三重県鈴鹿市、白子にあるエステサロン ビューティエアーユキ。ベッド1台の完全なるプライベート空間。手の温もりを大切した1回で結果を出す小顔や美脚トリートメントが人気

ブログ
Blog

その性格が腎臓を痛めているかも?!

2020年5月13日

こんにちは。Beauty air Yukiの川端由起です

 

 

いつも惚れ惚れしてしまうくらいに

ご主人やお子さんに惜しみなく愛情を注がれているお客さま。

 

 

お仕事がお忙しいにもかかわらず、家事をきちんとこなし

振舞いも品があって、とっても素敵

 

 

ただ、

ご自身に対してのダメ出しが多くて、それがとても哀しく思います

 

 

その方の身体を触ってみると

脚のむくみや、ちょっとまぶたの腫れぼったさが気になりました。

 

 

腎臓が少し疲れているのかな・・・

 

 

 

腎臓は血液をろ過する臓器ですが

ろ過する網目が詰まってくると、血液を十分にろ過することが出来ず

余分な水分や塩分が身体に溜まり、むくみを引き起こしてしまいます

 

 

悪化するまで自覚症状の出ない腎臓は

黙々と役目をこなす縁の下の力持ちといった雰囲気

 

 

そういった、陰で支えるような性格の方が弱めてしまうような臓器でもあります。

 

 

 

腎臓を労わるよう生活習慣を変えていくことも、もちろん大事ですが

人に尽くし、人ばかりを優先させる陰の存在であり続けることも

見直してもらえたらな・・・と思います

 

 

自分を優先すると、ワガママだとか身勝手だとか思って

遠慮してしまうのかもしれません。

 

 

私の場合だと、自分のこととなると『面倒』という気持ちがよぎるけれど

家族や周りの人のためだと、すぐ動けてしまうところがあります。

 

自分のためだと、『やらなくても済んでいく』というところも大きかったり。

 

 

たとえば、家族のためだったら手間暇かけてお料理するけれども

自分のためだったら、ご飯とお漬物だけでいいとか。

自分に手をかけることを、つい面倒と思ってしまうし

手を抜いたとしても、自分が納得すれば済むだけのこと。

 

 

でも、これって、自分を大事にしていないってことなんですよね

 

 

こんなに自分のために動いてくれている身体をないがしろにしていたら

身体も『私にちゃんと構ってよ!!』と訴えてきても当然です。

 

 

そして、今、思い起こすと

人のために動いていたようでも

その裏には、自分の欲求を埋めるために動いていたことにも気づきます。

 

 

毎朝、娘のお弁当を作るのは、私の楽しみでもありました。

小さい箱に詰める作業が楽しくて

彩りを考えるのも楽しくて

最後に隙間にギュッとプチトマトを押し込んだ時の達成感

 

 

そうやって自分が満足したものを、娘が『美味しかったー!』といって

空っぽのお弁当箱を見せてくれるあの幸せ感

 

 

それに比べて、裁縫は大の苦手で

体操服にゼッケンを縫い付けるといったことは本当に苦痛な作業

 

『仕方なく』という気持ちで縫い付け

それを手渡す時も『感謝してほしい』といった下心いっぱいでした。

 

 

お弁当作りもゼッケンの縫い付けも

どっちも母親として、やってあげたいこと。

 

でも、お弁当作りは、相手から感謝されたいといった思いは全くなく

純粋に自分が楽しんでしていたこと。

そこにさらに、娘からの『ありがとう』の言葉が加わって。

 

裁縫は、『しなければならない』『母親だからしてあげるべき』といった気持ちで

どこか嫌々ながら、仕方なくしたことで、

さらに、相手から感謝されたいという、心の隙間を相手に埋めてもらうようなこと。

 

 

どちらも『ありがとう』と言われたとしても

全然、気持ちが違う

 

 

もちろん、好きなことだけをしていたらいいわけではないけれど

日常の行いの中で、『自分のしたいことで相手を喜ばせていること』の比率が

どれだけ占めているかを見てほしいと思います。

 

 

メリット・デメリット、損得・義務感といったことではなく

心からしたいことを、どれだけしているか。

 

『何が正しいか・正しくないか』ではなくて、

どちらが自分にとって楽しいかで選んでいるか?

 

 

誰かの期待に応えるためばっかりだと、自分を犠牲にして

どんどん身体も心も疲れていってしまいます

 

 

 

家庭やお仕事がうまくいっているという表面的なものだけでなく、

その裏にあるご自身の感情をみてもらいたいなって思います。

 

 

縁の下の力持ち的な性格の方は

自分の感情を抑え、人ばかりを優先していても

それを当たり前と思い、頑張り続けられる精神的な強さがあります。

 

 

でも、身体は『むくみ』という形で訴えてきている限り

その声を聴いてあげないと、もっと悪化させた症状で伝えてくるようになります

 

 

そうならないためにも、最初の一歩

 

 

自分を労わる、自分を愛する言葉を発してください

 

そうすると、そのような自分になる行動を起こすようになります。

 

 

すると、どんどんそれが当たり前になって、

気づけば、そういった行動パターンが身についてきて

心も身体も本当の意味で満たされる毎日になっていきます

 

 

 

 

『すべき』『してはならない』を出来るだけ手放し

『したい』『したくない』を出来るだけ選ぶようにしてください。

 

 

 

先ほどの私のお弁当作りのように

無理に他人のためにするのではなく、自分の楽しみのためにやることが

結局は、人のためになっていたりします。

 

 

 

東洋医学では、腎臓は身体のエネルギーを蓄える働きがあると考えるため

腎臓が弱ると、老化のスピードが速まると言われています

 

 

ぜひ、いつまでも若々しく、心も幸せで満たされるよう

腎機能を助け、高めていきましょう!!

 

 

最後までお読みくださいまして、本当にありがとうございます