三重県鈴鹿市、白子にあるエステサロン ビューティエアーユキ。ベッド1台の完全なるプライベート空間。手の温もりを大切した1回で結果を出す小顔や美脚トリートメントが人気

ブログ
Blog

心のお手入れも習慣に!

2020年7月10日

こんばんは。Beauty air Yukiの川端由起です

 

お客さまにマッサージをしたりパックをしたり

お手入れしながら思うこと。

 

それは、お肌をお手入れするように

心のお手入れも習慣にしてもらえたらな・・・ということです

 

 

イライラしたり、嫉妬したり、そんな感情に振り回されて、

心が疲弊している方をみると、本当にしんどいだろうなって思います

 

 

そういう私も、もちろん、腹が立ったり、落ち込んだりと

毎日毎日、何らかの負の感情が湧いてきます

 

 

でも、そこで意識していることは

その感情を長引かせたり、大きく膨らませたりしないようにということ。

 

 

どういうことかというと、

湧いた感情を感じている自分を、

離れたところから、もう一人の自分が見るようにしています

 

 

『今、腹が立ってるんだね』とか

『今、とっても悔しいんだね』という風に、自分を客観的に見て

感情が湧いたからといって、反射的に次の行動を起こさないように!

 

 

実は、感情が湧いても、その後に続く行動によって、

その感情は強まったり弱まったりできるんです。

 

 

たとえば、イラっと来て、すぐさま相手に対して

怒りの感情をぶつけるような言葉を浴びせたとします

 

すると、堰を切ったかのように、自分が抑えられなくなって

どんどん感情がエスカレートしていくの、分かりますか?

 

その上、相手からも反撃されることで、お互いの感情が衝突し、

収拾できないくらいに事が大きくなっていったり

 

 

もし、最初、イラっと来た時に、

一呼吸おいて『私、イラっときたんだね』と感情移入しないで、自分を見られたら?

 

そして

『そんなことを言われたら、腹が立っても仕方ないよね』と自分の感情を受け入れ

『でも、相手を説得しようとしても無駄だし、相手がそう言った気持ちも分からなくはないかな』などと

冷静になれていたら、次の行動も変わり、結果も変わってくると思いませんか?

 

 

誰かから言われた一言にショックを受けた場合とかでも

その時に一回しか言われていないにもかかわらず、

何回も何回も、そのシーンを思い出し、その言葉を頭の中で何回も何回も繰り返し

どんどんどんどん自分を落ち込ませていくってこと、ないですか?

 

 

怒りや悲しみなどを大きくさせているのも自分だし

その感情を長引かせているのも、自分なんですね

 

 

そんな感情に振り回されなくなれば、

どこででも、誰といても、楽に過ごせます

 

 

かといって、感情をなくすのでもなく、

無理やり抑え込むのでもなく、感じないようにするのでもなく

ただ、それを感じている自分を一旦受け入れ、振り回されないようにする。

 

 

感情と行動って、ペアになって刷り込まれていたりするんですよね。

 

『悲しい』と思ったら『泣く』とか

『腹が立った』から『言い返す』とか

起こった感情に対して、自動的に行動を起こしてしまうよう

その人なりのパターンが出来てしまっていたりするんです。

 

 

でも、『腹が立った』からといって、

『言い返す』という行動を選択する必要はなくて、

 

『腹が立った』から『その場を離れる』でも

『深呼吸する』でも『寝る』でも、何でもいい。

 

 

負の感情が湧いてしまうのは、人間だから自然なこと

 

 

そこが悪いのではなくて、感情を湧かないようにするのでもなくて

その感情が湧いた後の行動には、たくさんの選択肢がある。

 

 

だから、『悲しい』と感じた後に『とことん泣く』を選択してもいい

 

 

ただ、自分が行動を選べるということを知っていれば

いつでも、その感情をやめることが出来るから・・・

 

 

不機嫌さを外に猛烈にアピールしている人って、いますよね(笑)

 

でも、それって、周りの人まで嫌な気持ちにさせて

その場の空気を居心地悪くして、正直、迷惑

 

それに何より、そんな感情を感じている本人が

誰よりも一番しんどいはず。

 

 

不機嫌さを味わっているだけでも、しんどいのに、

さらに、自分の感情をまき散らしてしまった自分に対して

猛烈に自己嫌悪を感じてしまい、面白くない感情を増やしてる

 

 

感情を無理やり抑え込むのでは、また同じ状況になった時に、

同じ感情に振り回されるようになってしまうので、

その感情が湧いた時には、その感情に意識を向け、一旦は受け入れることが大事。

 

無視すると、何度も何度も分かってもらえるまで、

その感情が湧くように、またその感情が引き起こされるような状況と遭遇するようになってしまいますから

 

 

でも、その感情を感じている自分を認めると、

感情はスーッと消えていきます

 

 

負の感情は、とにかく自分自身をものすごーく傷めつけるので、

ぜひ、次に面白くない感情が湧いた時には

一度、客観的に見ることを試してみてください。

 

 

心の汚れを取ることも習慣にすることで、

毎日、歯を磨くのと同じくらいに自然に出来るようになっていきますよ

 

 

最後までお読みくださいまして、本当にありがとうございます