三重県鈴鹿市、白子にあるエステサロン ビューティエアーユキ。ベッド1台の完全なるプライベート空間。手の温もりを大切した1回で結果を出す小顔や美脚トリートメントが人気

ブログ
Blog

ブログ

  • 2018年4月18日

     

    杉やヒノキなどの花粉で、目のひどいかゆみや、鼻水が止まらない人もいる。

    新しい生活がスタートすることで、ストレスを感じ、お腹が痛くなる人もいる。

     

     

    これは、すべて腸のコンディションが影響しています

     

     

     

    腸は、ただ食べた物を消化・吸収・排泄しているだけじゃなくて、

    免疫力・お肌の状態・太りやすさ・心の状態などにも深く関わっています

     

     

     

     

    そんな大事な腸内環境。

    それが、この時代に生きる私たちは、悪化しがち

     

     

     

    今や日本は、世界的な『生活習慣病大国』になってしまっています

     

     

     

     

    その大きな原因のひとつが、やっぱり食事

     

     

     

     

    食の欧米化が急速に進み、世界に誇る『和食』を食べる人が

    特に若い人の間では激減・・・

     

     

    動物性たんぱく質や脂質の摂取量が増えて

    炭水化物や食物繊維の摂取量が減少

     

     

    24時間、好きな時に、好きなだけ食べられる

     

     

     

    豊かなようでいて、幸せかというと、ちょっと違う・・・

     

     

     

    『日本人は長寿』といっても、

    実際は、介護が必要だったり、寝たきりだったりと

    健康な状態で生活できる『健康寿命』とは、10年も違いがあると言われています

     

     

     

     

    そこで、今、大きな問題となっているのが『現代型栄養失調』

     

     

     

     

    栄養失調って???

     

     

    この日本で???

     

     

    ・・・って感じですよね

     

     

     

    でも、『カロリーを摂る』のと、『栄養を摂る』のとでは、まったく違うから。

     

     

     

    1日に必要なカロリーは満たしていても、

    特定の栄養素が極端に不足していることで

    様々な不調を訴える『現代型栄養失調』

     

     

     

    だから、三度三度きちっと食事を摂っているつもりでも

    栄養バランスの乱れから、誰でも栄養失調になる可能性があるんです

     

     

     

    現代型栄養失調は、自覚症状がない人も含め、数千万人にも上るそう

     

     

     

     

    人生80年とすると、1日3回の食事を摂るとして

    食事の回数は87,000回以上

     

     

     

    それが私たちを作っているから・・・

     

     

     

    もちろん、食事を作るのが面倒でお弁当を買ってくる日もあったり

    欲に任せて、食べたいものを食べたいだけ食べてしまう日もあると思う。

     

     

     

    でも、毎回、それでは健康を保てなくなって、つまらない生活になるかもしれないから

     

     

    なるべくメンタルに左右されないように、食べる前に

    『これ、本当に食べたいかな?』と自分に問いかけてみてほしい

     

     

     

    無意識で食べるんじゃなく、大事な自分を作っているものだから・・・。

     

     

     

     

    年齢とともに気になってくる顔と身体の悩みを

    筋肉と腸にアプローチすることで若返らせ

    ココロとカラダの健康美レベルを上げていくサロンをしております

    Beauty air Yuki

     

     

     

    最後までお読みくださいまして、本当にありがとうございます

     

     

     

     

     

  • 2018年4月18日

    以前のブログ

    『腸内細菌が人の思考や行動や性格を作っている』と書きました

     

     

     

    腸内細菌って、体内に6000億~1兆個あると言われていて

    その種類は1000種類以上

     

     

     

    でね、腸内細菌の種類って、人によって違うの

     

     

     

    幸福感や安らぎを感じる『セロトニン』という物質を作り出す腸内細菌が多くいれば、

    精神が安定するということ

     

     

    だから、人によって性格が違ってくるんだね!

     

     

     

    でね、腸内細菌のすごい話は、まだまだ続くよ

     

     

     

    お客さまの中に

    眠りが浅かったり、寝つきが悪かったりと、

    良質な睡眠が取れていない方がみえるんだ。

     

     

    中には薬に頼っている方もいたり・・・

     

     

     

    実はね、腸内細菌は、睡眠の質にも大きな影響を与えてる

     

     

     

    どんだけやるんだ、腸内細菌

     

     

     

    睡眠には『メラトニン』というホルモンが分泌されることで、眠りを誘うんだけど・・・

     

     

     

    ちょっと難しい話になるよ

     

     

    メラトニンの原料となっているのは、タンパク質。

    タンパク質を含むお肉やお魚を食べると、腸で消化・吸収されるでしょ?

