三重県鈴鹿市、白子にあるエステサロン ビューティエアーユキ。ベッド1台の完全なるプライベート空間。手の温もりを大切した1回で結果を出す小顔や美脚トリートメントが人気

ブログ
Blog

人の感情にのまれそうになったら・・・

2020年10月22日

こんばんは。Beauty air Yukiの川端由起です

 

 

『苦手な人との付き合い方』といったことを

お客さまとお話していました

 

 

人の気持ちを考えずに、言いたいことを言ってしまうタイプの方って

いらっしゃいます

 

そういった方は、言ったことさえ忘れてしまっていたりするけれど、

言われた方としては、モヤモヤとした感情がいつまでも残り

ずっと、そこに囚われてしまっていたりすることがあります。

 

 

気持ちを切り替えようと思っても

言われた時の空気感が、事あるごとに蘇り

『どうして、こんな思いをさせられなきゃいけないの』と胸が苦しくなったり

『私は嫌われてるのかしら?』『自分の何がダメだったんだろう』などと延々と考え

その沈んだ気持ちから、なかなか脱出できずにいたりします

 

 

人の言葉に傷ついたり、打ちのめされたりしている方を見ると

自分の言葉が人にどれほどの影響を与えるか、その重さを知り、

発する言葉にはしっかりと気を配らないとと、改めて思います。

 

 

 

人の口にフタは出来ないし、コントロールすることは無理な話

 

でも、いつまでもお互いの間に流れるよどんだ負の感情をまともに受けていると

それが自分の中に蓄積し、ひどい場合は、病気にまで発展しかねません

 

 

 

だから、そこに振り回されないよう

ここは自分で自分を守っていくことが、やっぱり大事

 

 

 

話すことすら怖い人・想像しただけでエネルギーを消耗してしまう人・

会うと具合が悪くなるような人だったら、相手がどう思うかを気にするよりも

関係は切らないまでも、距離を取るように。

関係を続けるばかりがいいとは限りませんから。

 

 

そして、もし、距離を取ることができない相手なら

難しいかもしれないけれど、頑張って相手のいいところを見るようにしたり

その人に感謝できることを思い出したりすることで

その人から受ける害を弱めることが出来ます

 

 

よく、傷つけてくる相手の気持ちを理解しようとすることが

自分の気持ちを落ち着かせたり、納得させたりすることに役立つというけれど、

だからといって、『あの人も辛かったんだね』『それは腹が立つよね』と

その感情を受け入れてしまうと辛くなることも、しばしば。

 

だから、そこは

『そう思ったんだねー』と淡々と、他人事として遠くからその感情を眺めるようにしてください。

 

 

相手が攻撃的なエネルギーを送りたくなるのは、相手の問題であって、

自分のせいだと自分を追い込む必要なんて、全然ないんです

 

 

だから

自分を責めることも、『もっと強くならなきゃ』と頑張ることもする必要はなくて、

まずは、傷ついた心を癒して、エネルギーを補充することを最優先にしてください

 

 

心にエネルギーが満タンになると、余裕ができ、物の見え方が変わってきます。

 

すると、自分が相手の感情すべてを引き受ける必要はないんだということも分かります。

 

 

人間関係は、どうしてもストレスになりがち

そのストレスが行き過ぎると、自律神経のバランスが崩れ

免疫力も低下してしまいます。

 

 

疲れた人は、周りの人にも元気を与えられないから・・・

 

 

このコロナで元気をなくしている地球を救うためにも

皆さんの笑顔が必要!!

 

 

ぜひ、ご自身の心と身体のメンテナンスのために

私を使ってもらえたらなって思います

 

 

最後までお読みくださいまして、本当にありがとうございます