三重県鈴鹿市、白子にあるエステサロン ビューティエアーユキ。ベッド1台の完全なるプライベート空間。手の温もりを大切した1回で結果を出す小顔や美脚トリートメントが人気

ブログ
Blog

生理痛から解放されるために

2020年5月12日

こんにちは。Beauty air Yukiの川端由起です

 

 

『女に生まれて最悪~ッ』とおっしゃるお客さま。

 

 

生理が来るたびに苦しめられていたら

そう嘆きたくもなりますよね

 

 

そういった方のお腹を触ると、

ひんやり冷たいなと感じることが、ほとんどです。

 

 

冷えて子宮が硬くなっていることで

生理痛という悩みが生み出されているように感じます。

 

 

子宮も筋肉で出来ているので、内膜をはがそうと子宮が収縮する時に

筋肉が硬く動きがスムーズでないと、痛みが引き起こされてしまうんですね

 

 

筋肉が硬くなる理由としては、血行不良があげられます。

 

 

冷たいものの摂りすぎや締めつけ感の強い服装、

あとは骨盤のゆがみであったり、ストレスや緊張によっても

血流が悪くなってしまいます

 

 

とにかく血行を良くすることが大事で

それによって、子宮が温まり緩んできます。

 

 

 

当サロンでは、『酸素オイル』といって、

塗るだけで肌内に『酸素』をたっぷり供給できるオイルを使っているのですが

そのオイルを選ぶ理由は、血流が良くなるからなんです

 

 

身体が酸素不足になると、筋肉に疲労物質『乳酸』が溜まっていきます。

それが、筋肉を硬く凝り固めて血管を圧迫し、血流を悪くしてしまうんですね。

 

 

つまり、体内の酸素不足は、子宮の筋肉も硬く凝り固める上に

骨盤内の血流も悪くしてしまう大元なんです

 

 

 

また血液の質も大事で

サラサラとした血液なら身体の外へと流れ出やすいですが

粘度が高まるにつれ、子宮から剥がしたり押し出す時に負担がかかります。

 

血液がドロドロになるのも、酸素が少なくなっているからなんですね。

 

 

酸素オイルをお腹に塗って筋肉を緩めるだけでなく、

手首や足首といった肌表面に血管が近いところにも塗ることで

効率的に血流を改善でき、体温を上げ、子宮を柔らかくしていけるのです

 

 

 

肩こりをイメージしてもらうと分かりやすいと思いますが

肩の筋肉が凝ると、痛みの感じ方は人それぞれですが

ドーンとした重い痛みが生じたりします。

 

 

つまり、筋肉が凝って、その周辺の細胞が酸欠状態になると、

痛みをもたらす発痛物質が生まれるんですね

 

その発痛物質が神経を伝わって『痛い』と感知される仕組みになっています。

 

 

 

子宮が酸素不足で発痛物質がたくさん作られると、

やはり生理痛がひどくなってしまいます

 

 

そのため、子宮の血流を良くして、

細胞が『助けて!!』と信号を出さなくてもいい状態にすることで

根本的に痛みを緩和することができます。

 

 

生理痛は『あって当然』といったものではなく

不快な症状に悩まされているということは、身体が何か

たとえば『酸素不足だよ』とか『休みが必要だよ』といったことを訴えてくれている状態。

 

 

その声を聴き取って

お風呂に入って温めたり、マッサージをして血行を良くしたりと

子宮を柔らかくすることを習慣にしてほしいなと思います

 

 

そして、ぜひ行ってほしいことが、もうひとつ。

 

 

それは、毎晩、お布団に入った時にでも

お腹に手をしばらく置いて、ジワ~ッと温め、ゆっくりさすりながら

子宮が柔らかくなるのをイメージしてみてください

 

 

『柔らかくな~れ』とか『フワフワ』『ゆるゆる』といった擬態語などを

おまじないのように唱えながら行うと

本当に緩んでいきます。

 

 

私は子宮にキャンドルを灯すイメージを、よくしますが

ポワッと温かくなって、とっても気持ちが穏やかになっていきます

 

イメージの力は大きいですからね

 

 

そのように、ご自身の子宮に意識を向けてあげると

身体が喜んで、きっと生理痛という辛さからも解放されますよ

 

 

生理があるおかげで、

私たち女性は毎月、身体の外へといらないものをデトックスでき

健康でいられる、とってもありがたいもの

 

 

ぜひ、生理を味方につけ、

心も身体も心地よく過ごしていきましょう

 

 

最後までお読みくださいまして、本当にありがとうございます