     

    この、タンパク質を分解する過程で、ビタミンが必要になるの。

     

     

    そのビタミンを合成してくれるのが、腸内細菌ってわけ

     

     

     

     

    つまり

    タンパク質を分解し出来たトリプトファンが脳に運ばれて、

    神経伝達物質のセロトニンへ転換されて

    このセロトニンを元に、メラトニンが生成されるんだけど・・・

     

     

     

     

    そもそも

    腸内細菌が正しく機能していないと、分解するのに必要なビタミンが作られないから

    メラトニンもうまく分泌されずに、睡眠不足になっちゃうの

     

     

     

     

    だからといって、ビタミンたっぷりの野菜やフルーツを摂ったところで

    腸が元気でなければ、そのビタミンは吸収されないから・・・

     

     

     

    腸の健康が とっても大事になってくる

     

     

     

    腸が元気であれば、ビタミンを合成する力が高まるから

    その状態の時にタンパク質が入ってこれば

    メラトニンの分泌量が増やせるの

     

     

    すると、よい睡眠がとれる

     

     

     

    睡眠に悩んでいる方は、ぜひ腸内環境にも目を向けてみてくださいね

     

    ・ 寝つきや寝起きが悪くて、疲れが取れない

    ・ 寝る時間がバラバラで、自律神経が乱れてる

    ・ 寝ている間に何度も目を覚ますくらいに、眠りが浅い

     

    そんなお悩みがありましたら、ぜひお気軽にお問い合わせくださいませ

    Beauty air Yuki

     

     

    最後までお読みくださいまして、本当にありがとうございます

     

     

     

  • 2018年4月4日

    腸内環境を改善することに、興味があるお客さま

     

    でも、『甘いものを食べるのが大好きだからな~』とかで

    『今日から、食事を気をつけます』と、なかなか宣言できないみたい(笑)

     

     

     

    その気持ち、分かる~

     

     

     

    『ダイエットするって決めたら、もうバイキングに行けないし・・・』みたいな。

     

     

     

    キレイになったり、痩せたり、健康になりたい気持ちはあるんだけど

    『やる!』って決めたら、クリーム盛り盛りのパンケーキが食べられないし・・・

     

     

    『そこまで困ってないから、まだいっか!』みたいになりがち(笑)

     

     

     

     

    でね、こんな質問されたの

    『生きたまま腸に届く乳酸菌って聞くけど、普通は生きたまま届かないの?』って。

     

     

     

    腸内環境を改善するために大事なことは、やっぱり食事

     

     

    特に積極的に取り入れてほしいのが、味噌や納豆・漬物などの発酵食品

     

     

     

     

    発酵食品には、微生物が生きていることが珍しくないんだけど

    そのほとんどは酸に弱いから、胃で死んでしまって、

    生きたまんまの状態では、腸まで届かないの

     

     

     

    でもね、

    生きた菌が腸まで届いたところで、これが効果的なのかどうかは

    実はハッキリと分かってないんだ

     

     

     

    でもね、

    菌が、生きているか死んでいるかが大事なんじゃなくて

    その菌自体、たとえそれが死んでいたとしても

    腸内に、その菌自体が届けばいいの

     

     

    それはね、

    その菌自体が、腸内にいる善玉菌のエサになるから

     

     

     

     

    だから、乳酸菌も胃酸で一部が死んでしまうにしても、

    多く腸内に菌自体を届けることが大事

     

     

     

    腸内環境を整えることは、肩コリやアレルギー症状など、今、悩んでいる不調だけでなく

    これから起こる可能性のある病気の予防にもなるから・・・

     

     

    ぜひ発酵食品を、毎日取り入れてほしいなって思います

     

     

     

    『甘いものを止める決心がつかないから、腸内環境改善に取り組めない』っていう方

    『食べるの、我慢したくないし・・・』って思われる方

    『外食が多いから、そんなに栄養が摂れるかどうか・・・』って躊躇われる方

     

     

     

    ぜひ、コレを試してみてください

    Attachmen

     

     

    完全無農薬・無肥料の苺で出来た『苺酵素』

     

