかるんだ。

     

    すると、首に近いアゴの筋肉まで影響を受けちゃうんだよね~

     

     

     

     

    他にも、

    ほおづえをついたり、寝転がってテレビや本を見たり

    アゴ周りの筋肉に負担をかけるような生活習慣が積もり積もって

    『アゴが痛い!』『カクカク音がする』『口が開かない』なんて症状を引き起こしてしまうんだ

     

     

     

     

    何とかしたいよね

     

     

    今まで出てきた言葉の中で、症状を緩和するヒントが隠されてるよ

     

     

     

     

    それはね、アゴの筋肉の疲労や緊張。

     

     

    つまり、『筋肉のコリをほぐせばいい

     

     

    アゴ周りの筋肉が凝ると血流が悪くなって、痛みが出やすいの

     

     

     

     

    肩や首が凝ると、痛みを伴うでしょ?

    それと同じ

     

     

    顎関節症の痛みは、アゴ周辺の筋肉が『肩コリ』のような状態になってるの。

     

     

     

    だから、肩コリを緩和するのと同じように

    マッサージで血行をよくすれば、症状が和らぐんだ

     

     

    症状が和らぐだけでなく、予防にも効果的だよ

     

     

     

     

    でももし今、アゴの痛みやカクカクするといった違和感があるなら

    その状態をきちんと把握するためにも、まずは専門家に診てもらってね

     

     

     

     

    おまけにいうと、関節症』は、美容にも大きな影響を与えるから!!!

     

     

     

    顔の筋肉の70%は、口周辺に集中しているの

     

    アゴに痛みがあって よく噛めなかったりすると、筋肉が衰えて、シワやたるみの原因にもなるから

     

     

    今日からマッサージなどで凝った筋肉をほぐすこと、気にかけてみてくださいね

     

     

     

    でも、ただマッサージするよりも、

    もっと効率的に、筋肉の緊張やコリを取る方法があるんだ

     

     

     

    それについては、また次回に

     

     

     

    ・ アゴ周辺の筋肉が凝って、エラが張ってきた

    ・ 首や肩コリが辛い

    ・ 口の周りのハリがなくなり、シワっぽくなってきた

     

    そんなお悩みがありましたら、ぜひお気軽にお問い合わせください

    Beauty air Yuki

     

     

     

    最後までお読みくださいまして、本当にありがとうございます

  • 2018年3月25日

    今日はサロンの定休日

     

     

    久しぶりに会うお友達とランチに行ってきました~

     

     

    私たちが訪れたところは、大きいお皿にちょこっと、上品に繊細に

    見た目美しく盛り付けられたお料理が、一品ずつ運ばれてくるお店

     

     

     

     

    食べている時には、おしゃべりに夢中で気づかなかったんだけど

    帰ってきてから、ふと思う

     

     

    『あれ? 私、少量で満足してる』って

     

     

     

     

    お客さまからも、

    『ゆっくり食べている暇がなくて、食べるのがものすごく早い』って話を、よく聞く。

     

     

     

    私もお客さまの合間合間に食べるから、

    サロンの入り口を気にしながら、立ったまま食べることも

     

     

     

    でも、せっかくのごはんを味わう余裕がなく、慌てて

    『とりあえずお腹に収めました』って感じの食べ方は、やっぱり太りやすい

     

     

     

    1食あたりにかける時間が長い人の方が、少ない人より断然、太りにくいんだよね!

     

     

     

     

    満腹感って、脳にある食欲をコントロールする『満腹中枢』が、

    食事による血糖値の上昇を感知して、満腹感を感じ、食欲にブレーキがかかるの

     

     

     

    つまり、満腹を感じるためには、満腹中枢が刺激されないといけない。

    そう感じるまでの時間は、食事を始めてから約20分ほど

     

     

     

    だから、早食いをすると、下手したら5分とかで食事を終わらしてしまう人もいるよね?

