三重県鈴鹿市、白子にあるエステサロン ビューティエアーユキ。ベッド1台の完全なるプライベート空間。手の温もりを大切した1回で結果を出す小顔や美脚トリートメントが人気

ブログ
Blog

子宮に負の感情が溜まると・・・

2020年9月24日

こんばんは。Beauty air Yukiの川端由起です

 

子宮は、子供の魂が宿るところ。

『魂が宿る』とは『神さまが宿る』ことでもあり

つまり、子宮は『神社』と言えます

 

そのくらい、とっても神聖な場所。

 

神社に行って、清めてもらうように

子宮も、心身を浄化してくれるところなんですね。

 

 

どういうことかというと

出産の時に、赤ちゃんからシャンプーのニオイがしたという話もあるくらい

体内の毒素は子宮に溜められ、毎月の生理と一緒に外へと排出される仕組みになっています。

 

 

このように女性は、毎月、体内毒素を生理によって浄化する機会があるために

男性よりも長生きできるんですね

 

 

不要なものが集められる子宮。

 

それは、精神的ストレスも同様に、子宮に溜められていきます

 

つまり、生理による症状がひどいということは、

それだけストレスも多いということ。

 

 

本人にとっては、ストレスと感じていない小さなもの・些細なことであっても

積もり積もれば、やっぱり子宮に影響を与えてしまいます

 

 

毎月の生理の状態で、

どのくらい負の感情を溜め込んでしまったか

肉体的にだけでなく、精神的にどれだけ無理をしてきたか

自分の気持ちにそぐわないことをしてきたか・・・

そんなことを知ることができます。

 

 

だから、生理前や生理中に不快な症状があったとしても

それを、手っ取り早く薬で抑えてしまったり、『生理なんて大っ嫌い!』と拒否してしまうのではなく

自分の心のあり方や、これまでの生活習慣を改めるキッカケにしてもらいたいなって思います

 

 

身体がむくんで、気分も重くて・・・といった場合、

『動きすぎだよ。ちょっと休んで』というメッセージかもしれませんし

気分が落ち込んで、泣けてくる・・・といった場合は

『ちょっと自然に触れて、エネルギーをもらっておいで』と教えてくれているのかもしれません

 

 

 

『毒をもって毒を制す』という言葉がありますが

春にしか食べられないお野菜に、菜の花やたけのこ・ふきのとうなどがありますが

これらには、独特の苦み(アク)があります。

春にこういったものを食べるのは、そのアク(毒)をもって

冬の間に溜まった老廃物(毒)を取り除くためなんです。

 

 

それと同じで、自分の中に溜まった負の感情を取り除くために

同じ負の感情を味わうことで、その苦しみを解放させようとするんですね。

 

 

だから、普段からイライラしたり憂鬱になったりといった感情を発散できずにいると

それらが子宮に溜まり、その感情を浄化するために、

生理前や生理中に、どうしてもイライラしたり情緒不安定になったりして

辛い心の不調を抱えることになってしまうのです

 

 

ということは、

出来るだけストレスの少ない生活をして、負の感情をうまく処理できていれば

生理による不快症状はグンッと減らすことができるんです

 

 

生理は、私たちをイジメるためにあるのではなく

美しく健康で、幸せになるための働きのひとつ。

 

 

正しい生理が起こるようになれば

お肌に潤いやハリが出たり、骨や血管が強くなったり

自律神経が安定し、体調だけでなく気持ちも前向きになっていきます

 

 

そのためにも、生理を心身のバロメーターとして観察し

日頃から、心身を癒すよう心掛けて、女性であることを楽しんでもらいたいなって思います

 

 

生理痛を克服されたお客さまからは

『自分のことが好きになりました』

『自分は自分のままで大丈夫と思えるようになりました』

『自分が信じられるようになり、自分の直感も信じられるようになりました』など

嬉しいお言葉をいただいてます

 

 

生理の状態によって、自分への見方も変わり、接し方も変わり

日々の生活も変わり、人生も変わります。

 

ぜひ、子宮に負の感情や無理が溜まっていないか気を配ってみてください。

 

最後までお読みくださいまして、本当にありがとうございます