    ちゃんと善玉菌を増やし、腸内環境を良くしてくれる頼もしい存在

     

     

    甘くて美味しいから

    甘いものが食べられないストレスがないの

     

    甘みで満足感が出るから、空腹も気にならないよ。

     

     

     

    腸内環境を改善するのに、ガッツリ食事制限すると

    ストレスになって、リバウンドの原因にもなりやすいからね

     

     

     

    『腸内環境改善に取り組みたい!!』って思われたら

    この苺酵素を飲むことから始めるのは、とってもやりやすいと思う

     

     

    とってもお勧めです

     

     

    ・ 便秘だったり、下痢だったり、イマイチ腸の調子が良くない

    ・ 甘いものが大好きで、何度も食事制限に失敗してる

    ・ むちゃくちゃ腸の中をキレイにしたいって思っている

     

    そんな方は、ぜひお気軽にお問い合わせくださいませ

    Beauty air Yuki

     

     

    最後までお読みくださいまして、本当にありがとうございます

     

  • 2018年4月3日

    前回のブログで、こんな事を書いたよ

     

    『プレボテラ属』の菌が多く分布していると、不安や苦悩を感じやすくなり

    『バクテロイデス属』の菌が多く分布していると、ネガティブな感情を抱きにくい。

     

     

     

    ここに出てくるバクテロイデス属の菌

     

     

    これは、性格を温和にしてくれるだけじゃなくて、

    すっごく嬉しい働きをしてくれるの

     

     

     

    この子は大事にした方がいいよ~

     

     

     

     

    だって、別名はナント『痩せ菌』

     

     

     

     

    その仕組みはね、

    この痩せ菌が、エサである食物繊維を食べて、それを分解すると、

    体重を落とすのを助ける『痩せ物質』が生まれるからなの

     

     

     

     

    この痩せ物質は『短鎖脂肪酸』っていうんだけど、

    脂肪細胞のセンサーが、『短鎖脂肪酸が来たーーーっ!!!』と感知すると

    脂肪の取り込みを止めてしまうの

     

     

     

    『脂肪細胞が脂肪を蓄えると太る』わけだから

    脂肪の取り込みを、脂肪細胞が止めてしまうってことは

    脂肪の蓄積が抑えられるってことだよね

     

     

     

    つまり、痩せる

     

     

     

    他にもね、自律神経が『短鎖脂肪酸が来たーーーっ!!!』と感知すると

    アドレナリンの分泌が盛んになるの

     

     

    アドレナリンが多く分泌されると、

    やる気や自信がわいて、ポジティブな気持ちになるって言われてるから

    だから、『腸内細菌が性格にも影響する』って、ここで分かるよね

     

     

     

    でね、アドレナリンが多く分泌されると、交感神経の働きが活発になるから

    体温が上がって、エネルギー代謝が高くなるの。

     

     

    すると、脂肪が燃える

     

     

     

    他にも食欲を抑えてくれたり、免疫力を高めてくれたり

     

     

    もうもう短鎖脂肪酸のダイエット効果、抜群でしょ

     

     

     

     

    この短鎖脂肪酸、ぜひぜひ増やしていきたいよね

     

     

     

     

     

    この短鎖脂肪酸を作ってくれるのが、

    痩せ菌であるバクテロイデス属の菌や、ビフィズス菌。

     

     

     

    日本の食文化って、本当に素晴らしいよね

    味噌や納豆・ぬか漬などの発酵食品が身近にある。

    これらがビフィズス菌を増やしてくれるから

     

     

     

    哀しいかな・・・

    年齢とともに、腸内の善玉菌は減っていく。

    だから、積極的に善玉菌を増やす食事を取ってほしいな

     

     

     

     

    でもね

    『毎朝、お味噌汁や納豆を食べてるから大丈夫』って思っている方も多いと思う。

     

     

     

    そう信じて食べているお味噌、安全ですか

     

    その納豆、きちんと発酵されていますか

     

     

     

    そもそも、その原料となっている大豆、

    農薬は?

    化学肥料は?

    遺伝子組み換えとかされてない?