     

     

    そうすると、どうしても満足しなくて、食べ過ぎる・・・

     

     

    で、太りやすい

     

     

     

     

    だから今日みたいに、誰かと一緒に、楽しく会話しながら

    時間をかけて食事をすると、少量で満腹満足

     

     

     

     

    でも、いつも誰かとゆっくり食事できるわけじゃないから・・・

     

     

     

    先ほど私、お仕事の日は、

    『お客さまの合間合間に食べる』って書いたんだけど、

    時間がない中でも、空いた時間に、少量ずつ、ゆっくり噛んで食べるようにしてるんだ

     

     

    手の空いた時間内に、バ~ッとごはんをかき込むことはしないようにしてる。

     

    で、残ったごはんは、次の空いた時間に食べる

     

     

     

    そうすることで、時間が経ち、満腹感を感じて、食べ過ぎないで済むから

     

     

     

     

    この食べ方は、会社勤めの方や、時間に制約のある方には難しいのかもしれないけれど

    いろんな人の愛情がこもった食べ物だから、大事に食べる方法を見つけてほしいなって思います

     

     

     

    ゆっくり食べることは、身体も喜ぶ食べ方だから・・・

     

     

     

     

    今日は、改めて、そんなことを実感した一日でした

     

     

    最後までお読みくださいまして、本当にありがとうございます

     

    夜ごはん、ゆっくり触感を楽しみながら、食べてくださいね

     

     

     

     

     

  • 2018年3月24日

    ご来店くださったお客さま

    目を合わせた瞬間、思わず私、『おっ!』と声が出てしまったよ

     

     

     

    顔がパンパンですけども・・・

     

     

    『お昼まで寝てて、それからずっとゴロゴロしてた』って

     

     

    お休みの日。そんな風に過ごすのも楽しみだったりするよね~

     

     

     

    でも、鏡を見た時の、むくんだ自分の顔にはゲンナリする・・・

     

     

     

    まぶたが ポンポン

    ほっぺた ボテボテ

    アゴの下 ムックムク

     

     

    気持ちが滅入るよね~

     

     

     

    このむくみがね、時間が経つとともに解消されていけば

    その原因は『水分代謝』

     

     

     

    『水分代謝』が悪くなるという事は、リンパの流れが滞っているってことを意味するよ

     

     

     

     

    私たちの身体には『リンパ管』が張り巡らされていて

    余分な水分や老廃物を排泄してくれてるの

     

     

     

    そのリンパの流れが滞る原因としては、いろいろあるんだけど

    今回のお客さまの場合、ズバリ原因は、

    寝すぎたことと、その後のゴロゴロによる『筋肉のコリ』

     

     

     

     

    あまり身体を動かさずにいると、筋肉がこわばって凝ってくるのね。

    筋肉が凝ると、『乳酸』という疲労物質が溜まって、血管やリンパ管を圧迫してしまうの。

     

     

    すると、流れが滞っちゃう

     

     

     

    だから、『早くむくみを解消したい~っ!!!』って思ったら

    こわばった筋肉のコリを取ることが一番

     

     

     

    スーッとむくみが引いてくよ

     

     

     

     

    でね、

    その時のポイントは、顔だけ触っててもダメってこと!

     

     

     

    顔への通り道って、首や肩・頭・デコルテ・背中なんかがある。

    だから、そこらへんのリンパが詰まっていると、

    顔に溜まった余分な水分などが流れていかない・・・

     

     

    だから、そこいらへんの流れ道を、全部クリアにする必要があるの

     

     

     

    筋肉のコリを取るために、揉んだりするよね?

    でもその時に、ただ揉むだけより、もっと効率よく筋肉のコリを取る方法があるんだ

     

     

     

     

     

    それはね、コレ

     

    O2

     

    高濃度酸素オイル O2クラフト

     

     

     

    筋肉のコリは、『酸素不足』が原因なの。

     

    だから、このオイルを使うとね、不思議とお肌から酸素が浸透していくんだよ

     

     

    ドイツの特殊な技術で、オイルに酸素が結合されているから

    オイルがお肌に浸透していくのと同時に、酸素も一緒に入っていくんだって

     

     

     

    だから、ただ揉むだけより、断然、筋肉のコリがほぐれるのが早い!!!

     

     

     

    当サロンのお手入れでは、このオイルを使用してるんだけど

    ご自宅にも1本、置いておいて、むくんだ時にぜひ使ってほしい

     

     

    いざという時に、ホントいい仕事、してくれますから~(笑)

     

     

     

     

    身体の不調は、『酸素不足による筋肉のコリが原因』となっていることが、ほとんど!!

