三重県鈴鹿市、白子にあるエステサロン ビューティエアーユキ。ベッド1台の完全なるプライベート空間。手の温もりを大切した1回で結果を出す小顔や美脚トリートメントが人気

ブログ
Blog

更年期のためのストレス対策

2020年8月18日

こんばんは。Beauty air Yukiの川端由起です

 

まだ30歳後半のお客さまが

『更年期みたいな症状がある』とお悩みを口にされました

 

早い人だと、

20歳代から女性ホルモンの分泌量が減ってきて

更年期特有の症状が現れるという話も聞きます。

 

 

その原因のひとつに『ストレス』が挙げられます

 

それは、女性ホルモンの分泌には、脳が関わっているからです。

 

 

脳の視床下部から下垂体というところに

卵巣を刺激するホルモンを出すよう指令がいき、それによって

卵巣からエストロゲンやプロゲステロンといった女性ホルモンが分泌されます。

 

つまり、卵巣に女性ホルモンをつくるよう指令を出しているのは脳。

 

でも、ストレスのよって脳が疲れていては、いくら卵巣が元気でも

指令がうまくいかず、ホルモンのバランスは崩れてしまいます

 

 

 

女性ホルモンのバランスを整えるためには

ストレスをコントロールしていくことが、とっても大事です。

 

 

今、ホルモンバランスの乱れに悩んでいる人も、

まだ、そういったトラブルを抱えていない人も

無理せずできるストレスコントロールを

日々の生活の中に取り入れてもらえたら・・・と思います

 

 

そのひとつは、入浴です

 

暑くなってくるにしたがって、

お風呂に浸からずシャワーで済ます方が多いですが

湯船にゆっくり浸かることは、

筋肉をゆるめ、呼吸を深くし、ストレスを和らげる効果がとても高いんです。

 

 

そして、分泌されたホルモンを

必要なところに運んでくれるのは、血液。

 

 

気づきにくいかもしれませんが

冷房や冷たいものの摂りすぎで、夏こそ意外と身体は冷えているもの

 

その上、ストレスによって身体がこわばっていると

血液の流れは妨げられてしまいます

 

 

大事なホルモンを運ぶための血流が滞っていては

その効果をきちんと発揮することはできません。

 

 

そこで、ホルモンがしっかりと届くよう、その流れをつくるためにも、

ぜひ、お風呂にゆっくりと浸かって、身体を温めてください。

 

 

入浴には睡眠の質を上げる効果もあるんですよ

 

お風呂で温められた身体が冷めていく時に、眠りへといざなわれ

眠りが深くなっている間に、ホルモンをしっかり分泌してくれます

 

 

『暑いからな~』『面倒だしな~』なんて思うより

『こんな気持ちいい方法で、心も身体も若々しく健康でいられるなんてラッキー!!』と

今夜からお風呂にゆっくり浸かる習慣を、ぜひ、つけてみてください

 

 

最後までお読みくださいまして、本当にありがとうございます