     

     

     

    『発酵食品は身体にいいもんだ』と思って食べていても、

    身体に負担のかかる食品添加物や合成保存料などが

    たっぷり含まれている物もあるから・・・

     

     

     

     

    発酵食といいながらも、『発酵調味料』で

    発酵したように見せかけているものまであるよ

     

     

     

     

    そこまで神経質になる必要はないかもしれないけれど

    せっかく『身体を良くしていきたい!!』と思って食べているなら

    『安いから』とかいう理由で、スーパーでカゴに入れるのではなくて

    ちょっと考えてもらえたらなって思います。

     

     

     

    『そんなこと言われたら、どれを選べばいいか分かんな~い』って思った?

     

     

    そしたら、ぜひコレを試してみて!!!

    お勧めできる良いモノがあるんだ

     

     

     

     

    ジャジャ~~~~ン

     

    Attachmen

     

    30数年にわたり農薬や化学肥料を使用しない栽培方法で

    大事に育てられた苺。

    『薬局に並べられる』とまで言われる苺でつくられた『苺酵素』なの

     

     

     

    安心して飲めるだけでなく、

    飲み始めると、善玉菌が増えてきた実感が、ちゃんとあるし

    何より美味しい

     

     

     

     

    ・ 最近、何しても痩せない

    ・ 食生活が乱れてる

    ・ 胃腸の調子があまり良くない

     

    そんなお悩みがありましたら、ぜひお気軽にお問い合わせくださいませ

    Beauty air Yuki

     

     

     

    最後までお読みくださいまして、本当にありがとうございます

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    働きやエネルギー代謝を上げる働きもあって

    ダイエットには嬉しい効果だよね

     

     

  • 2018年4月2日

    前回のブログ

    『胃腸の調子を整えれば、心まで晴れやかになる』と書きました

     

     

     

    それには、ちゃんとした研究結果も報告されているんだ

     

     

     

     

    面白いんだよ~

    だって、腸内細菌が性格まで変えてしまうっていうんだから

     

     

     

     

    『私、性格、暗いし』

    『病的ネガティブ思考だし』

    『生まれ持った性格だもん』

    『こんな自分でも仕方ないじゃん』

     

     

     

    ・・・なんて、思っていたのが、

    実は、腸内を変えれば、性格だって変えられるだなんて朗報でしょ

     

     

     

     

    腸の中には、総重量1㎏以上もの腸内細菌が生息してるんだけど

    数にして600~1000兆個くらい!!

     

     

    そんな膨大な数の腸内細菌たちが

    私たちの思考や行動の傾向にまで、影響を及ぼしてるのは

    感情に反応する細菌グループがあるからなの

     

     

     

     

    細菌グループは、いろいろあって

    どの細菌グループが多く腸内に分布しているかによって

    同じ状況に出会った時の反応の仕方が、それぞれ違ってくる

     

     

     

     

    例えば、辛い映像を見せられたとしても

    不安や苦痛を感じたりする人もいれば、

    そんなネガティブな感情が湧かない人もいるでしょ?

     

     

     

    それっていうのは、

    『プレボテラ属』っていう菌が多く分布していると、不安や苦悩を感じやすくなって

    『バクテロイデス属』っていう菌が多く分布していると、ネガティブな感情を抱きにくいんだとか

     

     

     

    舌を噛んじゃいそうな、どっかの星みたいな名前だね(笑)

     

     

     

    不安レベルをさげてくれるのは、善玉菌

     

     

     

    それなら、増さないと、損だよね

     

    腸に善玉菌を増やし、ストレスやプレッシャーに強い自分になってみませんか?

     

     

    当サロンでは、明るく元気な善玉菌を育てる方法をお伝えしております

    ご興味がございましたら、ぜひお気軽にお問い合わせくださいませ

    Beauty air Yuki

     

     

     

    最後までお読みくださいまして、本当にありがとうございます

     

     

     

  • 2018年4月1日

    今日から4月

     

    新しい生活が始まることに、ワクワクしている人もいるんだろうな

     

     

     

    でも、中には、環境が変わることをストレスに感じている人も、多いと思う

     

     

    私も学生の頃は、クラス替えがとっても苦手だった

    というのも、友達を作るのが上手じゃなかったから・・・

     

     

    最初の1ヵ月くらいは、ポツンとひとりでいることが多くて

    辛いし、寂しいしで、学校を休みたくて仕方なかったなぁ・・・

     

     

     

    お客さまからも、

    『上司が替わるから、職場の雰囲気がどうなるか不安』

    『地元を離れるから、周りに誰も知り合いがいなくなるのが寂しい』

     