     

     

    だから、酸素をたっぷり供給して、筋肉のコリを徹底的に取り除いていくことで

    顔も身体もスッキリ軽く、健康になっていくんだ

     

     

    ・ 顔や脚のむくみが気になる

    ・ 朝の目覚めが良くなくて、一日だるい

    ・ 肩や首のコリがひどくて、辛い

     

    そんなお悩みがありましたら、ぜひお気軽にお問い合わせくださいませ

    Beauty air Yuki

     

     

     

    最後までお読みくださいまして、本当にありがとうございます

     

     

     

     

     

  • 2018年3月23日

    前回のブログで『洗いすぎ!!!』ってことを書かせていただきました

     

     

     

    でね、他にも気になるのが、顔を洗うタイミング

     

     

     

    いくら良いといわれるクレンジング剤を使っていたとしても

    顔を洗うタイミングが間違っているために、お肌が改善されない方がいるの

     

     

     

    ちょうどね、私のお客さまで、お勧めのクレンジングを使ってもらっていたんだけど、

    髪の毛の生え際やアゴ、背中のポツポツが全然消えなくて・・・

     

     

     

    いろいろ質問して、分かったんだ

     

     

    それは、やっぱりクレンジングをするタイミング!

    これを変えるだけで、一気にお肌が落ち着いてきたの

     

     

     

     

     

    先に言ってしまうと、夜、顔を洗うのは、お風呂の中で

     

     

    順番としては、髪の毛 → 身体 → 顔

     

     

     

     

    それも、髪の毛も身体も全部洗って、湯船にまったり浸かった後、

    『もうお風呂から出るぞ!』というタイミングで顔を洗う

     

     

     

     

    いきなり顔から洗うって人もいるんだけど、

    浴室に入ってすぐだと、毛穴が開いていない状態。

     

    そのまま洗っても、

    毛穴の奥に入り込んだメイクなどの汚れは閉じ込められてるから

    キレイに落とせないのね

     

     

     

    そこで、湯船にしっかり浸かって身体を芯から温めることで

    キュッと閉じていた毛穴がゆるむし

    毛穴に詰まったメイクなどの油汚れも溶け出してくる

     

     

     

    そうすると、『メイクが落ちにくい』と力をこめて洗う必要がなくて、

    お肌へのダメージが大きくならずに済むんだよ

     

     

     

     

    で、

    顔をクレンジングした後に、髪の毛を洗うとすると

    いくら顔にかからないように気をつけていても、

    シャンプーやトリートメントなどが顔に流れている事もある

     

     

     

    特に、髪の毛を洗った後につけるコンディショナーやトリートメントといったものには

    髪の毛をツルツルな手触りにするコーティング剤や、静電気防止剤などが使われている。

     

     

    髪の毛や頭皮に優しいと言われる『ノンシリコン』は、

    『コーティング剤を配合していません』って意味だから

    結構、刺激があると言われる静電気防止剤は入っている可能性が高いの・・・

     

     

     

    これは刺激が強いから、美容師さんにもトリートメント使用の際の注意事項として

    『頭皮にはつけないように、髪の毛だけにつけてくださいね』と言われるよね

     

     

     

    それくらいお肌にとっては、刺激がある

     

    だから、そういった成分が身体につくと、お肌が荒れちゃうの。

     

     

     

    髪の毛の生え際や、背中ニキビに悩んでいる方の多くは、

    このトリートメントなどを洗い流した時に、その成分がお肌に残っているために

    影響を受けていることが考えられる

     

     

     

    だから、そういった成分をお肌から洗い流すために

    髪の毛を洗った後に、身体を洗う

     

     

     

     

     

    それから顔をクレンジングするよ

     

     

     

     

    『髪の毛を洗った後でもイイじゃん!!!』って言われそうですが

    顔を最後にもってくるにも、訳があって

     

     

     

    『浴室内には湿気があるから、お肌は乾かない』って思われがちだけど

    実は、そんなこと、ないんだ~

     

     

     

    メイクを落としてすぐのお肌って、保護していた油分も取り去られた状態。

     

     

    このままの状態で湯船に浸かると、

    温まって開いた毛穴から水分が蒸発しやすいし、

    肌の潤い成分も流れやすいの

     

     

     

    だから、メイクを落として無防備のお肌のまま、浴室内で長く過ごすより

    メイクなどが乗っかったまんま、湯船に浸かっている方が、お肌の潤い成分の流出は抑えられるから・・・

     

     

     

     

