三重県鈴鹿市、白子にあるエステサロン ビューティエアーユキ。ベッド1台の完全なるプライベート空間。手の温もりを大切した1回で結果を出す小顔や美脚トリートメントが人気

ブログ
Blog

色即是空 空即是色

2020年9月27日

こんにちは。Beauty air Yukiの川端由起です

 

 

私は、筆と墨で文字を書いたり、絵を描いたりすることが大好きなのですが

ここ数年は、写経や塗り絵ばかりになっています

 

というのも、何も考えない時間が楽だから

 

 

絵を描こうと思うと、

『何を描こうかな・・・』というところから悩み

描いている間も、『どうすれば、もっと奥行きが出るのかな』『思った色が出ない』などと

なんやかんや、頭の中が忙しくなって、それに伴って、気持ちも波が立つ。

 

リラックスしたい時くらい、頭もボーっとさせたい!!!

 

 

・・・ってことで、塗り絵だど、それも塗る色まで指定されているものだと

上手い下手も気にすることなく、黙々と取り組めて、

さらに完成した絵は、とっても素敵で満足度もある

 

写経も同じで、何も考えずに、無になれるところが気に入っています

 

 

先日も『般若心経』を書いていましたが、

無言で書いていても、不思議と頭蓋骨を振動させるようなお経の響きが感じられ

とても癒されます。

 

 

般若心経は、生まれた時から、毎晩、家族がお仏壇の前で唱えていたので

私も読むのが習慣になっていて、とても親しみがあるお経。

 

 

般若心経は、仏様の智慧。

 

中でも、有名な一節に『色即是空』『空即是色』があります。

 

 

この世のあらゆる物や現象は、すべてが空。

肉体や精神も、すべてが実体のないものなのだと。

 

 

たとえば、車も分解してバラバラにすると、『車』ではなくなるけれど

また車を構成するすべての部品を組み合わせると、『車』になる

 

あるようでない。ないようである。

 

 

『私』という存在も、

お父さんとお母さん、そしてご祖先さまたちがあってこそ存在し、

また、身体の中には何兆もの細菌たちも棲んでいて

たくさんの食べ物という命をいただいて

いろんな人と出会って、教えをもらって・・・

それはもう、あらゆる物事からの影響を受けて、今の私がいます。

 

そんな私も、細胞1個1個になるまで分解したら、

『私』を成り立たせていたパーツは、すべて残ってはいるけれど

『私』と認識できる存在はなくなっている。

 

 

たとえばね、

溶けたアイスクリームの甘さにビックリすることないですか

 

溶けたからといって、砂糖の量が増えたわけではないんですよね。

同じ甘さの物でも、状態が変われば、甘さが変わる。

 

つまり、絶対に『こう』というものはないということ。

 

 

山道で、細長く渦が巻いているのを見れば、『蛇!』って思ってしまうけれど

確かめてみると、ただのロープだったり

 

 

パッと見た時には、『子供の落書きかな』って思った絵でも

『1億円する絵画だよ』と言われた途端、見方が変わったり

 

 

でも、その絵は、絵でしかなくて

最初にパッと見た時と、『1億円』と聞いてから見た時と

何も変わっていない。

 

人は、先ほどの蛇のように、そこにあると思い込みがちなものに見えたり

世間の常識的なものや評価などに惑わされて、

物事をあるがままに見ることが出来ない場合が多くなってしまうもの。

 

『母親だから』『女だから』『50歳だから』など

『こうしなければならない』といった制限も

無意識のうちに、いっぱい身につけてしまっていたり・・・ね。

 

 

 

私たちは、目が覚めている時でも、夢を見ている時と同じだなって思います

 

目で見ているようで、でも実は、感情や思い込みといったフィルターを通して

形や様子を捉えている。

 

五感で察知したことも、それに解釈をつけているのは心で

物事をあるがままに見ることって、なかなか本当に難しい

 

 

でも、ものごとを複雑に捉えたり、ネガティブな妄想に悩まされたりすることで

不安になったり苦しんだりするなら、そうしてしまう心に囚われることなく

あらゆるものを手放せば、日々を楽しく生きていけるってことなんですよね

 

そんなことを、教えてくれています

 

 

すべては、空に浮かぶ雲のように、

自由であり、捉えどころがなく、常に形を変えながら流れていくもの・・・

 

 

写経というゆったりした時間と、その教えに

心が穏やかに癒されます

 

 

最後までお読みくださいまして、本当にありがとうございます