    そんな話を、よく聞く。

     

     

     

    花が咲き誇るカラフルな外の景色とは、真逆で

    心は活気をなくし、どんよりとした空気が漂っているのを感じる

     

     

     

     

    肌荒れの原因って、

    お肌の乾燥だったり、睡眠不足、ホルモンの乱れや、細菌・毛穴の汚れなどなど

    たくさんある。

     

     

     

    ストレスだって、原因のひとつ

     

     

    心理的ストレスがかかるとね、深く関わりのある交感神経が刺激を受けるんだ

    すると、男性ホルモンが分泌されやすくなるの

     

     

    男性ホルモンは皮脂の分泌を過剰にするから、ニキビが出来やすい脂性肌に傾いてしまう

     

     

     

    それに、自律神経の乱れは、胃腸の働きを低下させてしまうから・・・

     

     

     

    胃腸が弱ると、消化しきれない食べ物が、腐敗して毒素に変化してしまうの

     

     

    すると、その毒素が血液に乗って全身をめぐるでしょ?

     

     

    で、その毒素が皮膚に到達した時に、皮脂と混じり合って、皮膚から排出されて、ニキビになる

     

     

    それに、胃腸が弱ると免疫機能が低下して、お肌の炎症も起きやすくなるから

     

     

     

     

    だからといって、ストレスをすぐに取り除けられるかって言ったら

    簡単には出来ないよね

     

     

     

    出来たら、こんなに悩んでない・・・

     

     

     

    でもね、気持ちを変えることは、すぐには無理でも

    自律神経の乱れが、胃腸の働きを低下させてしまうなら

     

    胃腸の働きを正常に戻せば、自律神経のバランスも整うってことが言えるんだ

     

     

     

    心と身体は繋がってるからね

     

     

     

    気持ちがふさぐなら、胸を開いて顔を上げたらいい。

    人は顔を上げたまんま、落ち込めないもんなんだって

     

     

    笑顔を作れば、気持ちが少し軽くなる

     

     

    それと同じ。

     

     

     

    胃腸の調子を整えれば、健康になり、心まで晴れやかになる。

    それに、胃腸の調子が整えれば、免疫力が上がり、心のストレスにも強くなる。

     

     

     

    だから、この春

    この一年を、心も身体も健康でいるために

    本格的に胃腸の調子を上げていくことに取り組んでみませんか

     

     

     

    ・ 胃腸の調子が良くなくて、健康に自信がない

    ・ 体調を崩しやすくて、この春、アレルギーにも悩んでいる

    ・ 気持ちがどうしても沈んで、なんだか泣けてくる

     

    そんな思いがおありでしたら、ぜひお気軽のお問合せくださいませ

    Beauty air Yuki

     

     

    最後までお読みくださいまして、本当にありがとうございます

     

     

     

  • 2018年3月31日

    春は、吹き出物が出来やすい季節なんだよね

     

     

    気温が上昇すると、皮脂の分泌が盛んになるから

    どうしても毛穴に皮脂が詰まりやすくなってしまうの

     

     

     

     

    今日のお客さまも、こめかみにニキビが出来てて

     

     

     

    こめかみは、意外にニキビが出来やすい場所なんだ

    というのも、皮脂腺が集まっているから、皮脂の分泌が盛んなの。

     

     

     

    それだけじゃなくて、

    髪の毛の生え際って、シャンプーやトリートメント剤がスッキリ落とせていなかったり

    ヘアスプレーなどがかかったりと、毛穴に汚れが詰まりやすい

     

     

     

    そんな風に毛穴を詰まらせると、

    『アクネ菌』が増殖して、ニキビになっちゃう

     

     

     

     

    『アクネ菌』ってね、お肌に常に棲みついている菌なんだけど、

    酸素を嫌うから、皮脂や汚れで詰まった毛穴の中は、とっても居心地がいいの

     

     

    ふさがれて酸素が少ない毛穴の中。

    さらに、エサとなる皮脂があるから、どんどん増殖するよ

     

     

     

    で、そんなアクネ菌が増えすぎると、『ニキビ発生』ってなる。

     

     

     

     

     

    だからといって、アクネ菌のエサとなる皮脂を洗い落としすぎると、

    アクネ菌が担ってくれていたお肌を弱酸性に保つ働きや、他の病原菌の侵入を抑える働き、

    菌が繁殖するのを抑える働きが低下してしまうんだ

     

     

    すると、他の悪い菌にお肌を荒されてしまうし、

    皮脂を洗い流しすぎることで皮膚が乾燥し、お肌のバリア機能が失われ

    これまた、ニキビが出来てしまう

     

     

     

    じゃあ、どうしたらいいの~~~~っ!!!!

