三重県鈴鹿市、白子にあるエステサロン ビューティエアーユキ。ベッド1台の完全なるプライベート空間。手の温もりを大切した1回で結果を出す小顔や美脚トリートメントが人気

ブログ
Blog

日常には体温を下げる原因がいろいろ

2020年7月6日

こんばんは。Beauty air Yukiの川端由起です

 

 

肩コリと脚のむくみが気になるとおっしゃられるお客さま。

 

今まで電車で通勤されていたのを

コロナが騒がれるようになってから満員電車に乗ることが怖くなり

車での通勤に切り替えられたそうです

 

 

それによって、今まで駅まで片道10分ほどを歩き、

駅でも階段を上ったり、下ったりしていた動作がなくなり

お仕事帰りにスーパーへ寄っても、重たいものを持って歩くこともなく

車に積み込んで、玄関先までスムーズに移動といった生活に。

 

 

肩コリや脚のむくみは、そういった筋肉を使う量が減ったことも

原因と考えられそうです。

 

 

コロナが蔓延してから、

『免疫力を高めましょう』と、声高々に言われますが

免疫力の強化には、血行を良くすることがとっても重要です

 

 

『ただの肩コリ』『ただのむくみ』と簡単に考えている方が多いように思いますが

それらの症状は血行不良を意味していて

つまり、免疫力が下がっていることも、身体が教えてくれています

 

 

免疫力とは、

体内で発生したガン細胞や、外から侵入してきた細菌やウイルスなどを

撃退する防衛システムですが、

それは、血液の中にいる白血球がその役割を担っています。

 

免疫機能を持った白血球が血流にのって体内をめぐることで

身体の中の異物をパトロールしてくれているんです

 

 

そのため、

体温が下がって血流が悪くなると

異物を発見しても、素早く撃退してくれる白血球が集まらず

ウイルスや細菌に負けてしまうことに。

 

 

それだけでなく、今の生活では体温を下げてしまう原因が

いろいろあります。

 

 

そのひとつが、エアコン。

 

 

エアコンの使用によって『暑い』と感じることが少なくなると

脳にある体温を調整する部位が刺激される機会が減るんですね。

 

それによっても低体温を招いてしまいますし、

また、ストレスは筋肉を分解して緩和させるという働きがあるので

ストレスが強いと筋肉量は減ってしまいます

 

筋肉は熱をつくるので、筋肉が減るということは

その力が減ってしまうということなんです。

 

 

だからといって、

不安を感じながら、満員電車に乗ってもらいたいわけでも

エアコンを使わず、

汗をダラダラとかきながら過ごしてもらいたいわけでもありません

 

 

でも、

免疫力は体温が1℃下がると30%も低下すると言われ

逆に1℃上がると、最大5~6倍も免疫力がアップすると言われています。

 

 

そこで!

 

 

暑くなってくると、シャワーで済ませる方が増えてきます。

 

でも、お風呂に10分も浸かれば、1℃くらい体温は上がるんです

 

 

お風呂は筋肉を緩め、呼吸を深くし、ストレスを和らげる効果も高い

 

 

『ただの肩コリ。いつものことだから・・・』と放っておくのではなく

お風呂にゆっくりと浸かり、肩や脚を揉みながら

『今日もお疲れさま』『いつもありがとう』と

ご自身の身体に労いの言葉とともに優しく触れてあげてください

 

 

お湯の温度だけでなく、身体の感じる気持ちよさは、

さらに免疫力をグーンと上げてくれますよ

 

 

梅雨は身体に余分な水分を溜め込みやすい時期でもあります

 

 

お風呂に浸かって、しっかり汗を出すことで

身体も軽く、スッキリとしますから

ぜひ、湯船に浸かる習慣、心がけてみてください

 

 

最後までお読みくださいまして、本当にありがとうございます