三重県鈴鹿市、白子にあるエステサロン ビューティエアーユキ。ベッド1台の完全なるプライベート空間。手の温もりを大切した1回で結果を出す小顔や美脚トリートメントが人気

ブログ
Blog

心身を健やかにする『六根清浄』

2020年9月13日

こんにちは。Beauty air Yukiの川端由起です

 

先日、山へ登り、そこで聴いた『六根清浄(ろっこんしょうじょう)』という言葉

 

私の中に、ズンッと響いたので、それをご紹介させてください

 

 

『六根』とは

人間がもつ6つの感覚機能(目・耳・鼻・口・身体・心)のことで、迷いのもととされる器官になります。

 

『清浄』とは

煩悩を脱して、清らかな心になることを意味します。

 

 

『六根清浄の大祓』という祝詞の中に、次のような言葉があります

 

もろもろ不浄ふじょうて こころもろもろ不浄ふじょう

(目にたくさんの罪や汚れを見ても、心ではけがれを見ないようにしましょう)

みみもろもろ不浄ふじょうきて こころもろもろ不浄ふじょうかず

(耳にたくさんの罪や汚れを聞いても、心ではけがれを聞かないようにしましょう)

はなもろもろ不浄ふじょうぎて こころもろもろ不浄ふじょうがず

(鼻にたくさんの罪や汚れを嗅いでも、心ではけがれを嗅がないようにしましょう)

くちもろもろ不浄ふじょういて こころもろもろ不浄ふじょうわず

(口にたくさんの罪や汚れの言葉を発しても、心では穢れの言葉を発しないようにしましょう)

もろもろ不浄ふじょうれて こころもろもろ不浄ふじょうれず

(身体にたくさんの罪や汚れに触れても、心ではけがれに触れないようにしましょう)

こころもろもろ不浄ふじょうおもひて こころもろもろ不浄ふじょうおもはず

(表層意識にたくさんの罪や汚れの考えが浮かんでも、深層意識では穢れの思いを浮かべないようにしましょう)

 

このように、6つの感覚機能を清浄にして

心を大切にしていくことを説いています

 

 

生活している中で、どうしても

見たくないものや聞きたくないものが入ってきてしまい

それによって、心が乱されたりすることが多々あります

 

でも、それをいつまでも心に留めておかず、心を切り替えて嫌なことを流していこうというのが

『六根を清浄に保つ』ということ。

 

そうでないと、身体だけでなく、大切な心までも傷つけてしまいますよ・・・と。

心を傷つけず大切にしていくならば、身体の機能も正常に働きます。

 

 

とききよいさぎよことあり

(そうなった時、内側から清らかさや潔さがあらわれてきます)

もろもろのりかげかたちごとし きよきよければ

(世の現実は、影やイメージのようなものであって実体がありません。だから清く潔くいれば)

かりにもけがるることし ことらばべからず

(万一にもけがれることはないけれど、それは理屈で考えても分からないこと)

 

 

 

 

コロナの終息がみえない今の状況や、規模を増す自然災害の脅威に

ストレスや不安などに襲われ、精神的にしんどいと感じる方も多いかと思います

 

 

ぜひ、心を乱すようなテレビやネットから入ってくる情報を制限したり

自分のエネルギーを奪ってしまうような人やモノから離れたり

整理整頓して、空間をスッキリさせるようにしてみてください。

 

 

そして、心の中でモヤモヤしていることがあるなら、それを受け止めて、

『あれは、自分のために言ってくれたのかも』

『あの人の立場に立てば、仕方ない言動だったよな』

『あの事があったからこそ、結果的に良かった』など、そこに対する納得を得るようにすれば

心に落ち着きが戻ってくることに役立つかなと思います。

 

 

ここ鈴鹿市では、朝から雨が降ったり、曇ったりの

静かに自分の心と向かうには、うってつけの日

 

 

私たちは、神さまの分け御霊

そんな美しい自分自身を傷つけることなく、優しい言葉をかけ

心身ともに健康で安らかに過ごそうと心がけることで

神さまと繋がることができ、万物と一体になることができ

願いがすべて成就できると書かれています。

 

 

誰の心にも宿る美しい神さまを大切に、素敵な日曜日をお過ごしください

 

 

最後までお読みくださいまして、本当にありがとうございます