三重県鈴鹿市、白子にあるエステサロン ビューティエアーユキ。ベッド1台の完全なるプライベート空間。手の温もりを大切した1回で結果を出す小顔や美脚トリートメントが人気

ブログ
Blog

私、悲劇のヒロイン、演じてました。

2020年9月26日

こんにちは。Beauty air Yukiの川端由起です

 

『日常で、小さな幸せをたくさん見つけて、ご自身を満たしていきましょう』

 

・・・というようなことを、いつも言っていますが

それでも、なかなか願うような結果が出ないといった声も聞かれます

 

 

あるお客さまは、職場での人間関係にとても悩んでいて

そこを、どうにか変えたいと、幸せの波動を出すように心がけているんだそう。

 

でも、女性の先輩の態度に、心が折れてしまいそうな状況は一向に良くならないと

 

 

よくよくお話を聞いていると

多分、原因は、人間関係が良くなることを心の底では

望んでいないんじゃないかな・・・というところ。

 

それを言うと『絶対そんなことないです!!!』と否定されますが

ご自身では気づいてないかもしれないけれど、

そうやってキツイ態度を取られることで、

他の男性から優しい言葉をかけてもらっていることが嬉しそうに見えて・・・

 

 

『この前も、励ましてくれたんです』とおっしゃった時には

笑顔さえ浮かんでいました

 

 

私も意地悪ですが、そのお客さまに

『怒られている時に、その男性が近くにいると、

もっと先輩がキツイことを言えばいいのにって思うことないですか?』と尋ねました。

 

 

『そんなことないです!!!』と全力で否定されたので、

そこまでは思わないのかもしれませんが、

でも、他の人に同情してもらいたいという気持ちがあると、

先輩女性から厳しい態度を取られるといった状況は変わらないんですよね

 

 

だって、そうなることを、心の奥底では密かに望んでいるから。

 

先輩がそういう態度を取らなかったら、男性は気にも留めてくれないかもしれない。

それだと、寂しい・・・なんて思ってしまっていると

本当に望んでいることが、やっぱり叶う

 

 

他にも、よくあるのが

『痩せたい!』と思っていても、それを言い訳に使えていたりすると

『痩せると困る』って、潜在意識では思っていたりするので

なかなか痩せられません。

 

たとえば、『太っているから、彼が出来ない』と思っていると

痩せても、彼が出来なかったら、自分が傷つきますもん。

 

だから、痩せないまんまでいることを、無意識で選んでしまうんです。

 

 

こんなこともありませんか?

 

自分のことをけなしてくる子がいるから悔しくて、見返すために頑張るとか

自分が上手くないから、みんなに可愛がられているんだ・・・なんて思い。

 

 

そうすると、頑張るために、いつまでも意地悪な子は目の前から消えないし

上手くなるとお友達がいなくなるかもという心配があるから、いつまでも上達しない

 

 

 

こんな偉そうなことをいう私も

『毎日、楽しく笑って過ごしたい』なんて、ずっと思っているけれど

振り返ってみれば、子供の頃からトータルで7回は骨折しているし

30年間、過敏性腸症候群に悩まされ続けてきたし

学校も休むほどのアトピー性皮膚炎だったしで、

それって、誰かに構ってほしくて、引き寄せていたところが多々あるなって思います。

 

 

本当に構われたい子だったし、心配されたい子だったから(笑)

 

 

骨折すると、石膏で固められて、かなり見た目が仰々しくなるから

誰からも『大丈夫?』なんて言ってもらえて、内心、喜んでました

 

それに、利き手の右手を骨折した時には、書くスピードがゆっくりで

テストで全問、解く時間がなかったんです。

それでも先生が『左手で、よくここまでキレイに書けたな』なんて褒めてくれて(笑笑)

 

 

あまりお勉強が得意ではない私にとって、テストで空欄が多かったのは

問題が解けないのではなくて、ただ時間が足りなくて書けなかったと言い訳に出来たことと、

それでも先生が褒めてくれたという、なんとも都合のいい状況に

『骨折、最高』なんてアホなことを思ったんですね

 

そんな思いがあるから、

その後も、骨折する場面を、神さまはどんどん用意してくれたようで・・・

 

 

でもね、私のように『病的かまってちゃん』でも

思ったような反応を周囲からもらえないことの方がほとんどで、その時のガッカリ感の方が大きくて

自分を傷つけてまで、人から同情や共感・愛情みたいなものを求める虚しさを散々味わいました

 

 

そして、ようやく、

それだったら、そんな不確かなものを望むのではなく

自分自身で、しっかり満たしてあげる方が、よっぽどヘルシー

 

・・・って思えるようになりました。

 

 

 

でも、まだまだ、被害者意識というか、悲劇のヒロイン的な気持ちが

ムクムク湧くこと、あります

 

でも、そう思ってしまった自分にもガッカリする必要もなくて、

『そんなところ、あるよね』と気づいて、認めてあげて、自分で満たすようにする。

 

でもまた、同じことを繰り返して・・・って感じで

行きつ戻りつするのも、全然無駄じゃないなと思います。

 

 

その分、自分と仲良くなれるから

 

 

自分の克服したい部分とかって、簡単にはいかなくて当然だし

変わっていこうとする過程で、いろんな誘惑に負けてしまうことも、あります。

 

でも、その都度その都度、

目的地を確認し、少しずつ進んでいこうとすることが大事かなって思います。

 

 

なかなか現実が変わらないという思いがありましたら、

どこかで今の状況を願っていないか、心の奥の奥の奥を覗いてみてください

 

最後までお読みくださいまして、本当にありがとうございます