     

     

     

    ・・・って感じだよね?

     

     

     

    洗い流しすぎはダメだけど、

    でも、やっぱりシャンプーなどの洗い残しは絶対ダメ!!

     

     

    髪の毛を洗った後に、顔を洗うようにしてね

     

     

     

     

    で、『アクネ菌は酸素が嫌い』って言ったよね

     

     

    だから、当サロンでは、しっかり酸素を供給しながらお手入れしています

     

     

    使っているのは 『高濃度酸素オイル』

     

    linecamerq

     

    MIREY エクセレントオイル

     

     

    これはドイツの特許を取得した特殊な製法で作られたオイルで

    美肌成分がたっぷり含まれた天然100%アルガンオイルに、酸素が結合されてるから

     

     

    お肌に塗ると、毛穴からスーッとオイルが浸透するのとともに

    酸素が一緒に入っていくの

     

     

     

     

    それって、凄くないですか~~~~っ???

     

     

     

    だから、しっかりアクネ菌の増殖にも働きかけてくれる

     

     

    ・ 何をやっても肌荒れが改善しない

    ・ 顔が痒くて、つい掻いてしまう

    ・ この時期はいつも肌荒れに悩まされて憂うつ

     

    そんなお悩みがありましたら、ぜひお気軽にお問い合わせくださいませ

    Beauty air Yuki

     

     

     

    最後までお読みくださいまして、本当にありがとうございます

     

     

  • 2018年3月30日

    『菌』と聞くと、嫌なイメージを持つ人、多いんじゃないかな

     

    ひとまとめに『バイ菌』って呼んじゃって、

    除菌スプレーや抗菌グッズを持ち歩いたり・・・

     

     

     

    でもね、菌には、良い菌と悪い菌があって、

    菌によって発酵された納豆や味噌・チーズなどもあれば

    O-157とかサルモネラ菌とか、食中毒を起こす怖い菌もある。

     

     

    だからって、『良い菌だけ残れば良い』ってもんじゃなくて

    悪い菌として有名な大腸菌だって、腸の中で消化を助けてくれてたりするよ

     

     

     

    それに、菌が棲む世界では

    『すでに数種類の菌で均衡状態を保っているところには

    新たな病原菌が侵入してきても定着することが出来ない』

    というルールがあるの。

     

     

    だから、言い換えれば

    『常在菌の均衡状態を保つことで、他の菌から守る役割を果たしている』

    ってことなの

     

     

     

    つまり、良い菌だけ残して、悪い菌は排除してしまえばいいんじゃなくて

    菌のバランスが大事ってこと

     

     

     

     

    常在菌の数ってね、腸内には100兆個、皮膚には1兆個以上もいるんだけど

    腸では、よく知られているように、お肌でも『善玉菌』『日和見菌』『悪玉菌』に分類される

     

     

     

    善玉菌: お肌に潤いを与えて乾燥を防いでくれたり、外部刺激から守ってくれる

    お肌にとって良いことだけをしてくれる菌

     

    日和見菌: 善玉菌と悪玉菌のバランスによって、良くも悪くもなる菌

     

    悪玉菌: 湿疹を起こしたり、傷口を化膿させたり、ニキビやアトピーを悪化させたり

    肌トラブルの原因を作る菌。例えば、普段は善玉菌の働きをするアクネ菌も、

    常在菌のバランスが崩れると、毛穴の中で増殖してニキビをつくる。

     

     

     

     

    だからね、洗顔のしすぎで常在菌が洗い流され、そのバランスが崩れるでしょ?

    すると、悪い菌が付着して、増殖し、肌荒れが起きるちゃう

     

     

     

    洗顔のしすぎが良くないっていうのは、そういうこと

     

     

     

    それにね、悪い菌がついたお肌に、栄養たっぷりのクリームなんかを塗るとね

    栄養はあるし、温かいしで、環境抜群!!

