三重県鈴鹿市、白子にあるエステサロン ビューティエアーユキ。ベッド1台の完全なるプライベート空間。手の温もりを大切した1回で結果を出す小顔や美脚トリートメントが人気

ブログ
Blog

手のこわばりが伝えていること

2020年5月9日

こんにちは。Beauty air Yukiの川端由起です

 

 

手がとても強張っていたお客さま。

 

 

お料理をしている最中でも、さっきまで動いていたのが

突然、曲げた指が戻りづらくなることもあるとか

 

 

心配で病院にいくと

『多分、更年期による症状でしょう』と言われたようです。

 

 

 

更年期の症状としては、顔がほてったり、急に汗が吹きだしたり、

また、精神的なことでは、イライラや激しい落ち込みといったことが

一般的によく聞かれます。

 

 

しかし、女性ホルモン『エストロゲン』には、関節の動きを滑らかにする作用があるため

エストロゲンの減少によって、関節を支えている軟骨や筋肉が衰えたり

関節内の水分が減少したりといったことで、指が動かしづらくなってしまうのです

 

 

また、

エストロゲンは血液を通して、全身に運ばれるため

冷えて血流が滞ることで、エストロゲンが指先にまで行き届かず

皮膚が乾燥したり、皮膚の厚みが薄くなることで

感触として、手先などがこわばったように感じることもあります。

 

 

 

そういった症状を緩和するために、

指先まで、しっかりと血液を行きわたらせることが有効です

 

 

血液循環を促進するために、運動などで身体を動かすことも、もちろん良いですが、

運動はゆったりとリラックスする状態とは違いますよね

 

 

『運動が大好き!!』という方でしたら、心から楽しめると思いますが、

それでも、力を加えたり、心拍数の上昇などによって緊張感が伴います

 

 

そして、『健康のため』と義務感から運動をしようとすると

身体を動かし温まることで、血液循環を促しているようですが、

身体の芯がコチコチに固まっていて、うまく力を抜けていないことがよくあります。

 

 

身体の芯が凝り固まって動かないと、周囲の筋肉もリラックスできずに、

結局、全身がほぐれないんですよね

 

 

更年期の症状は、不安といった心理的な原因も大きく影響するので

もっとご自身に優しい方法でリラックスさせて、ストレスを取り除きながら

血液の流れをスムーズにしていく方がいいのでは・・・と私は思います

 

 

たとえば、お風呂とか

 

 

こういったホルモンバランスに影響を与えている自律神経も

お風呂で温まりリラックスすることによって、整いやすくなるんです。

 

 

他にも、自律神経を整えるのに意識してもらいたいことは

なるべく毎日同じリズムで生活することです

 

 

起きる時間と寝る時間・食事の時間など

できるだけ毎日同じにして、生活のリズムをシンプルにすると、

頭は混乱せず、ストレスを減らすことができるんですね

 

 

 

ただ、私は『ハンドサーチ』といって、身体に触れることで

身体が発している声を聴いていくのですが、

手のこわばりを感じるお客さまからは、

『人の前で感情を出すことが怖い』と伝わってきました。

 

そのため、感情を抑え込むために、

無意識にグッと手を握りしめて堪えているよう。

 

 

それによって、手に強い力が入っていて、固まり

指が真っすぐに伸びにくいといった症状を引き起こしているように感じました。

 

 

心が緊張すると、身体も緊張するといったように

心と身体は密接に結びついています

 

 

いきなり、人前で感情を素直に表現することは難しいと思うので

ストレスや疲れ・寂しさといった負の感情を表に発散できずに抱え込んでしまっている時には

先ほどのように、お風呂に浸かって身体を温め緩ませることを心がけるようにするといいと思います。

 

 

身体がほぐれると、心もほぐれてリラックスしていきますから

 

 

 

でも、もうひとつ、ぜひおすすめしたいのが

手のマッサージ

 

 

オイルやクリームを手に馴染ませて、ご自身が気持ちいいという圧で

指1本1本、丁寧にじっくりマッサージしてみてください。

 

 

手には、胸のつかえや不安を鎮める『内関』や

気持ちを整える『合谷』といったツボがあります。

 

『内関』は、手首内側のシワからヒジ側に指3本分離れたところの真ん中にあって、

『合谷』は親指と人差し指の骨が交わるところの、少し人差し指寄りにあります。

 

 

そういったツボも押しながら、発散できなかった感情を癒していきませんか?

 

 

感情を押し殺しているご本人が苦しいのは、もちろん、

緊張で表情がこわばっている人がいると、

その場の雰囲気がぎこちなくなったり、相手にも緊張感を伝染させたりと

人の感情は、その場の空気に影響を与えます。

 

 

ぜひ、手をほぐして、優しい雰囲気で、その場を包んであげてください

 

 

その場の雰囲気が柔らかくなれば、

結局は、ご自身も自分の感情を素直に出しやすくなりますから・・・

 

 

 

更年期の症状は、

今まで自分を後回しにして、周りの人のために、精一杯尽くしてこられた方へ

『自分に注意を向けてほしい!!』という身体からの訴えのように感じます。

 

 

そろそろ、自分に関心を向けてあげませんか?

 

 

今日は、土曜日

明日がお休みという方も多いのではないでしょうか?

 

 

ちょっと気持ちがのんびりする今夜、

ご自身のいつも酷使されている手を、愛情をもってマッサージしてあげてください

 

 

最後までお読みくださいまして、本当にありがとうございます