三重県鈴鹿市、白子にあるエステサロン ビューティエアーユキ。ベッド1台の完全なるプライベート空間。手の温もりを大切した1回で結果を出す小顔や美脚トリートメントが人気

ブログ
Blog

ネガティブな感情をいいエネルギーに転換!

2020年7月15日

こんにちは。Beauty air Yukiの川端由起です

 

 

私には19歳の娘がいるのですが、その娘に対して

嫉妬心などの嫌な感情が湧くことが、今までにいっぱいいっぱいありました

 

つい、娘と同じ年齢だった時の自分と比較してしまったりね・・・

 

 

私は、とっても暗い学生生活を送っていたので(笑)

『学校大好き~』『友達最高!』と楽しんでいる娘が

それはもう羨ましくて羨ましくてたまりませんでした

 

 

私なんて、毎日

『どうにかして学校を休めないかな?』ばっかり考えている子でしたから

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

母親は子供に対して無条件に愛を注ぐもの

どんな子供であろうと無条件に可愛いと思うのが母親

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

そんな言葉が、私の中には刷り込まれていたので、

娘に対してネガティブな感情が湧くたびに

ものすごい自己嫌悪に陥り、罪悪感に苛まれていました。

 

『娘に対してそんな感情を抱くなんて、なんてひどい母親!!』って

 

 

そんな感情を抱いてしまうのは、私が未熟であるからだとも認めますが

でも、母親といっても、やっぱり人間。

 

 

感情は勝手に湧いてしまうんだから仕方ないし

そして、その感情で相手を傷つけない限り、OKだと

今では思っています。

 

 

大事なのは、そういった感情を抱くことではなく

そういった感情を、自分自身は持っているんだと気づくことかな・・・と。

 

気づくことによって、次に取る行動が選べます

 

 

 

たとえば、嫉妬心をむき出しにして娘に接したとします。

 

すると子供は、『お母さんに好かれたい』という気持ちから

『お母さんの嫌がることはしないようにしよう』と思いこみ

顔色を窺うようになったり、機嫌を損ねないようにいい子に振舞ったりと

せっかく持って生まれた素晴らしい資質を素直に出せずに育ってしまいます。

 

お母さんに好かれるようにと、

あえて、幸せにならないように自分を抑えてしまうかもしれません

 

 

娘が『楽しい!!』と喜んでいる姿に、胸がギュッと痛くなることもありますが

でも、娘が『つまらない』と毎日過ごしていたら、

それの方が、よっぽど胸が締めつけられる苦しさのはず

 

ネガティブな感情が湧こうが、

娘が幸せでいてほしいと願うのは真実だから。

 

 

誰かに嫉妬心を抱くように、

誰かからも知らない間に、きっと嫉妬心を抱かれているもの。

 

 

人の持っているものが素敵に見えたりするけれど

みんなが持っていないものを、自分だけが持っていたりする

 

 

私が娘の『人付き合いが上手』だったり『明るい性格』といったところが羨ましい場合、

その性格を克服することや、その克服していく過程が、誰かのためになることもあって。

 

悩んでいるからこそ、同じような悩みを持つ人の気持ちに寄り添えるし、

その悩みがなかったら、本当に理解することは難しいんじゃないかな。

 

 

 

 

あるお客さまがご自身の体型でとても悩んでいました。

 

自分の姿が映るのが嫌で、鏡の曇りは取りたくないし

ショーウインドーは見ないようにするし、

外が暗くなるとガラスに映るので、早めにカーテンを閉めるなど

徹底しているよう。

 

 

食べるのを我慢したり、かといって思うように体重は減らないしで苛立って

家族や周りの人に、当たってしまうんだとか。

 

その方からは、人を寄せ付けない刺々しい気が発せられていました

 

 

『一旦ダイエットのことは忘れて、その体でいる意味を考えてみましょうか』と言いました。

 

『今の自分だからこそ、人の役に立てるとしたら、どんなことがあるかな?』と。

 

 

 

先ほど言った私の性格も然り、

体質や体型・境遇など、それらを与えられている意味が誰にでもあって

『それを使って、世の中のために貢献しなさい』と言われているのではと思うんですね。

 

 

『嫌だ!』『変わりたい!』と自分を責め続けるよりも

『役立てるには?』と考えると、心に力が湧いてこないですか

 

 

 

ご自身のことをコテンパンに否定している方にも

『もし、同じような人が目の前にいたら、どんな言葉をかけますか?』と聞いてみると

ものすごく励ますんです。

 

 

人のことだったら許せたり、受け入れられたり、逆に『その性格、好きやわ』って思えるのに

自分のことだと、否定してしまう。

 

 

自分の人生は自分のもので、誰かによってではなく

自分が自分を幸せにしなければ、幸せにはなれないもの。

 

幸せはどこかに転がっているものではなく、自分で築いていくもの。

 

 

これからの長い人生、この自分とずっと付き合っていくんですから

ご自身の中に溜まったネガティブな感情を、

どうかいいエネルギーに転換してもらえたらなって思います

 

 

その助けとなるようボディワークをしています

 

 

ご興味ありましたら、ぜひ、ご連絡くださいね

 

 

最後までお読みくださいまして、本当にありがとうございます