    ・ なかなか肌荒れが治らない

    ・ 乾燥肌が改善しない

    ・ このクレンジングが肌に合っているのか分からない

     

     

    一度、お風呂の中での洗う順番を見直してもらって、それでも悩みが改善されない時には

    ぜひ、お気軽にお問い合わせくださいませ

    Beauty air Yuki

     

     

     

    最後までお読みくださいまして、本当にありがとうございます

     

     

  • 2018年3月22日

    前回のブログ

    『実際は、バリア機能を壊している生活習慣を続けている方もいらっしゃる』と書きました

     

     

    お肌をキレイにしようと、手をかければかけるほど

    お肌の大切な働き『バリア機能』を壊している場合があるの

     

     

     

    『バリア機能』とは、潤いを蓄えて、乾燥と外部刺激からお肌を守る働きのこと。

     

    それは、肌表面にある0.02mmという薄さの角質層が担ってくれている

     

     

    でも、そのバリア機能が壊されているために、敏感肌や乾燥肌に悩むことになるんだ

     

     

     

    『お肌をキレイにしよう』と頑張っている行為で、お肌を傷めている・・・

     

    それって、とんでもなく哀しいよね

     

     

     

    私は美しいお肌を育てるために、『筋肉と腸』にアプローチする方法をお伝えしているんだけど

    でも、このバリア機能を壊す習慣が日常にあるとしたら、お肌が改善していくのをジャマしてしまうから・・・

     

     

     

    それに、今って、花粉や黄砂が飛びまくってるでしょ?

    だから、しっかり『バリア機能』を回復させて、

    お肌にとって有害となるものから守ってもらいたいなって思います

     

     

     

     

    このバリア機能を壊してしまう要因のひとつに、『洗顔のしすぎ』があるの。

     

     

     

    『美しいお肌は、まず汚れを落とすことから』

     

    そんな意識が強いためか、しっかりすぎるほど洗顔されている方が多いです

     

     

     

     

     

    長い時間をかけて、クレンジングや洗顔料でしっかり丁寧に、

    キュキュッて音がなるんじゃないかってくらい洗ってるのが分かる

     

    特に、小鼻など『ザラツキ・黒ずみが気になるから』と、念入りにゴシゴシ ゴシゴシ

     

     

     

     

    今のクレンジング剤や洗顔料ってね、とっても優秀なの

    顔になじませるだけで、十分汚れを浮き上がらせてくれるから

    擦る必要なんてないんだよ

     

     

     

    それにね、

    メイクを落とすためにクレンジングするでしょ。

    クレンジングをした後のお肌って

    汚れを落とすのと同時に、お肌を保護していた皮脂膜も取り去られた状態

     

     

    『皮脂膜』っていうのは、

    皮脂腺から分泌される皮脂と、汗腺から分泌される汗、そして角質で分解された成分が混ざって出来ていて

    『天然保湿因子』『細胞間脂質』とともに、お肌の保湿の3大因子の一つなんだ

     

     

     

     

    この皮脂膜が、角質層が剥がれるのを防ぐ役割をしてくれてるの

     

     

    で、クレンジングをした後のお肌は、この皮脂膜までもが取り去られた状態なわけ。

    そこに、さらに泡洗顔したとしたら『どんだけお肌の潤いを洗い流しちゃうの~~~』って感じです

     

     

     

    ただでさえお風呂の中では、お肌の保湿成分が温度によって流れ出てしまっている

     

     

    私は、クレンジングと洗顔の2回顔を洗う『W洗顔』は不要と思っています。

     

     

    洗顔の回数が増えれば、お肌の負担にしかならず

    せっかく強くて美しいお肌を育てようと、食事や睡眠・スキンケアアイテムに気をつけていても

    洗顔で『バリア機能』を壊していたら、結局は、乾燥や肌荒れ・シミ・たるみなどに悩むことになる。

     

     

     

    だから、洗顔の回数は最小限に抑え、洗っている時間も短く済ませることが大事

     

     

     

    お店に行けば、いろんな種類のクレンジング剤が並んでいて

    『どれにすればいいの?』って迷ってしまいますよね

     

     

     

    そこで、私がおすすめするのは、コレ

     

    MIREY モイストクレンジング

     

    linecamer

     

     

    これは、美容成分93%で出来ていて、保湿成分でメイクなどの汚れを落とすから

    お肌に必要な皮脂まで洗い流すことがないの

     