    悪い菌が、どんどん増殖しちゃったりするよ

     

     

     

     

    人はたくさんの菌の力を借りて生きているから・・・

     

     

    だから、当店では

    腸内環境や肌環境を良くするために

    『菌を育てること』を大事にしています

     

     

    菌が定着する環境を整えて、正しい方向にその力を発揮してもらう

     

     

    健康も美肌も、『菌次第』だと思っているから・・・

     

    ・ この時期、いつも肌荒れに悩まされている

    ・ いろいろ試したんだけど、一向に肌トラブルが解消されない

    ・ お肌のお手入れをどうしたらいいのか分からない

     

    そんなお悩みがございましたら、ぜひお気軽にお問い合わせくださいませ

    Beauty air Yuki

     

     

     

    最後までお読みくださいまして、本当にありがとうございます

  • 2018年3月29日

    今日は、お肌に棲んでいる『常在菌』について書いてみたいと思います

     

     

    というのもね、

    『菌は悪いもの』として、排除しようとしてる人が多いように感じるから

     

     

     

    ニキビも『アクネ菌がいるからだ!!』と思い込んで、

    殺菌効果のある洗顔料を使って、洗いすぎていたり・・・。

     

     

     

    でも実際にはね、

    善玉のアクネ菌は、病原菌の繁殖を抑えてくれて、ニキビになりにくい肌環境を作ってくれてるの

     

     

     

     

    どうやって、そんな肌環境を作ってくれているかというとね

     

     

    人間の皮膚は、『皮脂膜』という膜に覆われているんだけど

    それが、外部からの刺激を防いでくれたり、肌内の水分を守ってくれたりしているんだ。

     

     

    いわゆる、バリアの働きをしてくれてるから、『バリア機能』と呼ぶよ

     

     

     

    このバリア機能の働きをしてくれている『皮脂膜』を作ってくれているのが、

    皮膚に常に存在している『皮膚常在菌』なんだ

     

     

     

     

    つまり

    皮脂膜がなくなると、お肌は外部からの刺激を防ぐことが出来なくなるし

    肌内の水分も抜けて潤いが保てなくなって、乾燥肌にもなってしまうの。

     

     

     

     

    でも、ニキビで悩んでいる人に限らず

    『美肌は汚れを落とすことから!!』と言って

    洗浄力の高いもので洗ってたり、クレンジングや洗顔を組み合わせた『W洗顔』なんかしていると

    皮膚常在菌が、あっという間に洗い流されてしまうの

     

     

    1回の洗顔で(洗顔料によっても変わってくるんだけどね・・・)、

    『90%もの常在菌が流された』というデータもあるくらいなんだよ

     

     

     

     

    そんな大事な働きをしてくれている常在菌を『洗いすぎ』によって無くしていたら

    いつまで経っても、肌トラブルからは解放されない

     

     

     

     

    当サロンでは、強くて美しいお肌『美強肌』をつくることを目的としているから

    メイクをしている日の夜は、美容成分で出来ているクレンジング剤で1回洗うだけ。

    泡洗顔はナシ!

     

     

    朝も、ほぼ水に近いくらいのぬるま湯で、洗い流すだけ。

    洗顔料は使わないよ

     

     

    こんな風にして、常在菌を育てることをおすすめしています

     

     

     

     

    すると、お肌のバリア機能が正常に働きだして

    肌内の潤いが保たれ、滑らかで~、ハリがあって~、

    どんな環境や刺激にも負けない『丈夫で美しいお肌』に育つから

     

     

     

    身体も、腸内細菌の状態によって、健康が左右されるように

    お肌も、常在菌がお肌の状態を改善するカギを握っている。

     

     

     

    結局は、常在菌を大事に育てていくことが、

    これから10年先も、強くて美しいお肌でいられる最強の方法だと思うから

     

     

    ・ 乾燥やニキビなど、肌トラブルが一向に良くならない

    ・ 洗顔やピーリングなどによって、お肌がかなり薄くなってる

    ・ どんなお手入れをすればいいか分からない

     

    そんなお悩みがありましたら、ぜひお気軽にお問い合わせくださいませ

    Beauty air Yuki

     

     

     

    最後までお読みくださいまして、本当にありがとうございます

     

  • 2018年3月28日

    今日のお客さま

    『アゴにニキビが~~~っ』とショックを隠しきれないまま、ご来店

     

     

     

    肌荒れの原因って、いろいろあるし、

    無意識にしている日常の癖が、原因になっている場合もある。

     

     

    無意識だから、『お肌に悪いことしてる』って、気づきにくい。

     

