三重県鈴鹿市、白子にあるエステサロン ビューティエアーユキ。ベッド1台の完全なるプライベート空間。手の温もりを大切した1回で結果を出す小顔や美脚トリートメントが人気

ブログ
Blog

気疲れするという方に・・・

2020年9月4日

こんにちは。Beauty air Yukiの川端由起です

 

 

サロンに入ってこられた時に、思わず手を差し出し、支えたくなるほどに

ドーンッと頭から肩・背中にかけて重たい空気を背負ってこられたお客さま

 

『身体がとってもだるくて、動く気力が湧かないんです』と

お越しくださいました。

 

 

『食欲もないから夏バテかな・・・』とおっしゃっていましたが

お話を伺っていると、苦手な同僚の方への気疲れが原因ではないかと思いました。

 

 

朝起きた時から、その方の今日の機嫌がどうかが気になり

大抵は機嫌が悪いので、一日中、そのピリピリした空気に耐えながら

また、飛んでくる言葉の矢や愚痴などが、ずっと心や頭に残り、

夜には、『明日もあの人に会うなんて、仕事に行きたくないな』と思いながら寝る毎日。

 

想像しただけでも、気持ちがドーンと重たくなってきますよね

 

 

苦手な人との付き合い方、難しいと思います。

 

でも、せっかくの自分の大切な一日が、

誰かの機嫌によって左右されてしまうとしたら・・・

 

 

何だか理不尽

 

 

ものすごく優しかったり、空気に敏感な方は、

『相手を不快にさせないように』と、『何とか居心地よくしよう』と

頑張ってしまいがちですが、

実は、そういった気遣いは、自分のエネルギーを無駄に消費してしまうし

その緊張感が身体をもこわばらせ、肉体的な疲労をも感じさせてしまいます。

 

 

また、きちんと食べられないと、心と身体は繋がっているので

身体の栄養が不足することで、心のエネルギーも枯渇していきます

 

そうなると、

ちょっとしたことで、落ち込んだり傷ついたり

ストレスに弱くなってしまうんですね

 

 

周りの人に優しくすることは素敵なことです。

でも、一番優しく大切にしなければならないのは、『自分自身』

 

そして、キツイ言い方になってしまいますが

不機嫌な人のご機嫌を取ろうとする行為は、その人への優しさではなく

その場を収めたいだけの取り繕ったものだと思うんです。

 

それは、自分にも、その人にも嘘をついているようなもの。

 

 

私も人の機嫌を取ろうと頑張っていた時があって

その時は、ふと『何してるんだろう』と、ひどい虚無感に襲われることがありました

 

 

でも、ある時、その人の振舞いを『不機嫌』と解釈しているのは私であって、

ただ、『声量が大きくなった』『目が吊り上がった』『書類を勢いよく置かれた』

という事実だけを、冷静に見るようにすればいいと教えてもらったことで

とっても楽になりました

 

 

たとえば、『これ、間違ってたわよ!!』と強い剣幕で言われたとしても

それを『怒られた・・・どうしよう。怖いな』と感情を乗せるのではなく

『間違いを指摘された』という事実だけを淡々と受け取る。

 

 

そして、『不機嫌だったらどうしよう』という心配が、

ただ現実となって現れているだけなので、そんな心配はしないように

『きっと大丈夫!』と思うようにしました

 

 

そして、

私の中にある『嫌われたくない』という、やっかいな思いも

手放すこと。

 

 

相手に問題があるようですが

実は、全部、自分自身の受け取り方が問題で

生きづらくなっていたんですね

 

 

張り詰めた空気が息苦しくて耐え難いなら

そういった空気に耐えられるマインドをつけて

ストレスに強くなることも大事なんだと思います。

 

 

 

人を気にするより、身体と心の疲れを取って、

自分をメンテナンスすることが最優先!

 

 

そのための方法として、自然に触れることは

とってもおすすめです

 

 

私は、お客さまと接することで、不必要な気を受けることもありますし

また、私自身がドッと疲れていては、お客さまに純粋なエネルギーを流すことも出来ないので

気を整えるために、自然に触れることは、日々、意識的に行うようにしています。

 

 

ありがたいことに、自宅の周りは田んぼが広がっているので

早朝に、稲の間を通り抜ける風を感じながら犬とお散歩したり

ここ三重県は、海も山も身近にあるので、ちょっと車を走らせて

そういった場所でいらないものを流し、パワフルなエネルギーをいただいて、

自分を満たすようにしています

 

 

ごはんを食べて身体に栄養を補給するように

心の栄養を摂ることも習慣にしてもらえたら・・・

 

 

自分で自分を満たせたら、周りのことは気にならなくなっていきますよ

 

 

 

ただ、先ほどのお客さまのように、

動けなくなるほどにストレスを溜め込んでしまった時には

人の手を借りて筋肉をほぐし、身体を内側からもしっかり温め

肉体的な疲労を緩和しながら、精神的な疲れも取り除いていくことが

楽なのではないかなと思います。

 

 

というのも、

人から受けるマッサージでは、身体の力を抜くことが出来るから

 

 

自然の中に行こうとすると、そこにいく体力や気力がいる上に、

『外』という環境のため、ある程度の時間、安心して目を閉じ、完全にリラックスすることは

難しいのではないでしょうか?

 

誰かが近づいてくる気配や話し声、虫や天候など

それを察知するアンテナが常に働いていて

緊張感を抜くことはできないと思うのです。

 

 

でも、

横になって人の手の温もりを感じながら気持ちのいいマッサージを受けることは

眠りに落ちる狭間を行ったり来たりと波に漂うように緩んで

心身の緊張をほぐしていくことが出来るのです。

 

 

柳の木が強い風に吹かれても、折れずに、しなやかに受け流すように

やわらかい心は、苦手な人をうまく受け流すしなやかさを作ります

 

 

そのために、

ぜひ私のマッサージを生活に取り入れてもらえたらと思います。

 

 

 

もし、

『人のことを気にしないなんて無理』なんて思ったら、

赤ちゃんを思い出してみてください。

 

 

周りの機嫌や都合なんて一切気にせず、

お腹が空いたら泣いて、おむつが不快だったら泣いて、気に入らなかったら泣いて(笑)

 

誰にだって、自分の思うように生きていた時があったんです。

 

その時のことを思い出してみてはいかがでしょう?

 

 

最後までお読みくださいまして、本当にありがとうございます