     

    クレンジングをコレに変えるだけで、お肌が丈夫になっていくのが分かるんだ

     

    ・ 敏感肌で、お化粧品を変えるのが怖い。

    ・ 肌が弱いんだけど、良くも悪くもない化粧品ではつまらない。

    ・ お肌のトラブルをしっかり改善していきたい。

     

    そんな思いがありましたら、ぜひお気軽にお問い合わせくださいませ

    Beauty air Yuki

     

     

     

    最後までお読みくださいまして、本当にありがとうございます

     

     

  • 2018年3月21日

    今の時期、お肌のトラブルを感じていらっしゃる方が多い

     

     

    今日のお客さまも花粉症で目を真っ赤にされていて・・・

    『顔が痒くて、つい掻いてしまいます~』って。

     

     

     

    せっかく暖かくなってきて、お花も咲きだして、とってもいい季節なのに

    花粉症だと、ホントに辛そうで、見ていて可哀想になってくる・・・

     

     

     

    そこで今日は、この時期、とっても大事な

    『バリア機能』について書いてみようかなって思います

     

     

     

     

    何でこの時期、お肌の不調に悩まされる方が多いのかっていうとね、

    花粉・黄砂・PM2.5などが飛んで、一年の内でもっとも空気が汚れる季節だからなの

     

     

     

    春ならではの気圧配置のために、

    日本で発生したものだけじゃなくて、

    大陸からも汚染物質が運ばれやすいんだって

     

     

    『汚染物質』というと、車の排気ガスや工場の煙から出たものなどが主なもの

     

     

    こういった空気に混じっている物質が、お肌に付着して

    痒みや肌荒れを引き起こしてしまったりしてしまうの

     

     

     

     

    でも、お肌って本来は、外部からの刺激を受けないように、お肌を守る働きがある。

     

    それは、表面にある、たった0.02mmの厚さしかない角質層

    これが、外部刺激からお肌を守るだけじゃなくて、潤いを保ってお肌が乾燥するのを防いでくれてる

     

     

     

     

    その働きを『バリア機能』っていうよ

     

     

     

    その角質層にはね、

    保湿成分を作り出して、水分を蓄え、留めておくって力が備わってるの。

     

     

    でも、お肌の生まれ変わる周期が乱れることで、

    角質層の水分量が減少すると、このバリア機能が低下する

     

    すると、角質層に隙間が出来て、どんどん水分が逃げてしまうの

     

    水分が逃げると乾燥肌になるよね

     

     

     

    お肌が乾燥すると、皮膚表面近くまで痒みを感じる神経線維が伸びてきてしまって、

    外からの刺激に敏感になり、ちょっとした刺激でも痒みを感じやすくなってしまうんだ

     

     

     

    痒いから掻く。

     

    すると、炎症が起こって、さらに痒みが悪化するという悪循環に

     

     

     

     

    だから、この『バリア機能』をしっかり育てることが、今の季節、本当に大事

     

     

     

    バリア機能を回復させて、刺激に強くなり、潤いがあって透明感溢れるお肌にできたら

    この春をもっと快適に、楽しく過ごせるよね

     

     

     

    でも、実際は、バリア機能を壊している生活習慣を続けている方もいらっしゃるから

    そんなことを次回、書いていけたらって思います

     

     

    ・ 肌トラブルに悩まされていて気分が憂鬱

    ・ 花粉症が年々酷くなる一方で、春が嫌い

    ・ スキンケアをどうしたらいいのか、全然分からない

     

    そんなお悩みがありましたら、ぜひお気軽にお問い合わせくださいませ

    Beauty air Yuki

     

     

    最後までお読みくださいまして、本当にありがとうございます

     

     

     

     

     

     

     

  • 2018年3月20日

    『ダイエットには筋トレがいいと思ってたのに、何で~!!!』という叫びに

    お答えしていこうかなって思います

     

     

     

    前回のブログで『筋トレをしても基礎代謝は上がらない』というようなことを書きました

     

     

    『ダイエットのために筋トレ頑張ってたのにショック~』って声が聞こえてきそうですが

     

     

     

    ちょっと確認させてもらうと・・・

     

    痩せるために、筋トレしてるんだよね?

    筋肉をつけたら、脂肪を燃焼してくれて、ダイエットになるって思ってるんだよね?