     

    他にも『怒られちゃう!!』って思って、言ってくれないこともある(笑)

     

    例えば、

    甘いものをいっぱい食べたこととかね

     

     

     

    胃腸の疲れって、驚くほど顕著にお肌に現れてしまうもの

     

     

    腸が疲れて、消化や吸収の働きが低下してしまったら、

    栄養素がうまく取り込めなくて、お肌が栄養不足になるからね

     

     

    それに、食べすぎは、腸内環境を悪化させて、悪玉菌を増やしちゃうから

     

     

     

    身体には、『安全なものは排除せず、害を与える危険なものだけ戦って排除する』という

    素晴らしいシステムが備わっていて、それが『免疫系』と呼ばれるもの。

     

     

    身体の総疫システムの70%が腸内に存在している。

     

     

     

    善玉菌も悪玉菌も、もともと腸管の中にいる菌。

    善玉菌優位のバランスを保っていれば、病原菌から守ってくれるんだけど

    逆に、悪玉菌が優勢になると、免疫系が過剰に反応して、

    炎症(ニキビ)を引き起こしてしまうんだ

     

     

     

    だから、肌荒れを改善したいなら、食事を見直すことが基本

     

     

     

     

    でも、このお客さまの様子をうかがっていると、気になることが・・・

     

     

    とにかくアゴを触る回数が多いっ

     

     

     

    何を触ったか分からない手で顔をいじっていたら

    手についている細菌を顔につけてしまっている可能性があるよね

     

     

     

    それに、

    顔を触ったり、ほおづえをついたり、

    特にこの時期、花粉症でよくティッシュを使うことが多かったりすると

    皮膚ってホントに繊細だから、ちょっとのことでも刺激になるのね

     

     

     

    ニキビの原因といわれる『アクネ菌』

    圧力がかかったり、摩擦などによって、ニキビを誘発しちゃうから

     

     

     

    だからって、アクネ菌が悪いわけじゃないんだよ

     

     

     

    『アクネ菌』も、もともと人間の身体に棲みついている菌のひとつ。

    腸内細菌と同じなんだ

     

     

     

    アクネ菌にも、善玉菌・悪玉菌の2つが存在するの。

     

     

    でね、善玉のアクネ菌は、病原菌の繁殖を抑えてくれる。

    だから、善玉のアクネ菌を増やす事が出来れば、ニキビになりにくい肌環境を維持できるのね

     

     

     

    アクネ菌がいるからと言って、ニキビになるわけではなくて

    アクネ菌がニキビを発生させてしまうような状態を作らないこと!!!

     

     

     

     

    お肌って、外からの影響を防ぐ第一線で頑張ってくれてるところ

     

    外からの影響を一番受けて当然だよね

     

     

    手で触れたり、タオルで擦ったり、そんな刺激以外にも

    紫外線・花粉・ホコリ・排気ガス・タバコの煙・風・気温の変化などなどなどなど

    お肌に有害となるものが当たることで、お肌の機能が乱れて、炎症を起こしやすくなる

     

     

     

     

    でも、今の肌荒れが起こった原因を改めていかない限り、

    いつまで経っても同じ悩みを繰り返しちゃうから・・・

     

     

     

     

    だから、食事や顔に刺激を与える習慣などを、見直す必要がある。

     

     

     

    行動は自分で気をつけるしかないけれど、

    有害物質の刺激からは、何かでお肌を覆えば、しっかり守れるから

     

     

     

    それには、良いものがあるよ

     

     

    MIREY  プロテクトディミルク

     

    linecamer11

     

    紫外線だけじゃなくて、お肌にとって有害となるすべての刺激からお肌を守ってくれるんだ

     

     

    美肌づくりは、まず予防から!!!

     

     

     

    紫外線がどんどん強くなり、

    花粉や黄砂・PM2.5などが飛びまくり、空気が汚れるこの季節

     

     

    ぜひ、お肌をしっかり守ること、心がけてくださいね

     

     

    ・ この時期、お肌が荒れても仕方ないって思っている

    ・ 日焼け止めのニオイや、きしみ感が苦手

    ・ 肌荒れがなかなか良くならない

     

    そんな思いを抱いていましたら、ぜひお気軽にお問い合わせくださいませ

    Beauty air Yuki

     

     

    最後までお読みくださいまして、本当にありがとうございます