三重県鈴鹿市、白子にあるエステサロン ビューティエアーユキ。ベッド1台の完全なるプライベート空間。手の温もりを大切した1回で結果を出す小顔や美脚トリートメントが人気

ブログ
Blog

五感が鋭くなると、生きやすくなるのは・・・

2020年9月23日

こんにちは。Beauty air Yukiの川端由起です

 

 

お客さまのお話を伺っている時

何か言いたいことがあるんだろうけれど、

それがうまく言葉にならないといった状況に、よく出会います

 

 

もちろん、初めてご来店くださる時は、緊張や不安などのせいもあるかもしれませんが

それでも、施術後になると、モヤッとしていたものの輪郭がクッキリする感覚を得てもらうことも、しばしば。

 

 

『あ~っ、言いたかったのはコレコレ!!』

『私は、こう思ってたんだ』と、お顔がパ~ッと晴れやかに

 

 

それは、施術によって

いろんなところが緩んだことがキッカケとなっています

 

 

血管やリンパの流れを妨げている筋肉のコリが取り除かれると

消えていた毛細血管がフワ~ッと姿を現してきて、身体の隅々にまで酸素や栄養が行きわたり、

どんどん生気が戻ってくるのを感じます。

 

細胞ひとつひとつが振動しはじめ、身体の機能が活性化し

それに伴って、五感も敏感になってくるんですね

 

 

お客さまが帰られる際に、お伝えするのは

『出来るだけ静かに過ごすようにしてください』ということ。

 

ご家族の声やテレビの音が、いつもより大きく聞こえ、それが煩わしく思えたり

明かりがまぶしいと感じて、神経に障るようになったりといったことが起こるからです。

 

 

そのくらい、感覚が敏感になります。

 

 

ギュッと力を込めて握りしめていた手を開くと

中に何をつかんでいたかが見えるように、

マッサージによってリラックスし、ギュッと縮こまっていた心が、フッと解けた瞬間、

抑えていた感情や、眠っていた感覚、本当の気持ちが見えやすくなります

 

 

そこに、五感の敏感さが加わることで

施術前には、繋がらなかった点と点が、

施術後には、それらが線となり、表現できるようになっていきます

 

 

今の社会で生きる上では、どうしても自分らしさを貫けないことは多々あります。

 

したくないことをしなければならなかったり

言いたくないことを言わなければならなかったり

皆と同じものを選ばなくてはならなかったり・・・

 

 

自分を偽ることで、本当の自分とのズレが生じやすいですが

でも、そこを分かって行動しているなら、それはOKだと思います

 

大事なのは、気づけているかどうか・・・です。

 

 

気づきを得ていると、心が温かく感じたり、

悩みがちっぽけに思えて、自由になったりと、幸せな気持ちに満たされます。

 

 

その感情をいつでもどこでも味わえたなら

このストレス社会を生きることは、ずいぶんと楽なはず。

 

 

だからこそ、常に身体の中の流れ道は作り

五感で得た感覚を敏感に察知できる状態にしておくことが大事だなって思います

 

 

そして、しっかり身体の声に耳を傾けること。

 

 

誰にだって話したいタイミングがあるように、身体にも伝えたいタイミングがあるので

すぐに分かる時ばかりではありませんが、

それでも、その時が来るまで待ってあげる気持ちの余裕も大事

 

 

焦らされると、私たちもなかなかうまく言えないように、身体も同じ。

そして、そういった焦りは、聴く側の私たちの感覚も鈍らせてしまいますから

 

 

ただ、先日のお客さまは、あまりに心や身体が消耗していたために

身体がしゃべる元気もないといった感じでした

 

 

香りの強い柔軟剤や芳香剤・香水などを多用していて

最近は、香りが感じなくて、使う量を増やしているんだとか。

 

 

不安やイライラ・過度なストレスがあったりすると

それらを別の刺激でごまかそうと、強い香りや濃い味などを求めてしまったりします。

 

 

そういった時は、聴くことに一生懸命になるよりも、まずは十分にエネルギーが補給されるよう

人の手によるマッサージだったり、自然のエネルギーだったりと

しっかり周りから与えてもらうことが先決かなって思います

 

 

 

いつも、ビンに入った激辛スパイスを持ち歩いていたお客さまも

今では、唐辛子さえ振らなくなったとか

 

そして、ご自身の感覚が敏感になったことで、

お部屋の掃除が趣味になり、とても心地よく過ごせているようです

 

 

 

身体も心もうまく流れる道さえできれば、

自分の本当の感覚感情に気づくことができ、どんどんといい方向へと進んでいきます。

 

 

今を生きやすくするためにも、自分の感覚を取り戻し

それを信じて歩んでいきませんか?

 

 

最後までお読みくださいまして、本当にありがとうございます