     

     

     

    それなら、やっぱり、筋トレはそぐわないかも

     

     

     

    実はね、

    筋肉を増やすためには、摂取カロリーが消費カロリーを上回る必要があるから。

     

     

    摂取カロリーが消費カロリーを上回ることで、筋トレをしていなくても筋肉量は増えるの

     

     

     

     

    えっ? どういうことですか???

     

    ・・・って感じですよね

     

     

     

     

    えっとね、

    生命活動を維持するために、内臓を動かしたり、呼吸したり、体温を上げたりといった

    必要最低限消費されていくエネルギー量を『基礎代謝』というんだけど

     

    基礎代謝は、性別・年齢・体格(身長・体重・筋肉量)で決まる。

     

     

     

    性別も年齢も身長も変えられないよね?

    だとすると、残るは、体格を変えれば、基礎代謝量をアップすることが出来る

     

     

     

    『体格を変える』って、体重を増やして、身体の表面積を増やすということ。

    言い換えれば、太る必要があるってことなの

     

     

     

    だ~か~ら~、

    痩せたい人が、ダイエットのために食べるのを控える。

    それは、摂取カロリーを減らしてるってことだよね?

     

    摂取カロリーを減らして、筋肉量を増やすことは出来ない。

    ・・・ってことは、ダイエットしながら筋肉量を増やし、基礎代謝を上げようとすることは不可能って分かる

     

     

     

     

    でもね、ダイエットしてる人が、筋トレを取り入れることは

    別の意味で、すごく大事

     

     

     

    それはね、筋トレしないままダイエットをすると、脂肪と同時に筋肉も落ちていくから

     

    だから、筋トレをする事によって、筋肉が落ちにくくなって

    そして脂肪だけを落としていくことが出来る

     

     

    『基礎代謝』という分類では、効果の薄い筋トレも、

    生活の中で身体を動かすことで消費される『活動代謝』という形では、

    代謝はアップしているから、無意味なんてことはないんだよ~

     

     

    健康のために現在の筋肉をキープするためにも、スタイルを美しく見せるためにも

    ダイエット中の筋トレは、ぜひ続けてくださいね

     

     

    ・ ダイエットしても、すぐリバウンドしてしまう

    ・ なかなか痩せられない

    ・ 鍛えすぎて、脚が余計に太くなった

     

    そんなお悩みがありましたら、ぜひお気軽にお問い合わせくださいませ

    Beauty air Yuki

     

     

     

    最後までお読みくださいまして、本当にありがとうございます

     

     

     

     

  • 2018年3月19日

    『代謝が落ちると太りやすい』って言われるから

    『代謝』と聞くと、『痩せるために必要なこと』と、思われがち

     

     

    でも、実際、『代謝』って

    ダイエット目的でいわれる『消費系代謝』もあれば

    お肌のための『新陳代謝』などもあって、いろんな種類があるんだ

     

     

     

    『代謝』って、一言でいうと

    摂取した栄養素やエネルギーを、消費したり、細胞を生成するのに利用したりする働きのこと。

     

     

     

    ・・・一言になってないかも(笑)

     

     

     

    代謝が活発になるって、どういうことかって言うとね

    入ってきたエネルギーを使い果たすから、身体に余分なものが蓄積しないし

    古い細胞を排出して、新しいものを作り出すサイクルが順調になるから、お肌がキレイになるし

    ダイエットや美肌はもちろん、肩コリなどの身体の不調を改善するためにも、とっても大事なの

     

     

     

    だったら、絶対、上げていきたいよね、代謝

     

     

     

     

    でね、

    身体の代謝もお肌の代謝も、上げていくために出来ることって、いろいろあるんだけど

    そのひとつに、『内臓の働きを高める』っていうのが挙げられるんだ

     

     

     

    これ、すっごく大事

     

     

     

    よくね、『代謝を上げるためには筋肉をつけなさーい!!!』って言われるんだけど、

    筋肉をつけて代謝がアップするまでには、相当な頑張りと、相当な年月がかかるの

     

     

    筋肉量を1㎏増やして上がる基礎代謝って、1日に20㎉くらい

     

    20㎉っていったら、バナナひと口分くらいだよ

     

     

     

    それにね、『1㎏』って、『たった1㎏じゃん』って思うかもしれないけど、

    筋肉量の1㎏を増やすって、ものっすごい大変なの

     

