三重県鈴鹿市、白子にあるエステサロン ビューティエアーユキ。ベッド1台の完全なるプライベート空間。手の温もりを大切した1回で結果を出す小顔や美脚トリートメントが人気

ブログ
Blog

ストレスが手荒れを引き起こす?!

2020年5月8日

こんばんは。Beauty air Yukiの川端由起です

 

 

昨日から営業を再開しておりますが

たっぷりと光が射しこみ、観葉植物の緑が輝き

窓辺に飾ってあるサンキャッチャーが白い壁に虹色を映し出すのを見ると

サロンが息を吹き返した感じがして、本当に嬉しくなります

 

 

『お肌もボロボロだったから気が滅入っていた』

『肩や首がカチコチで、早くほぐしてほしかった』

『ストレスが溜まって溜まってしかたなかった』など

早速、お客さまが飛び込んでくださることに

サロンを再開できた喜びを、ひしひしと感じます。

 

 

身体や心が疲れていることは、もちろん、

久しぶりにお会いして気になったことは、

お客さまの手が、結構、荒れているということ

 

 

在宅勤務が続いている、あるお客さまがおっしゃるのには、

朝昼晩のごはんだけでなく、10時や3時もお子さんにおやつをせがまれるため

頻繁に食器を洗っていたりと、何かと水に触れる機会が多かったとか。

 

 

そして、今はどこかのお店に入るたびに手指消毒をしたり

ご自宅でもエタノールでアチコチ拭いたり、石鹸でのこまめな手洗いなどが

手荒れを悪化させている原因とも考えられます。

 

 

手は、皮脂によって保護されているのですが、

洗剤やアルコール類によって皮脂が奪われることで

さまざまな刺激を受けてしまいます

 

 

カサカサとひび割れてきたり

ジュクジュクと赤くなって痒みが出たり

 

 

一旦、手が荒れてしまうと、外的刺激から守る力が弱まって

細菌やアレルギー物質が体内に侵入し

どんどん肌荒れが進行してしまうんですね

 

 

 

今は、新型コロナウイルス感染予防のため、手洗いや手指消毒は大切です。

 

だからこそ、

手荒れが起きる前に、しっかりケアをしてもらいたいと思います

 

 

食器を洗う時には、ぜひ、ゴム手袋をはめてくださいね。

 

 

慣れないと面倒かもしれませんが

たっぷりとローションやハンドクリームをつけた上から

ゴム手袋をはめて、お湯でお皿などを洗ったりすると

保湿成分が浸透しやすくなり、手が潤いますよ

 

 

私はゴムの刺激に弱いので、コットンの手袋をしてから

ゴム手袋をはめています。

 

 

 

そして、手を洗うたびに保湿をしてください。

洗面所やキッチンなど、手を洗う場所に保湿剤を置いておくと

塗り忘れることがなくなりますよ

 

 

 

私はお客さまに『触れる』というお仕事をしているため

触れることが精神面にどれほどの影響を与えるか、

その大きさを常々感じています。

 

 

言葉では言い表せない感情を伝えることが出来たり、

実際に『オキシトシン』といった幸福ホルモンが分泌されたりと、

触れることによって、人は安心したり、励まされたり、幸せを感じたりします。

 

 

今は、

新型コロナウイルスの影響で、人に近づくことを避けるよう生活している中で、

人に触れることなど、もってのほかといった感じですよね

 

 

もともと日本人は、人とのスキンシップが日常的でないうえに

ある学校の先生がおっしゃられていましたが

生徒に触ると、セクハラや体罰と言われてしまいそうで怖いと・・・

 

そんなこともあって、

人に触れる行為が、どんどん減ってきているように思います

 

 

 

不安や孤独を感じてしまいがちな今だからこそ

人との触れ合いによって、人肌の温度を感じてもらいたい・・・

 

 

でも、それが難しいので

ぜひ自分に、自分のことを労わりながら、ゆったりした気持ちで

いつも酷使している手をマッサージしてあげてください

 

 

『手がカサカサだから』と、ただ処置的に塗るのではなく、

丁寧に、愛情をもって触れてみてください。

 

 

その触れ方によって、効果の違いが必ず出てきます!!

 

 

そして、愛情を持って触れれば触れるほど、

ご自身との距離も近づき、自分に対しての親近感がわいてきて

自分を愛おしく思えるようにもなってきます

 

 

緊張したりイライラすることが手荒れを助長するって

ご存知でしたか?

 

 

そういった負の感情は、指先などの末端に血液が行かなくなって、

皮膚温が下がり、細胞の生まれ変わりを妨げるんです

 

 

 

ぜひ、これからは、自分で自分をいっぱい構ってあげてください

 

そして、年齢を感じさせない潤った美しい手にしていきましょう。

 

 

最後までお読みくださいまして、本当にありがとうございました