     

    初心者なら、半年くらいはかかってしまうとか

    特に女性は、筋肉が付きにくいからね・・・

     

     

    それでやっとこさ1㎏増やしたとしても、基礎代謝量は1日20㎉増えるだけ

     

     

     

    なんか、やる気をそがれるよね・・・

     

     

     

     

    ちょっとこの『基礎代謝の内訳』を見てみて

     

    1位 肝臓・・・ 27%

    2位   脳  ・・・   19%

    3位 筋肉・・・ 18%

    4位 腎臓・・・ 10%

    5位 心臓・・・   7%

    その他 ・・・     19%

     

     

    『基礎代謝を上げるためには、筋トレ!!!』なんて言われてるけど

    筋肉って、1位じゃないんだよね~っ

     

     

     

    その点、内臓は、私たちが意識しなくても1日中働いてくれているでしょ?

    だから、消費されるカロリーが、一番高い

     

     

     

    だから、内臓の働きを高めることの方が、筋トレするより効率的ってわけなの

     

     

     

    で、

    その『内臓機能を高める』ために出来る事って

    ほぼほぼ、食事に気をつけることくらい。

     

     

     

    食事の内容はもちろん、量も大事

     

     

     

    バランスよく食べるのは基本。

    その上で、食べすぎで、消化に追われさせないこと。

     

     

     

    内臓が疲れ果ててしまったら、働きが鈍って、代謝が下がってしまうからね

     

     

     

    内臓の負担を減らすと、代謝が上がる

     

     

     

    『ダイエットには筋トレがいいと思ってたのに、何で~!!!』という疑問には

    次回、ちょっと詳しくお伝えできたらなって思います

     

     

    ・ 痩せたいんだけど、なかなか痩せられない

    ・ ついつい暴飲暴食をしてしまう

    ・ 胃腸の調子が悪くて、疲れやすい

     

    そんなお悩みがありましたら、ぜひお気軽にお問い合わせくださいませ

    Beauty air Yuki

     

     

    最後までお読みくださいまして、本当にありがとうございます

  • 2018年3月18日

    シワやたるみが気になりだすと、つい試したくなるんじゃないかな

    『コラーゲン』とか『ヒアルロン酸』といった魅力的な言葉が並んだサプリを

     

     

     

    『失われていくハリや弾力成分を補わなくっちゃ!!!』って。

     

     

     

     

    でも実際、コラーゲンやヒアルロン酸など、有効とされる成分を大量に摂ったとしても

    身体の中では、すべて分解されてしまうってご存知でしたか

     

     

     

    摂った成分が、そのまんまお肌に届いて作用してくれるわけじゃないんです

     

     

     

     

    というのもね、

    食べ物でもサプリでも、消化吸収された後は、一旦、

    コラーゲンはアミノ酸に、ヒアルロン酸は単糖に分解されるんです。

     

     

    で、

    分解されたものが身体のアチコチに運ばれて、細胞内で再合成されることで

    初めて、コラーゲンやヒアルロン酸が生成されるって仕組みなの

     

     

     

     

    だからね、

    そういった『美肌にいい』と思って摂った成分を消化吸収したからといって、

    細胞の代謝作用が活発でなければ、再合成されにくいってことなんです

     

     

     

     

    つまり、

    分解されたアミノ酸からコラーゲンを作ることが出来なければ、

    コラーゲンが補われることにはならない

     

     

    分解された単糖からヒアルロン酸を作ることが出来なければ、

    ヒアルロン酸が補われることにはならない

     

     

     

    それはすべて、お肌の代謝機能次第ってことなの

     

     

     

     

    『コラーゲンを摂れば、お肌のたるみを解消できる』ってもんではないんですね~

     

     

     

     

    じゃあ、どうやってお肌の代謝機能を上げればいいの?

     

     

    ・・・って話は、また次回に

     

     

     

    あっ

     

    だからといって、『良質なタンパク質やヒアルロン酸を摂ることが無駄』と言ってるんじゃないんですよ

    体内にそういった成分が増えることで、美肌作用や健康増進効果などは期待できますから~

     

    ただ、『すぐお肌に効く』ってことではないということをお伝えしたかったんです

     

     

     

     

    最後までお読みくださいまして、本当にありがとうございます